梅雨明けと同時にセミの鳴き声も増して夏到来ですね。
昨日は、世界一さんとそのお仲間の方々と生月島のA級磯「満瀬」を貸切でした。
午前2時出航、正午回収の予定で、土肥釣りセンターさんにお世話になりました。

IMG_1561.jpg

私はイシダイ釣りでした。
世界一さんのお仲間2名は上物で、北側の瀬、世界一さんは東側に単独、私は南側に上礁です。(贅沢ぅ)

準備したエサはバフン1.5キロ、ガンガゼ50個でしたが、正午の回収までに綺麗に使い切りました。
クロ釣りよりも手返し等忙しい釣りでした。
結果、キープは2枚のイシガキのみ(涙)
エサ盗りのガキは手のひらサイズの様で、目の上にハリが引っ掛かって2匹上がってきました。

これにてイシダイ釣りもしばらくお休みです。
9月に入ってから再始動する予定です。

IMG_1560.jpg

早速、磯で使用した偏光グラスですが、違和感も殆どなく、手元を見るときも小丸部分でバッチリ。
今まで以上にストレスなく釣りが出来るようになったと思います。
フカセ釣りデビューはまだですが、多分問題ないでしょう。

IMG_1537_20140723073515305.jpg

帰宅してイシガキの刺身を食べましたが、最高にマイウ~~~~でした。
食べるには最高ですね。

IMG_1567.jpg

そして、Y山さんからヤリイカの沖漬けを頂いていたので、炙って一味マヨで・・・!
ビール(発泡酒ですが)がススム君でした。

IMG_1565.jpg
スポンサーサイト
私も今年で50歳を迎えます。
磯釣りを始めたのは20年程前になりますが、その頃は視力も両目が1.5以上と良くて、釣りを行う上でも何らストレスにはなりませんでした。

ところが、寄る年の波に勝てる術はなく、6.7年前くらいからメガネのお世話になりはじめ、ここ数年は老眼も入ってきたようで、メガネを掛けたままでは、小さなハリやガン玉を付けるのも苦労するようになってきました。
朝夕マズメは特に見えません。

釣りを行う上で、タレックスレンズの偏光グラスは今や誰もが認めるアイテムとして定着していますね。
私もタレックスの偏光グラス歴は10年以上になりますが、今やこの偏光グラスなしでは釣りが成立しないと言っても過言ではありません。

視力が落ちてからは、ワンデイの使い捨てコンタクト等も試しましたが、なかなか慣れることが出来ずにいました。
それに加えて老眼が入ってきたら、コンタクトだとメガネの様にズラして見ることが出来ないので、高価ではありますが、度付の偏光グラス(5~6万円)をこの数年は掛けています。

そこで、↓の写真のように、小さなガン玉等を付ける際にメガネをズラしているオジサマ釣り師の方を良く見かけませんか?(笑)
私はこれが嫌で嫌で、近視と老眼の両方の機能を兼ね備えて、ストレス無くスタイリッシュなアイテムは無いのだろうかと思い続けていました。

見た目には遠近両用と分からない物も試着してみましたが、足場が悪い磯を動き回るのには危険性が高い見え方でした。
それに馴れるのも時間を要するだろうなと思っていました。

新規画像1

ところが、この度ようやくその悩みを解消するアイテムを手に入れたのです。
じゃじゃじゃじゃーん!!



見た目には分かりにくいでしょ?
これは老眼用の小玉(半円のレンズ)を上部の所に施してもらっているのです。

IMG_1537.jpg

グゥーとアップすると分かりますよね?
そうなんです、この部分で小さなガン玉付けや小さなハリ結びも容易にしてくれるのです。
視線をすこし上目にしてこのレンズで覗けばバッチリと近くが見えて、少し視線を上げれば近視用で遠くもバッチリ見えるという優れものなのです。
通常の遠近両用等は、レンズの下の方が老眼用になっているので、足元が見えないので磯を歩く際などとても危険なのは言うまでもありませんよね。

IMG_1538.jpg

車の運転でも殆ど違和感はありませんでした。
私と同様の悩みを持たれている方もきっと多いのではないでしょうか?

確かにお値段は高級ロッドが1本買えるくらいはします。
だけど、磯釣りにおいて見えるということはとても大事なことだと思います。

カッコよく、スマートに釣りをいつまでも楽しみましょう!!

今回私の相談に親身になって乗って頂き、私にとってベストなアイテムを作ってくれたのは、福岡市東区三苫にある「マプシービジョン」さんです。
http://www.mapse-fv.com/

とにかくおしゃれなフレーム等品揃えも多くて、こちらのニーズに答えてくれるとても親切なショップでした。
是非、一度足を運んでみてください。

ちなみに、今回の私のニューアイテムは
フレーム:ZEAL OPTICS Feiz Alt
レンズ:タレックス イーズグリーン ハードマルチコート(度付)

これで無駄が省けて、もっと沢山グレが釣れてくれるでしょう!!(ニッコリ)


まずはヤイバXブランドから、吸汗速乾性能素材で作られたメッシュグローブです。
これから暑い季節には手の甲部分がメッシュになっていて通気性もグゥー!
手の平部分は、湯川杓等のグリップにも擦れることなく丈夫な素材で作られています。
手首部分もガッチリホールド!
デザインもばっちりで、サイズも手が小さな人から大きな人までフィットするように、数種類用意されています。
間もなく発売だと思います。



キザクラからは、数種類nサンバイザーが出ました。
最近はサンバイザー派の釣り人も多く見かけます。
私は・・・(涙)
もっと髪の毛があれば着用するのですが・・・(爆涙)

キャップタイプの新製品を心待ちにしています。(笑)
Kz-SV1-hp.jpg

Kz-SV2-hp.jpg

台風8号が迫ってきています。
大きな災害にならない様祈るばかりです。
明日はバルコニーの釣り具等を風で飛ばされない様にしないといけません。
水曜日の定休日はもちろん釣りに行けるような天気ではございませんな!

それでは皆様、ご用心下さい。


昨日は5名で上五島へ行ってきました。
私以外は上物狙いでの釣行です。
久しぶりに、ブラック船団を保有するあじか磯釣りセンターにお世話になりました。
待合所等が新しくなっていて、スケールがデカイなぁと驚かされます。

メンバーは毎日が休日のチングロ深見さん、世界一さん、もうすぐ毎日が休日になるY山さんの元気いっぱいな大先輩と、同クラブのモッチーです。

毎回多くの話題を振りまいてくれる世界一さん、今回も健在でした。(笑)
船が五島について瀬上がりが始まろうとしているのに、あわててキャップライトを探している写真が下のものです。
ヘルメットは安全の為です。
まぁ、今回も帰りの車中は面白い話で笑いの渦でしたが、Y山さん宅で車を降りたら、いきなり「痛ったたたたた、とチ○コの所を押さえて屈みこまれてしまいました。」
もう夢精するような年齢でもないのになぁ、なにかエッチなことでも考えていたのかな?とみんなが心配そうに大丈夫ですかぁ?と・・・!
なんと股のところが吊ったそうです。(笑)
なかなか股が吊ることはありませんよねぇ!

IMG_1506.jpg

さて、私はモッチーと二人でママコ瀬に上礁。
夜明けまでモッチーのマキエでイサキを狙ってみましたが不発。

明るくなり出したので、先週宮之浦釣行の際に汗水たらしてガリガリしてきたカラス貝を細かく砕いてマキエの準備をします。
持参したエサはサザエ、ガゼ、バフンです。
サザエで釣ったことはありませんが、なぜかいつも持って行ってしまいます。

1投目からガキの裏サイズ(イシガキの小型のこと)が竿先をガツガツと叩いてくれました。
ガゼは一瞬で無くなり、サザエは赤い所だけ残して帰ってきます。
バフンだと良いアタリで走りそうになりますが、ハリ先を捕えてくれません。(ハリ16号)

IMG_1507.jpg

満潮が11時過ぎですが、10時頃にようやく1匹目がズキューンと走ってくれました。
てっきりイシガキだろうと思いましたが、海面を割ったのは七縞模様のイシダイでした。(1.5キロ位と小さいけど一安心)

しばらくして2枚目ヒットです。
これは重量感もあり良く引いてくれます。
ぶりあげたのは2.5キロクラスでしょう。
これを足場が悪い斜めの所でストリンガーを通して掛けようとした瞬間。
バタバタと暴れて、なんとストリンガーを持つ手から外れて海の中へ帰っていきました。(爆涙)

安全な逃げられないところで、きっちりといつもだとやるのですが、横着した自分に腹が立ってきます。(情けない)
その後1キロクラスの小型を追加しましたが、下げ潮に入ってからはエサが残ってくるようになりました。
午後1時過ぎ、雨もひどくなるとのことで早めの回収です。

IMG_1508.jpg

上物組は、アジゴやイスズミ等が多くてクロは厳しい状況だったようですが、Y山さんは回収1時間前に良い潮が行ってくれたとのことで、良型のイサキやクロでクーラー満タンにしておられました。(さすがです)