昨日(24日)は、リヴァーレメンバーのO槙、ミゾグチ両氏と米水津のえびす丸さんでグレ釣りに行ってきました。

予報では南東の風が昼頃には9mということだったので、早めの回収もあることを想定していました。

この日は我々だけしか居ませんでしたので、南東風には背風となる沖の観音に上礁することになりました。


背後からのうねりは気になりますが、釣りには支障ありません。

釣り始めると、1投目に35センチクラス、その後もコッパから30センチクラスまではよく釣れました。


IMG_3856.jpg


15時の回収まで、型は出ませんでしたが数釣り出来て楽しい時間を共有しました。

的確な天候判断、磯選びをしてくれるえびす丸の船長さんとです。


ジャパンカップ予選はキーパー5匹の中に40センチ級を2匹含めることが出来た人が抜ける可能性が高いような気がしました。

しかし、こればかりは自然が相手なのでなんとも言えませんね。


IMG_3854.jpg


心配なのは梅雨前線ですね。

これから秋までは、南からのウネリが入ってくることが多く、南に面した釣り場が大半の米水津では使えない磯が多いのです。

再来週末に控えたJC米水津も、まともに2日間釣りが出来るのか不安ですね。

例年のことながら、出港時間を遅らせたり終了時間を早めたり、途中回収だったりすることは覚悟しといた方が良いでしょうね。

なにより、安全を最優先に選手の方は心がけましょう。


そこで、釣行時における予報から釣行を決行するかどうかの私なりの判断の仕方をちょこっとアドバイス。


下の画像は、お天気ナビゲータの有料サイトです。

渡船の船長さん達も参考にしていて、私もこれで釣行場所等を決めています。

10日先までの風向や強さの予報が見れるので、釣行数日前から釣り場の予報をチェックしながら釣行場所を絞っています。

かなり高確率で風向きや強さは当たりますよ。

雨の予報はコロコロかわるので、前日判断が無難ですが・・・!


簡単な見方のアドバイスです。

この予報が米水津だとしたら、朝の間はなんとか出来そうですが昼にかけて南東の風が強くなっていますね。

これでは早めの回収もあるし、予報より早く崩れる可能性もあります。

ましてや雨8mmはアウトですね。せいぜい2.3mm位までが耐えれる雨量です。

これだと釣行は控えた方が無難ですね。

こんな時は、大分県南方面では鶴見湾内が良いでしょう。

また、平戸宮ノ浦では、雨さえ気にしなければ、北・西向きの好ポイントで快適な釣りが楽しめます。

五島も西磯に行けばベタナギですね。

宮ノ浦や五島で最悪な風向きは南西です。

ウネリが入ってくるし、ほとんどの釣り場が使えません。

こんな感じで数日前から予報をチェックしながら釣り場を選定しています。

これ以外には、気圧配置図も重要ですね。



IMG_3861.png


決してヤホー等のサイトの予報を参考にしないでください。

あれは外海の波の高さだし、風の強さは街中の予報です。


釣り場では3倍位の風が吹いていますし、波の高さなんか、風向きに寄っては2mでもアウトの場合もあるし、3mでもベタナギだったりすのです。

さすがに4m以上だと釣り場に行きつくまでが大変なので控えた方が良いでしょうが・・・!


私が懇意にしている渡船屋さんは、このような判断の仕方はもちろんのこと、釣り場に渡っても、釣りになるかどうかを考慮したうえで船を出すか否かを判断しています。


これから7月まで大会や遠征等で休日は釣りの予定でいっぱいですが、良い天気に恵まれて安全に釣りを楽しみたいと思います。

スポンサーサイト

今シーズン2回目の唐津湾沖のキス釣りに行ってきました。

今回もいつもの悠々自適組と平日休み組の4人です。


悠々自適組の組長ことY山さんらが所有される船で午前7時出船です。

好天気に恵まれて潮風が気持ち良い!

今日もコンスタントにキスが釣れてくれます。

Y山組長、今日も絶好調です。

IMG_3826.jpg


そして、もう一人の悠々自適組のNO2、世界一さん。

癒し系のキャラが売りです。

IMG_3832.jpg


平日休み組の熊ちゃん!

鮭じゃないとよ。(笑)


IMG_3834.jpg


キス釣りもやればなかなか難しいとです。

腕の差で数に差が大きく現れます。

誘い方やエサの付け方、合わせるタイミング等

そして楽しいのは竿先にダイレクトに伝わるアタリ。

まるでイシダイ釣りのミニバージョンって感じでしょうか。


神集島の沖まで出ると、良型のキスで船上は大賑わいでした。

今回は一人20~60匹程は釣れたのではないでしょうか?
20匹の人が誰かは内緒です。(笑)


IMG_3830.jpg


そして何よりの楽しみは、船上でY山組長が造ってくれるキスの刺身です。

新生姜とネギがたっぷり。

自家製のゴマダレと醤油に柚子胡椒を薬味にした2バージョンで頂ます。

これが超絶品なんです。
きっちりと氷で絞めて持って帰っても、釣れたての味や食感が劣ってしまいます。

まさに釣り人ならではの特権ってやつですね。

ビールが飲みたいけど、ノンアルでかんぱーいでした。


IMG_3836.jpg


また来月、クロ釣りの合間を見つけて行くとです。(笑)


5月11日(水)、本来なら唐津湾で船からのキス釣りの予定でしたが、北寄りの風が強いので安全のため中止して、福島の秀吉丸さんで港を出てすぐの「タヌキ島」に行ってきました。


メンバーは、定年を過ぎて今や悠々自適な生活を送られているY山さんと世界一さん、それに4月から部署移動で私と同じ平日休み組のリヴァーレメンバーの熊ちゃんとの4人組です。


世界一さんの1週間は、釣りとゴルフと飲み方を毎日繰り返して過ぎていきます。
Y山さんは、ゴルフをされないので、釣り、休養、釣り、休養、陶芸、飲み方といった毎日です。

私も定年後にこんな生活を送れるよう頑張らないと・・・!

今のように浪費しているとむしろ破産の道が待っているかも(爆)

でも、こんなお二人の幸せパワーをもらっている自分にとっては、良い「気」が宿ってくれると信じます。(笑)


IMG_3811.jpg


なぜこの磯に上がったかと言えば、Y山さん情報ではマアジの30センチ前後が30匹は釣れてるよとのとで、チヌより食べておいしいアジを狙おうというものでした。


まるきん糸島店では、チヌ用のエサのほかに、キス釣りもと考え砂虫30グラムも準備していきました。

しかし、肝心のアジは私が2匹と熊ちゃん1匹しか釣れませんでした。(涙)

熊ちゃんはチヌ釣りを早々に辞めてキス狙いを始めました。

すると、小型主体ながらほぼ入れ食いではありませんか。


IMG_3813.jpg


一方、チヌは終盤過ぎて厳しい状況でしたが、Y山さんがキビレとチヌを2枚ゲットされました。

とにかく何を釣らせても上手なお方です。

キス釣りなんか、私が50匹釣ってもY山さんは60匹といつも勝てません。


IMG_3814.jpg


私もアジ狙いのつもりでしたが、そこはふかせ釣り師の血が黙っていません。
準備していった餌は、オキアミ2角と配合餌は大袋5袋です。(本気モードやん)

遠投して納竿の14時まで撒き続けたので、腱鞘炎は悪化、肩も痛い・・・!


その努力にようやくチヌ様が微笑んでくれました。

黒魂アクセル00号をガン玉でゆっくり沈んで行くように調整して釣りました。

アタリは激シブで、ラインの微妙な動きにジワジワとラインを巻き取りながら様子をみると、穂先に重みを感じるので、そのままロッドをゆっくりと起こしてやるとグーンと乗ってきました。

してやったりの気分だったので、これで満足って感じです。


IMG_3809 (2)


その後しばらく沈黙が続きましたが、1点集中でマキエを入れ続け、納竿間際にもう1尾追加することに成功です。


IMG_3822.jpg


熊ちゃんとY山さんが釣ったキスをお裾分けにもらい、その夜はキスフライを堪能!


image1_201605121939138a6.jpg


そして、陶芸も趣味のY山さんから頂いたお皿には、アジの刺身を盛り付けて頂きました。
これが最高にまいう~~~~でした。


image2.jpg


そして今日の仕事中、なんだか関節痛と頭痛が増してきました。
帰宅して熱を測ると37度オーバー!
明日仕事行けるかなぁ?

とりあえず、薬飲んで寝ます。
そいぎん!!





IMG_3783 (2)


私のゴールデンウィークは5月3日から5日までの3日間でした。 あいにくの大荒れの天気でしたが、5日は波風も治まりそうなので、宮ノ浦の丸銀釣りセンターさんに前乗りしてリヴァーレの仲間達と宴会して翌朝3時出港のマリンアスリートで上五島へ向かいました。

最近就航したマリンアスリートは、さすがにデカくて快適です。 少々のシケでも安全で快適な船旅を約束してくれること間違いなしとです。

ピカイチの操船技術と釣らせるポイント選びを持つ久幸船長が益々パワーアップしたって感じですね。


最初に瀬上がりしたのは、黒母瀬のマナイタ。

クボッチ、おしたん、やなちゃんと一緒です。


IMG_3778 (2)


釣れたも同然と思っていましたが、朝まずめにクボッチが50センチ近い良型を仕留めたものの、エサ盗り多し、久保川剛!ってなわけで、あまりぱっとしません。


IMG_3795.jpg


竿を置いてやなちゃんとこに話しかけに行くと、足元のエサ盗りの中にミズイカ(アオリイカ)が見えましたよ。と言うのでエギをキャストして足元までシャクってくると、ステイしていたエギにギューンと来ました。

ラッキー!


IMG_3781.jpg


ここで釣らせる船長から電話です。

厳しい旨を報告すると、風も波も収まってきたことから沖に行ってみようかとのこと。


上五島のシンボルとも言える帆揚瀬にやってきました。


IMG_3788.jpg


私はやなちゃんとヒラセへ上礁です。

エサ盗りは少なく、足元のマキエにはグレの姿がチラホラ!

すぐに小型ながらグレや塩焼サイズのイサキが竿を曲げてくれました。


IMG_3798.jpg


IMG_3785.jpg


そして40センチ前後も数枚キープして、最大が46センチクラスもゲットです。

やっぱり五島は磯釣り師の楽園ですね。


IMG_3793.jpg


やなちゃんも40センチ程のオナガやクチブト、イサキをボチボチ釣っていました。


IMG_3786 (2)


16時回収です。

帰港後は撮影会!

そしてメンバー6名で5匹重量で競ってましたが、結果は7キロ強の私が優勝、クボッチと権蔵君が6キロ台、やなちゃん、おしたん5キロ台、シゲちゃんは審判?(笑)

てなわけで、宿泊代が浮きました。


IMG_3800.jpg


前夜祭では新しく出来た新館で、新鮮な刺身やうちわえび、キムチ鍋等々をたらふく頂きました。

IMG_3771.jpg


IMG_3772.jpg


エイリアンみたいなうちわえびですが、食味は最高ですよ。

翌朝は3時出港にも関わらず、酒宴は23時過ぎまで続きました。(苦笑)


IMG_3773.jpg


そして、21時過ぎにヘトヘトで帰宅して、タックル類だけは洗って片づけて風呂入ってビール飲んで、ベッドに横たわると同時に夢の世界でした。

今朝は超ダルい体を引きづって出勤しました。

睡眠不足が堪えるお年頃になりました。