マルキューグレセミメンバー
(写真をクリックすると拡大表示されます)

1日中雨に打たれて辛かったですが、結果が良かったので疲れも吹っ飛びました。
セミファイナルは強豪揃いですが、頑張ってファイナルの出場権を手に入れたいものですね。

それにしても、マルキューさんの大会は参加者が多いですよねぇ!
今回も150名程が参加していたし、北九十九島で行われたチヌの時も130名以上の参加者で賑わっていました。

さて、私が上礁したのは尾上の北でした。
午前10時満潮です。
ここに3人上がりましたが、潮が満ちてくる午前9時頃には釣り座が無くなるのでそれまでが勝負でしょう。
ジャンケンに勝った人から沖に向かって右側に入ります。
私は勝ってしまったので、平瀬との水道に入ることになりました。
潮は上げ潮がゴンゴン流れていてすぐに隣の人の所に流れていくので釣りになりません。

そこで足元近くの潮がよどんでる所を攻めていると、良い引きが・・・!
しかし犯人?はチヌでした。
その後は狙いを変えて潮壁で25センチクラスの尾長を5枚ゲットしましたが、このサイズでは入賞は無理。

本命ポイントと思われる、西側のポイントは2回ほどタモ入れされていました。

次の釣り座はそのポイントへ私が入りました。
ここが最大の勝負どころです。

やや沖目に仕掛けを投入すると、1匹目はコナガでしたが次はズーンとくる重量感でクチブトだと分かります。
尾上らしい丸々とした30センチオーバーのクチブトでした。
今がチャンスだと手返しを早めて、なんとか5枚をクチブトに入れ替えることに成功です。

あとはもっとサイズアップしたクロが釣れてくれたらと、釣り座交代しても頑張りますが、激流は緩むことなく釣り座は水没ってな具合で、30センチ前後は二桁近く釣りましたが、サイズアップすることは出来ませんでした。

今回は先日の加唐島小崎の練習が非常に役に立ちました。
刻一刻と変化する激流ですが、釣れる潮が来た時にしっかり釣る事が出来たのが良かったと思いました。

まだまだ今回の反省点もありますので、次はそれを生かして挑みたいと思います。

【タックル】
ロッド:ファイアブラッドグレSPクォーターマスター
リール:BB-X テクニウムMg C3000DXG
道 糸:アクアダインBB-X1.5号
ハリス:キザクラ ハリスト 1.5~1.75号
ウ キ:キザクラ この秋発売予定のプロトタイプ 0シブ他
ハ リ:ささめ針 ヤイバグレスリム5~7号他
【マキエ】
オキアミ生3角
V9、遠投フカセTR、グレパン
【ツケエ】
オキアミ生、船丸M、ムキミ、シャキ生


スポンサーサイト
Secret