FC2ブログ
ブラックヘリオス

五島へは佐賀県呼子や平戸口、平戸の西浜や宮ノ浦、佐世保臼浦などから数多くの瀬渡船が走っています。
中でも私のお勧め渡船の特徴等を紹介します。

《出港地:平戸口、田平港》
あじか磯釣りセンター:もはや説明しなくても良いと思いますが、世界一の瀬渡業者さんです。五島便は乗り合い5名以上で出港しており、上五島の小値賀沖磯をメインフィールドとしています。風向き等で宇久島や中五島方面にも行きますが、白瀬灯台に上がりたいならここの船を利用するのが、高確率でしょう。
午前0時出港、14時回収・また正午出港、翌朝10時回収が定期便となっている。冬場の夜を磯で過ごすことが苦手な私たちは、夏場から秋にかけての石鯛釣りで通うことが多い。

海遊:とても人柄が良くて石鯛釣り師でもある船長。(今は息子さんが舵を握ることも多い。)グレは椛島周辺をメインフィールドとし、海況次第でどこへでも走ってくれる。
ここも23時出港の翌13時回収が基本みたいで、私はメーカーの実釣会などでチャーターした時しか乗ったことが無い。

《出港地 宮ノ浦》
ここは丸銀釣りセンターと丸宮釣りセンターが5名以上集まればで走っている。とにかく融通が効くし、海況良ければ嵯峨の島へも走ってくれる。
寒グレの時期には頻繁に利用している。
なぜならば、出港が朝4時で17時位まで釣らせてくれるので、日中釣りが存分に楽しめるからだ。
昨年までは、瀬渡料金も2,000円安かったのだが、今年から値上がりしているので、田平からの船より1,000円安となっている。

他にも数多くある五島直行便ですが、明日は平戸白浜港から出港している「しゅんぷう」に初めて乗船する。
評判はとても良いので、また釣果報告と一緒に感想を書き込みます。


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hatabo3.blog49.fc2.com/tb.php/105-39032f71