各地で熱戦が広げられていた大会も、今度の日曜の九州大会で最後です。
募集100名でしたが、120名ほどの申込みがあり嬉しい限りです。
今大会は福岡支部が運営にあたります。
参加者の皆様に楽しんで頂けるよう頑張りますが、ご迷惑をおかけする事等あると思いますので、よろしくお願いいたします。
天気と釣果に恵まれます様に・・・!
スポンサーサイト


壱岐東南部のシンボルと言えば金城瀬!大・小二つに分かれる磯は1年中釣り人が途絶えることが無い好釣り場となっています。
私が磯釣りを始めた頃はクロ釣りで良く通っていたのですが、今ではクロ釣りとなると、大会が行われる釣り場に照準を絞って釣行するので、なかなタイミングが合わずに行けていませんでした。

渡船はパワーアップした玄海!
これでシケの日も船酔いすることなく快適な釣行が約束されます。(笑)
久々でしたが、船長もテル君もオジサンになったなぁと・・・!
それだけ自分もオジサンになっているわけですが・・・(苦笑)
今年で51歳やし・・・!
遠近とも視力の低下がフカセ釣りをどんどん面倒にしていっている今日この頃とです。

010_201506250936177d4.jpg

午前4時に糸島の岐志港を出て、今回同行している上物狙いのO槙さんを下イズミへ、私は船長の勧めで小金の北西側へ上礁しました。
エサは中原釣具でガンガゼ60個と塩〆した赤貝の荒割を購入。
釣り始めると、予想以上にミニガキが湧いているようでエサが瞬殺されます。
なんやかんやとアタリは頻繁で、クロ釣りよりも手返しが忙しい・・・!

ズキューンと走ってくれたのは、イシガキとイシダイの交配種でキンダイという魚です。
この魚はイシダイの♀とイシガキの♂の交配種で、逆では交配できないし、キンダイ同士やイシダイ、イシガキとの交配も出来ないので、一代限りとのことです。(五島の橋本名人より)
この魚はO槙さんに進呈したので、食べた感想を後日聞いてみよう!

008_20150625093615ba2.jpg

玄海と言えば、壱岐米の暖かい白ごはんの弁当を支給してくれます。
これにはさんま缶が最高に合う~~!

011_20150625093618596.jpg

本日の結果です。
エサが底をついたので14時前には納竿して片づけも完了です。
海の中も夏が近づいてきているようですね。

良型のアカハタも赤貝でズキューンと走ってくれました。

013_20150625093619ee3.jpg

次回釣行はクロ釣りです。

6月14日に開催されたマルキューゴールデンカップグレ宮ノ浦大会に行ってきました。
平戸口までは単独でしたが、リヴァーレメンバーのクボッチと合流し宮ノ浦へ向かいました。

最近は釣り・仕事・スポーツクラブの繰り返しで、そろそろ体力的に限界に・・・(笑)
今日は久々にたっぷりと眠れたので、PCを立ち上げて遅い更新となりました。

大会では抽選番号36番!
私にとっては若い番号なので不安です。
ニュー丸宮丸最後の渡礁でした。
若い番号から高島モトバン周辺、中ノ島のシマジリ、ハナグリと付けていきますが磯が埋っていて私達と前の組は水ケ浦の空いて居る所に上礁です。
これは終わったなと半分あきらめモードでしたが、一生懸命に頑張りました。
結果28センチ位のクロは5尾揃えましたが30センチオーバーが混じっていないので勝負になりません。
回収の船に乗ってみると、やっぱり良型が釣れていましたので、検量には出さずに放流!

チヌ針の2号に特選ムキエビの1個掛けという仕掛けにも足の裏サイズが食いついてくるという状況でした。
オキアミだとコッパサイズ。
クロ釣りって難しいです。

来週はイシダイ釣りに行ってみようかな?


かなり久しぶりの宮ノ浦でのクロ釣りでした。
雨の予報だったので、スマホは防水カバーに入れて収納していたので写真はこれだけです。

今回は今年が最後のメジャー大会参戦という、Y山さんと世界一さんのジャパンカップ宮ノ浦大会の練習と、私は翌日に開催されるマルキューグレ宮ノ浦予選の下見を兼ねての釣行でした。
世界一さんもY山さんも60台半ば、退職後は悠々自適で毎日が釣りとゴルフと陶芸で過ごしておられます。
退職後にこんな生活が出来る様、いまのうちに頑張って貯金しとかなですね。(汗)

福岡の自宅を21時に出発して、宮ノ浦へ向かいます。
24時前に丸銀釣りセンターに到着してびっくり。
リフォームされていました。(どんだけ来とらんとや?)
寝酒の乾杯をして仮眠し、午前4時過ぎに港を出ました。

尾上の平瀬が空いていたので、ビビりながら船から飛び降ります。
世界一さんが大丈夫かなと心配でしたが、ずっこけながらもなんとか無事に上礁完了です。
ポイントをお二人に説明してから釣り開始です。
ここでは37センチ頭に28~32センチのクチブトが2ケタ釣果でした。

見回りの船に乗り込み、今度は尾上の西へ!
大会の時に複数で上げられることが多い磯をあえて選んでいます。
潮や釣り座によって、チャンスを逃がさないための練習です。
ここでは28~30センチは3,4匹でした。
コッパオナガが多い!

003_201506110824296e6.jpg
14時回収です。
釣行後はツケエや仕掛けのローテーションを試した結果をY山さん達にアドバイス。
お二人がセミファイナルの切符を手にされたら良いなと思います。


九州地方が梅雨入りした6月2日。
釣春秋(6月20日発売予定)のグラビア取材(キザクラ製品PR)で米水津に行ってきました。
上礁したのは、沖黒のビロー下でした。
この時期なのにエサ盗りの姿もなく、バリクソ厳しい状況でした。
本命の上げ潮と朝マズメが重なっていたのに、釣れたのはイサキが2匹のみ。

その後、なんとか良型のアタリを拾うことが出来て、48と44他数匹、イサキ2匹という釣果でした。
詳細は釣春秋で・・・!

006_20150605222833e57.jpg

そして昨日は、約1ヶ月後に迫ってきた、ヤイバ磯祭り九州大会の打ち合わせを行いました。
今回は福岡支部が大会運営を任されています。

012_20150605222835b07.jpg

事務局長のアンドレさんの進行で、スムーズに進み、あとは本番でみなさんを迎えるだけです。
私は大会には参加せずに、大会運営を頑張ります。
ご参加の皆様、当日が好天に恵まれて良い釣果にも恵まれますようお祈りしてくださいね。(笑)

011_2015060522283472d.jpg

約2時間の打ち合わせの後は場所を変えて酒盛りです。

013_20150605222837f30.jpg

ここではエロ話いっぱい、釣り談義少々!
もっと飲みたかったけど、翌日仕事の私はビールのみで22時以降はウーロン茶でした。(涙)

014_20150605222922285.jpg

チームヤイバ福岡支部は9月に大村湾チヌ釣り大会も企画しています。
夏にはビアガーデンでの飲み会なんて良いですよね。
会員は随時募集していますので、一緒に釣りを楽しみましょう!!