さて、変なおっさんの続きはまだあったのだ。
回収の際、そのおっさんは荷物を受け渡す際に、なんと磯バックのフタを空けたままこちらに手渡すのだ。
こっちは中身が落ちたらと大揺れのホースヘッドで大変だというのに・・・!
こんな人に限って、もし中身を海に落としたりしたら弁償しろって言うんだろうな。
その磯バックには名前も書いてなかったので、シマノ、シマノと叫んでいたんだろう。勿論、その人のクーラーには魚は入ってませんでした。

それから、初釣りでの緊急回収の際だけど、何人かの釣り人は危険に対する認識が甘かった。
・潮の満ち引きや波や風向きの状況を常に把握しておかないといけない。
・荷物はすぐに回収されても良い様に、道具をあちこちに出しっぱなしにしない。
・回収の際、タモと竿はたたんでロッドケースに入れておく。
など。
シケで回収の際は他の磯に素早く行かないと万が一ということも考えられるのです。
磯釣りはとても危険な遊びなので、みんなで協力し合って防げる事故は起こさないように、常日頃釣り人全員が意識しないと、とんでもない目に合ってしまいます。
安全で楽しくいつまでも釣りを楽しめるように・・・!

釣りブログのバナーをクリックして下さい。
今日も貴方に幸せが・・・!
にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hatabo3.blog49.fc2.com/tb.php/102-92ad6380