本来なら21.22日は、毎年恒例の五島「黄島」でイシダイ釣りの予定でしたが、梅雨前線の北上で天候が荒れそうです。
出発当日まで判断に迷いましたが、南西のウネリが入ってきているとのことで断念。
そこで、大分県南なら日帰りでなんとか大丈夫だろうとのことで、20日未明に福岡を出発しました。
ところが、道中は物凄い雨が視界を妨げます。
果たして大丈夫なのか?

お天気ナビゲータとにらめっこしながら佐伯のかわの釣具に到着です。
雨はやんで雲に切れ間が出てきました。
さすがお天気男の僕とです。(爆)

午前4時出港で速見丸さんにお世話になりました。



この日は私たち4名だけ!
他船も出てないようなので、鶴見一帯で竿だししているのは私たちだけ?
微風、ベタナギ、晴天の絶好の釣り日和ですが、もう夏磯ですね。
暑くて汗が止まりませんでした。

IMG_3961.jpg

最初は熊ちゃん、K尻ペアが白崎の2番。
私とケンソー君が4番に上礁。
1投目で30センチ程のグレが食ってくれたので、今日は入れ食いかなと思っていたら、エサ盗りの活性は高いものの、グレはポツリポツリと遠投で食ってくる程度。
魚体も黒くて活性が低いようです。
やがて、上潮が滑りまくりで釣りにならず・・・!
2番ペアは、朝方は35センチ前後がオナガ交じりで結構釣れたそうです。

軽快に動いてくれる速見丸の船長は、私たちだけだというのに、こまめに見回りに来て瀬替わりを勧めてくれます。
午前10時、瀬替わりしたのはウノクソ!

IMG_3945.jpg

コッパが多いとのことですが、クロのアタリが味わえるだけでも良いかなと釣り開始です。
25センチ前後主体ながらも、時折30~35センチのクチブトもアタッてくれました。
ケンソー君も良いサイズをゲットです。

IMG_3951.jpg

ボチボチ釣れてくれるので飽きないのですが、サイズアップは厳しいと思っていました。
ところが、正午過ぎに私にヒットしたのは重量感たっぷりではありませんか・・・!
潮が引いているので、手前の沈みを警戒しながら、やや強引に寄せてきました。
目測47.8センチてところでしょうか?
やったぜベイベーカトちゃんぺって気分です。

これが大分県南の魅力なんですよねぇ!
私がグレ釣りで米水津や鶴見に行く機会が増えたのは、渡船代やエサ代も良心的だし、40センチオーバーの良型が良く釣れるところなんです。
道中のから揚げやソフトクリームや物産館での寄り道も楽しいし・・・!(笑)
それに、アバウトな釣り方では見向きもしてくれないグレを、きちんと狙えば微笑んでくれるゲーム性の高さも魅力なんです。

IMG_3955.jpg

30センチ以下はリリースして、食べる分だけ持ち帰りです。

IMG_3958.jpg

今日も外は豪雨です。
昨日の好天気が嘘のようですね。
今回は風も無かったので、Dear G0シブでしっかり遠投してアタリを捉えてくれました。
浅めのタナではCORESSAよりもDear Gの方が感度も抜群なので威力を発揮してくれます。
風がある時ややや深めのタナを探る場合はCORESSAですね。
状況によりこの2種類を使い分けるだけで、様々な状況に対応してくれますよ。
スポンサーサイト
IMG_3923 (2)

熊本地震の影響を受けた由布岳の山肌!
自然災害の凄さをまざまざと見せつけられる光景ですね。

さて、今年も私にとっては一番のイベントが始まりました。
シマノジャパンカップ磯の予選大会です。
今年は米水津と宮ノ浦の2大会に応募していました。

まずは一発目です。
くじ運は勝負を大きく左右しますが、私はくじ運が昔から良くありません。(涙)
今回も193名の参加者から引いた番号は193番。(笑)ドンケツやし・・・!
おまけにホワイトボードには192番までしか記載されてませんでした。(爆)
戦う前に失格?(爆笑)

そういえば数年前の宮ノ浦大会でも、ドンケツ番号から勝ち上がったことがあるし、まぁ、なるようになるさと思い2番船に乗り込みました。

IMG_3903.jpg

2番船でも帰港したのが一番最後だったので、空いている磯探しが大変です。
まずはカイドクの手前あたりから数組を降ろして、横島に1組。
その後は湾内側へ向かい、白子の地へ。

IMG_3905.jpg

時計の針は競技開始の6時を指しています。
最後に私たちが上がった磯は、こんなところです。
この辺は上がったことも見たことも無いので、なんと言う磯かわかりません。

IMG_3907.jpg

たぶん、この辺だと思います。

00_turimap02.jpg

今回はマジでもう諦め気分でした。
明日頑張ろうとか思いながら、優先権がない私は内向きで釣り始めます。
予想ではエサ盗りわんさか、コッパやアジいっぱいかなと思っていましたが、ネンブツダイやキタマクラがいる程度です。
前半は対戦者にキーパーが2匹釣れていたようです。
釣り座交代時間が迫ってきたころ、私の釣り座がすごくいい感じで潮が流れ出しましたが、なんとアジゴの登場です。

釣り座を変わるべきか迷いましたが、その潮を見切って釣り座交代を選択しました。
これが結果的には吉と出て、満潮の潮どまり前に30センチオーバーを2尾ゲット。
下げに入ってからは、エサ盗りも消えて魚っ気がない状況が続きましたが、なんとか終了までに2尾追加することが出来ました。

しかし、最初の組が上がった場所等を考慮すると、箸にも棒にもかからないだろうと完全に諦めていました。
翌日の大会は延期になったとのことで、延期日は参加できないので宮ノ浦で頑張ろうとか思いながら船を待っていました。

一応検量に出しました。
結果発表を見てビックリではありませんか。


IMG_3917 (2)

なんと、ギリギリ滑り込みすることが出来ました。(喜)
これで8回連続、計9回目のセミファイナルで戦うことが出来ます。
今年も美味しい豪華弁当食べに鶴見に行くぜっ!(笑)

IMG_3912.jpg

IMG_3914 (2)

私のグレ釣りを助けてくれたアイテム達、ありがとう!!

IMG_3924.jpg

ハードだった1週間でしたが、今日の大会が無くなったのでゆっくり休養することが出来ます。
次回は黄島で石鯛釣りの予定です。
銀ちゃんよろしくね。


6月5日、仕事から帰宅して準備を済ませて宮ノ浦へ!
6日の午前3時出港のマリンアスリートで上五島の小値賀沖磯へ向かいました。
この日は釣春秋(6月23日発売)のカラーグラビア取材です。
使用するウキは、私が監修させていただいた、Dear GとCORESSA!
状況的にはエサ盗り多し、グレの活性低し、くぼかわつよし?ってな状況で厳しかったですが、なんとか40センチオーバーのオナガも釣ることが出来た1日でした。

IMG_3891.jpg

そして、一睡もしないまま帰宅して後片付け、入浴、食事を済ませて、2,3時間仮眠した後は、悠々自適組と熊ちゃんの4人で唐津湾からボートでのキス釣りに出かけました。

最初は少々小ぶりでしたが、神集島近くまで行くと良型がコンスタントに釣れてくれました。(私45匹でした。)
写真が横向いてるし・・・(苦笑)

IMG_3893.jpg

そして私に、ビッグサイズのアジがキス仕掛けに釣れてくれるうれしいハプニングや、キスに食いついてきた良型のマゴチまでもゲット。

IMG_3898.jpg

マゴチとのやり取りシーンは動画でどうぞ!(笑)


そして、キスの泳がせ仕掛けをしていたY山さんもマゴチをゲットです。
IMG_3899.jpg

さすがに超睡眠不足でキツイです。今週は金曜の夜から米水津です。
土・日二日間の開催予定のジャパンカップ予選に参加です。
天候が心配ですね。
気合入れてがんばろっ!!
大チヌ釣ろう会・銀鱗巧・山中塾の3チームが合同主催する「黒鯛甲子園」の参加者を募集中だそうです。
詳しくは銀鱗巧ホームページをご覧ください。

残念ながら私は、クラブキザクラ西九州大会とかぶっているので参加できませんが、たくさんのチヌがみなさんに微笑んでくれることを祈っています。