今年の秋磯はどこも遅れ気味の釣果みたいですね。
11月も下旬に差し掛かろうとしているのに、暖かな日が続いています。

昨日は米水津のえびす丸さんで千畳敷に渡してもらいました。

IMG_3075.jpg

メンバーは、リヴァーレの仲間で長崎県大村市在住のヤナちゃん。
我が家に2時間半かけてきてから、大分まで約3時間掛かります。
片道約5時間半ですね。(驚)
長崎近郊にも良い釣り場がたくさんありますが、彼は米水津の気難しくて、じれったいクロ釣りに魅せられて、私と休みが合うときは一緒に同行してくれるのです。

image1.jpg

そして、大分のメジャーな観光地と言えば、湯布院が挙げられますね。
私の大好物をいつも持ってきてくれる、クラブKIZAKURA大分支部、チームヤイバ大分支部在籍の溝口君も同行してくれました。
それに56センチのクチブトの記録を持つT嶋さんの4名で千畳敷へ上礁です。
IMG_3078.jpg

CORESSAもようやく店頭に並びだしたようで、ヤナちゃんも予約していたCORESSAを引っ提げて気合十分でした。
大分の釣具店にはまだ置いてなかったので、溝口君には私のを貸与して使ってもらいました。

coressa200.jpg

朝まずめはエギングタイムですね。
それぞれ1パイづつゲットして、夜が明けたのでクロ釣りタイムです。

IMG_3080.jpg

降り続く雨の中、気温が高い分だけ良いのですが、これから寒が締まってくると雨降りの釣りは嫌ですね。
潮は水取バエの南側方向へ速い流れです。
2投程したところで、Dear G0シブにJ6とJ7のガン玉を段打ちして流していくと、ブルッブルッと僅かにラインを引っ張っていくアタリです。
この時期はオナガがアタッてくることも考慮して、ハリスは2号を結んでいたので、重量感たっぷりの引きも安心してやり取りすることが出来ました。
IMG_3070.jpg
ゲットしたのは46センチ(帰港後検寸)のクチブトグレでした。(やりぃ)

IMG_3069.jpg

溝口君はジグで良型のヤズをゲット。
クロも36センチ頭に数釣っていました。

IMG_3066.jpg

降り続く雨と、おっつけ気味の横流れの速い潮に心も折れてきました。
昼からは一層豪雨になる予報なので、13時に回収してもらいました。
数はそこそこ釣れるのですが、サイズ的には小さめでした。
これから水温が下がってくると期待大ですね。

大分県南の魅力はやっぱり、良型のグレがコンスタントに食ってくれるところですね。
渡船代5000円だし、エサは安いし最高のフィールドだと思います。
高速代が高いのと遠いのが難点ですが(往復500㎞)・・・!

いつもは帰りに唐揚げが定番でしたが、今回は初めての亀甲でネギ味噌ラーメンをいただきました。
釣りのあとにバッチグーなお味でした。
そして、別府湾SAで特濃ソフトも・・・!
釣りもだけど、道中の寄り道がとても楽しい大分釣行なのです。

img_10[1]
スポンサーサイト
今年最後のメジャートーナメント予選参加になりました。
リヴァーレメンバーは、7名でのエントリーです。
抽選番号は123番!
いつもの老番ですが、最後にダーって言えそうな番号ですね。
私たちが乗船したブラックヘリオスは阿値賀方面に走り、私は最後から2番目の上礁で、下阿値賀の奥の院から北側に行ったところの無名瀬です。
二人で上がるのはとても狭い場所でしたが、一緒に上がったのが同チームの権蔵君なので、気楽に釣りができそうです。
朝日がとてもキレイです。



今回は久しぶりにオキアミを加工してみました。
身がプリッとして透明感も良く我ながら良い感じに仕上がりました。
これに集魚剤をまぶして使うなど、いろいろとアレンジできます。

IMG_3003.jpg

潮は足元から本流がブリブリと流れています。
どこに仕掛けを入れても釣れるのはイサキ・イサキ・イサキ!
IMG_3005.jpg

昼近くになり潮が緩んできました。
そろそろクロちゃん釣れるかなと気合入れて頑張りますが、ドスンと落としても、ふわふわ落としても、足元狙っても、イサキのオンステージです。
私の技量ではどうにもなりませんでした。

しかし、権蔵君はキーパーを2枚仕留めてました。

いさき

今大会はかなり厳しい釣果だったみたいで、私たちの船は3匹釣った方が抜けられてました。
権蔵君があと1尾キーパー釣ってれば彼が抜けてました。

ブロック大会進出の方々、北浦での検討お祈り申し上げます。
3位にはリヴァーレメンバーの尾下君が入賞!
頑張ってちょうだいね。
oshita.jpg