絶好の好天に恵まれ、無事に終了することが出来ました。
まずは、ご参加頂いた皆様、大変お疲れ様でした。

参加者は28名、山信水産の山信丸とバラモン1号に分乗して、2名づつ各磯等に渡礁していきました。

IMG_1775.jpg

私は水野さんと一緒に、アンポ島を目の前に望む「ホワイトハウス横」という磯に上礁です。

エサ盗りにアジゴが居るので、オキアミでは歯が立ちません。
白、茶、黄色のマルキューさんのネリエを駆使して、小型ながら数はそこそこ釣れました。

IMG_1773.jpg

港に戻ってみると、全体的に小型が多かったみたいです。

他魚の部では、鳥羽君がマダイを仕留めていました。

IMG_1776.jpg

結果表です。(画像をクリック)
私は7位?

o0800106613081057048.jpg

これにて今シーズンのチヌ釣りは終了の予定です。
次回の懇親会は、2月に開催予定です。
福岡、長崎、佐賀支部合同の五島大会なんて面白そうですね。(企画してみまーす)

そして、釣りの帰りは何と言っても「ザ・から揚げ」でしょ?
有田どりの「から揚げどんどん」で山賊モモをかぶりついて帰ってきました。

同行したいっちゃん、シン君お疲れでした。
シン君は往復の運転ありがとう!!

IMG_1779.jpg
スポンサーサイト


今日は鶴見湾内へクロ釣りに行ってきました。
福岡からは栗坊、やなちゃん、タカヒロ君と4人で現地へ向かいました。
現地で地元の友君、関君、木村君と合流して、速見丸さんで午前7時出港です。

今日は祭日だというのに、お客は私達だけとです。(釣れてないのか?)
私と大分グループの4名はトーナメント戦です。
名付けて「イケメンカップ」!

栗坊グループは「どんぐりカップ」を行っています
やなちゃんも、栗坊もどんぐり系なので・・・(爆)

IMG_1763.jpg

1回戦は関君と宇土のウノクソで対戦!
結果2対0で私の完敗。

40センチ程の良型を仕留めた関君!
さすがの腕前です。

IMG_1764.jpg

続いて友君と女郎崎で対戦!
ここでも1対0で負けとです。

どうにもこうにも釣れません!

最後は4人で赤鼻の中で勉強会?
木村君のマキエと仕掛け投入の精度は群を抜いています。
友君もJCファイナル3位の実績を誇るだけに上手い!
関君もOGTMチャンプ、JCファイナリスト(グレ、チヌ)だけに流石です。

大分の釣り人のレベルはやっぱり高いですね。
今日は良い勉強をさせてもらいました。

IMG_1766.jpg

一方、どんぐりカップも厳しい戦いだったようです。
高校生のタカヒロ君が優勝したみたいです。

帰りは城南のから揚げ、別府湾SAの特濃ソフトを食べて帰ってきました。

明日は昼過ぎまでお仕事です。

IMG_1768.jpg

しかし、この状況が続くとセミファイナルは0対0や1対0の試合が締める予感!
あと1ヶ月弱ですが、状況が好転することを祈ります。


先日のこと、10年来2日以上禁酒したことなかった私が、なんと連続5日間禁酒に成功したとです。
飲みたい気持ちを抑えながら、帰宅後のビールを我慢して頑張りました。
依存症でもなんでもなかったんだなと・・・!

解禁数日後は高級海鮮料理を堪能し、アルコールもグビグビといきたかったのですが、休日にはやっぱり釣りにが最優先のわ・た・ち!!
2次会を断り早々と帰宅し睡眠!

午前9時、アルコールも完全に抜けたことで、平戸へ向けてしゅっぱーつ!

道中は、HACさんの運転で、鶴ちゃんと3人で馬鹿話で大笑いの大盛り上がり。
あっという間の3時間弱で薄香湾に到着です。

IMG_1745.jpg

夕方まで3人で頑張りましたが、私が捕えたアタリは2回ともバラシ。
鶴ちゃんもヘダイ1匹とバラシ1回。
HACさんが43センチクラスを1匹と撃沈!

IMG_1746.jpg

これやーまいった、まいったの釣りでした。
帰りはなごみの湯、山小屋ラーメンの定番コース!

風は涼しく秋の気配が日に日に深まってきている今日この頃です。

お土産に持ち帰ったアジは、本日刺身で頂きましたが、新鮮な青魚は最高にまいう~~~~です。

来週は台風の接近で釣りはどうなるのだろう?
私のストレス発散の術は、酒でもなく釣りにあるのだ・・・!


例年私がクロ釣りを始めるのは、10月に入ってJCセミの練習を兼ねてなのですが、今年は冷夏で水温も例年よりかなり低い状態のようです。
もしかしたら、この時期でも勘違いしたクロが釣れるんじゃないの?
というわけで、いつものメンバー、Y山さん、世界一さんの悠々自適の方々と、リヴァーレ長崎支部長のえっち老君、そして佐世保の助6さんと5名で、マリンエキスプレス丸銀の久幸船長にお願いして、野崎島に行ってきました。

この時期に五島で日中のクロ釣りをする人なんか居ないので情報は皆無!
晴天・無風・ベタナギなので、どこでも上礁可能です。
まずはケムタ瀬を左斜め前に望める「ノコギリ」に私とえっち老君、助6さんが上がりました。

速い潮が良い感じで沖へ走っているので、そこに仕掛けを投入して流していくと、なんとアジゴの大群がピチャピチャしてるではありませんか。
ツケエもすぐに盗られる状況です。

マキエは足元のみ、仕掛けは遠投して流していると、バチバチッと60m程沖でアタリです。
コクッコクッと首を振っているので、マダイだろうと思っているとなんとチヌさんでした。(涙)

その後えっち老君が足の裏サイズのクロ1枚、私が35cmクラスを1枚釣ったところで瀬替わりです。

IMG_1720.jpg

Y山さん達は40センチクラスのクロやババイサキを釣られていましたが、足場が悪くて辛いとのことで一緒に瀬替わりです。

今度は西側の磯へ上礁です。
ここでは小型ながらクロの活性が高くて、手のひら~35cmクラスまでがコンスタントにヒットしてきます。
やっぱクロ釣りは楽しい!
潮を見極め、マキエと仕掛けの投入タイミング、ツケエの工夫等、釣り方に変化を加えることで、サイズアップしたクロが釣れたり、コッパオナガが地グロに変わったりと結果が異なってくるので時間が経つのも忘れて没頭してしまいます。

IMG_1726.jpg

クロの活性も高い状態だったので、ウキはDear Gの0号を使ってウキを浮かした状態にしていました。
操作性、感度、潮掴みもグッドな愛用のウキは、良い仕事してくれてます。
今回特にうれしかったのは、瀬替わりの際に全員がDear Gをぶら下げたロッドだったのです。
これからのシーズンは特にこのウキが威力を発揮してくれると思います。

次にハリですが、リリースサイズの小型に飲み込まれると可哀想なので、6号クラスを使用していたのですが、コッパオナガばかりでサイズアップしないので、グレスリムの4号に替えてみると、なんとすぐに37センチの地グロがヒットしたではありませんか。(驚)

その後も釣れるのは地グロ主体となり、サイズも27~35cmまでのまぁまぁのサイズなのです。
不思議だなぁと思いながらも、再度大き目の軸長のハリに替えてみると、これにはやっぱりコッパオナガがハリ掛かりしてきました。
クロ釣りは難しいけど、このゲーム性が最高に面白いですねぇ!

IMG_1729.jpg

足の裏サイズ以下はリリース、自宅で食べる分と、シミケン君へのお土産分だけキープしました。

IMG_1727.jpg

Y山さんは40センチクラスのクロやスジアラまで仕留めておられました。
いつも良く釣られるベテランさんです。

IMG_1732.jpg


さぁ、いよいよ秋磯が始まります。
クロ、イシダイ、チヌ、青物等々、1年で一番楽しめるシーズンです。

一生懸命働いて、一釣懸命に釣りに行きましょう!!

水曜日の夜はYAIBA福岡支部スタッフミーティングでした。
仕事の都合で支部長不在でしたが、議事進行もスムーズに終え乾杯です。

img_1.jpg

9月28日開催の大村湾チヌ釣り懇親大会の受付は19日締切りです。(現在20数名)
まだまだ受付可能ですので、参加希望の方はヤイバHPよりお申し込みください。
私も参加予定ですので、一緒に楽しみましょう。

アルコールも進んで良い気分になったところで、事務局長のアンドレさんとツーショット!

彼は某ウキメーカーファングループの事業部長をされています。
細やかな気遣い、人柄の良さで信頼も厚い人物です。
私とはライバルメーカーでもありますが、ヤイバでは同じスタッフ仲間で仲良くさせてもらってます。

メーカー色は異なっても、同じ磯釣りを愛する釣り人同志の和(輪)を大切にすることは大事なことだと思います。

img_3.jpg