昨日はシミケン君と、やなちゃんと相浦湾内のチヌ釣りでした。
沖磯より湾内のチヌ釣りが只今フィーバー中の岡財閥ですが、この日も平日ですが7名のお客さんを湾内の磯へ案内してくれました。

最初は魚市場近くの地磯へシミケン君と上がりましたが、上潮が横滑りして釣り辛く、シミケン君のポイントは根掛かりの連発だったので、ちょうど見回りに来た、ノブリン船長のチビ平丸で、潮が下げるまでの間みんなで浮き波止に上がりました。

その瀬替わりの際、なぜかシミケン君は2回も左足を海の中に突っ込んでしまい、片足裸足釣法で釣っていました。(笑)

IMG_1686.jpg

浮き波止では3時間程でしたが、キビレの良型を含めて、ノブリン船長6枚(最大48センチ)、やなちゃん2枚(最大46センチ)、シミケン君1枚(40センチ位)、私5枚(最大46センチ)と短時間で爆釣でした。

IMG_1687.jpg

IMG_1684.jpg

私とのぶりん船長が釣っていた波止の真ん中付近は、デカバンもアタッてきましたが、海底には複雑にロープや真珠棚の残骸等が絡み合っているようで、沖の底で掛けると取り込みが大変でした。
50センチは軽く超えているアタリも2回ありましたが、ハリス切れとハリが伸ばされてしまいました。(涙)

IMG_1683.jpg

私達が瀬替わりして、独り残ったクロちゃんが、その釣り座に移動して50センチ頭に数枚ゲットしたそうです。(バラシあり)
ここでは、全層沈め釣りのイエローダンゴ釣法が良かったですね。
前アタリで道糸が少し張るのですが、それから走るまでにしばらく時間がかかるので、その駆け引きが面白い釣りでした。

IMG_1690.jpg

IMG_1689.jpg

その後はシミケン君とまだ誰も上がったことが無い磯「シミケンの1番」と勝手に命名に瀬替わり。
ここでは私がメイタとチヌを釣りましたが、下げ潮だったせいかアタリも渋くてダメでした。
もうシミケンの1番には上がることはないでしょう。(爆)
ここは大チヌ釣ろう会のタニーさんの予約瀬となりました。

相浦湾内、まだまだ釣れそうですよ。
筏や波止等、チヌが居ついているポイント近くが数釣りも楽しめる感じですね。
船酔いに弱い人には浮き波止はゆらゆらしてダメかも?
スポンサーサイト
呼子1

今週は水・木連休でした。
水曜日はカミさんも休みだったので、昼食を兼ねてイカの活き造りで有名な呼子の「玄海」で真昼間からビールも飲めて最高でした。
カミさんはアルコールは飲めないし、車の運転は出来るので一緒に食事に行くととてもありがたい存在です。(笑)
最近は娘達も手が離れているので、ちょくちょく二人で温泉旅行に行ったり外食したりラブラブとです。(爆)

そして、先日のあらかぶ釣行の際、Y山さんから教えてもらった唐津にあるパン屋さん「ながいし」さんで食パンを購入しました。
ここのパンはとても美味くて超おススメです。

その後は、深江のきららの湯で温泉に入って帰宅。

呼子2

すぐに釣り準備を整えしばらくして、今度は平戸へ向けて鶴ちゃんと出発。
向かった先は土肥釣りセンターさんです。
出港は5時ですが、早くいって現地で一杯飲んで仮眠です。

ヤフーや気象庁の予報は曇りで南風の4m程でしたが、お天気ナビゲータでは時間帯によっては10mm以上の豪雨、南風10mを記しています。
どっちが正しいのか????
お天気ナビゲータは風の予報はピカイチですが、雨量はコロコロ変わるので降らないことを祈って午前5時出航です。

風はかなりの強風で生月は断念し、風裏となる度島の荒崎に鶴ちゃんと二人で上礁しました。
お客は私達だけだというのに、快く出船してくれた土肥釣りセンターさんに感謝です。

期待を込めて釣り開始です。
しかーし、朝マズメはミニガキのアタリが活発でしたが、潮が下げと言うことも影響してか、その後はアタリも小さく、ガゼの芯は残ってくるし、バフンにも良いアタリが来ません。

呼子3

途中、スーパー豪雨に打たれながら、強風とも戦って頑張りましたが、ほぼ1投毎の根掛かり。
1回目の根掛かりをうまく外して仕掛けを回収していると再びガクンと根掛かりの連続で、10個以上もオモリをロスト。(涙)

結局14時まで粘りましたが、完全に撃沈してしまいました。

呼子4
まぁ、これもイシダイ釣りには良くあることなのでと自分自身に言い聞かせながら帰路につきました。

次回はチヌ釣りです。

イシダイは9月に再度チャレンジして、その後はJPセミに向けてクロ釣り始動でしょうか。

クロ釣りと言えば、Dear Gの出番ですね。
沢山の方々に愛用していただいているようで、行きつけの釣具店でも良く売れてますよ。と嬉しいお言葉を頂いています。
秋から初冬にかけてのクロ釣りには特に活躍してくれると思いますので、今のうちに買占めしとかないと、シーズンに入ると品薄になるかもですよ。(笑)

Dear Gに次ぐ、つぎなるウェポンも頭の中ではイメージが出来てきました。
商品化してもらう日がそのうち来るかもしれませんのでお楽しみに・・・!
IMG_1663.jpg
今日から夢の3連休です。
早速釣りに行ってきました。

同行者はつーたん!
向かった先は、佐世保湾内に渡してくれる小平丸(チビ平)です。
佐世保沖磯に渡しくれる三平丸の拓ボン社長が事業拡大を図っているとです。
今度会ったら岡財閥と呼んで下さい。(爆)

ビーバップハイスクールの金子信夫船長操る、1馬力3基掛け(爆)のチビ平丸は、エンジン音も軽やかに港を出て、チヌパラダイスの出口付近へ私達を上礁させてくれました。
今日は大潮で潮位も高くて波止で1時間程やりましたが、アジゴ、コッパが多くてチヌの気配がないので瀬替わりです。

霊園下のワンド奥に上がりました。
ここではつーたん大爆発!
サイズは40センチ前後ですが、連荘で4枚仕留めました。

納竿は正午を予定していたのですが私はノーヒット!
全層沈め釣りよりも半遊動のつーたんが小さなアタリを捕えて私にカマしてくれてます。
さすがメジャ-リーガー!!

IMG_1653.jpg

このままでは終われないでしょう!
正午回収を14時に延長してもらいました。

潮が下げに入るとチヌの活性も上がったようで、私にもようやくヒットです。
しかし、つーたんの仕掛けに絡まってしまい、上手くやり取りできずに足元近くで根ズレでアウト!

しばらくして、イエローダンゴで重量感あふれる引きが来ました。

IMG_1658.jpg

今度はバラシてなるものかと、慎重に取り込んだのは51センチのチヌでした。
なんとかズーボは免れて一安心です。
しかーし、パターンを掴んだ私はもう許しませんよ。

その後もチヌ4匹、ヘダイ2匹、アラカブ2匹・・・!

IMG_1660.jpg

終わってみれば、つーたん6匹でワタクチ1匹負けでした。(涙)

さすがに良く釣ります。(脱毛・・・いや脱帽)

IMG_1662.jpg

ちょこっと威張らせてもらうと、私のチヌが型はグッドだったとですよ。
それはイエローダンゴがバッチグーで良型にハマったとです。

元気なチヌを港で撮影して、その後は元気な姿で海に帰って頂きました。



たった?2500円の瀬渡し代で、50オーバーも釣れて、数釣りが堪能できるこの一帯ですが、今まで人が入ったことが無かったので連日爆釣りしているのかもしれません。

持って帰って食べないなら、元気なうちにリリースしてあげましょう。
せっかく開拓された新釣り場だけに、大事にしたいものですね。


TEAM YAIBA福岡支部主催で、今年も大村湾のチヌ釣り懇親釣り大会を開催いたします。
参加資格はTEAM YAIBAの会員およびヤイバファンの方となっておりますので、皆様のご参加お待ちしています。
詳しい案内は、ヤイバHPをご覧の上、お申し込みください。
暑さも和らぎ、良型チヌが爆釣してくれる好シーズンです。
IMG_1619.jpg

昨日のあらかぶ釣りの後は、福江在住、リヴァーレメンバーのガリガリ君が出張で小倉に来ていたので、連絡を取り合って博多駅まで来てもらい、中洲石鯛倶楽部の会長さんが経営される、薬院宝雲亭さんへ伺いました。
現在ダイエット中のガリガリ君は、餃子5人前、黒豚餃子2人前、スープ餃子1人前、ホルモン2人前、レバーカツ1人前、枝豆等を私とカミさんと3人で注文し、3分の2位を控えめに食べていました。(笑)

次に会う時は土俵入りパフォーマンス期待しときます。(爆)

IMG_1622.jpg

帰宅して翌朝は午前3時に起きて、大村湾にチヌ釣りに行こうと思い、目覚ましをセットしないまま爆睡!
目が覚めたのは午前3時ちょっと過ぎでしたが、アルコールが残っているみたいなので、釣りは諦めて再び爆睡。

午前6時半に目が覚めて、釣りに行こうかどうしようか悩みながらも、バルコニーに出てみると晴天だし風も心地よいではないですか。
1時間程迷った挙句、行ってみるかと準備しながらも、独りじゃ寂しいなぁと鶴ちゃんにメールを入れると、4時位までなr大丈夫ですよとのことで、大村湾を目指してしゅっぱーつ!!



白崎郷の四本堂キャンプ場近くの波止へ到着したのは正午過ぎでした。
無風、カンカン照りで汗は噴水のごとし、海は濁りきっておりゴミが浮いています。

釣り始めるとすぐに鶴ちゃんに30センチ位のメイタがヒット。
魚の活性は良い感じです。
その後もコンスタントにメイタ(手のひら~足の裏)はヒットするのですが、良型は釣れません。

IMG_1624.jpg

午後1時、狙い目を変えて、黒魂アクセル000号の全層沈め釣り&ダンゴで狙うと、2投目でラインがバリバリっと走ってくれて45センチ弱のチヌがヒットしてくれました。(嬉)

その後は納竿の16時まで小メイタばかりでした。

大村湾1

それにしても日中の一番暑い時間帯の釣りはたまらんやったです。
修行でした。

来週はリヴァーレメンバーで、昨年のD社バトルカップチヌチャンプのクボッチ(別名、チヌ師のつーたん)とチビ平丸で湾内のチヌ釣りです。
メジャー大会覇者の釣りをじっくり見せてもらうことにします。


毎年恒例の船からのキス釣りですが、今年は絶不調とのことで、Y山さんの提案によりあらかぶ釣りに変更!
自称ぷーたろうの世界一さん、もうすぐのY山さんとY山さんのお友達の4人で唐津湾から出港です。

まずは七ツ釜辺りで釣り開始です。

IMG_1610.jpg

仕掛けは簡単、Y山さん手製のブラクリ風仕掛けに、エサはスルメイカのゲソで狙います。

IMG_1617.jpg

昨日までの荒天が無風ベタナギの釣り日和となり、快釣に良型が釣れます。

IMG_1612.jpg

う~ん、やっぱり釣りは何でも楽しい!
ダイレクトにゴツンとくるアタリは快感です。

IMG_1611.jpg

釣りは筋書きが無いドラマとよく言いますが、なんと根掛かりかと思わせる重量感。
ギュンギュン引いてドラグからラインが吐き出されていきます。
いったい何が?????
頭の中はパニッパニです。
とにかく慎重に無理をせず、ラインの出が止まったらロッドを溜めて少し巻いて・・・!
すると再びギュルギュギュル~~~~と締め込まれます。
再びロッドで溜めると、ゴクンゴクンと首を振るので、チヌかマダイ?と思いましたが、締め込み方が半端ではありません。
やがて、少しづつ巻き上げてきて相手も弱ってきたようで、これは獲れるなと慎重に海面に浮かせると、なんとコロダイではありませんか・・・!
まさかこんな魚がイカゲソを食べるなんて????
サイズは55センチ程でしょうか。
良く引きましたぁ!!

IMG_1613.jpg

そして、お昼の納竿までに、私21匹、Y山さん24匹、Y山さんのお友達27匹、世界一さんギリギリ二桁!
初めての船あらかぶ釣りでしたが、面白かったです。

IMG_1618.jpg

明日は早朝起きれたら、大村湾にチヌ釣りに行ってみます。
フカセ釣りしたい症候群が発症してきました。