4月20日 黒鯛祭in北九十九島(50名程募集) オブザーバー参加大歓迎のお楽しみ大会です。

6月8日 クロ釣り王者決定戦第1回予選 宮ノ浦

10月26日 クロ釣り王者決定戦第2回予選 佐世保沖磯

12月20.21日 クロ釣り王者決定戦&負組大会&忘年会 五島

以上のように今年の日程を決定しました。

他のメーカー大会と重ならないように調整したつもりです。

※黒鯛祭はオブザーバーの参加者が毎年沢山参加してくださって賑わっていますが、今年は更に参加しやすくと思い、シケにも強く、渡船代も安い北九十九島へと変更しました。(賞品は豪華ですよ)
案内告知はこのブログでも行いますので、メンバー以外の皆様、是非ご参加ください。

ガリガリ君と大食い対決したい方大募集です。(笑)
スポンサーサイト

昨年のシマノジャパンカップ磯釣り選手権全国大会を制覇した田中修司氏の優勝祝賀会とファイヤーカップに参加してきました。

祝勝会には、なんと120名ほどの参加者が遠方からも駆けつけて来られており彼の人望の厚さが伺えます。
この会を主催した染矢正昭君が会長を務める「銘技会」のみなさんが、企画から案内、翌日の大会運営等、力を合わせて尽力されていた姿はとても感動でした。

宴はこんなオジサン連中のスケベ魂が炸裂する場面もあり大盛り上がりです。

IMG_1023.jpg

そして、修ちゃんご夫妻が互いに作文を発表していました、釣りで頂点を極める人はやっぱり家族を犠牲にしてるんだなと改めて実感!
それを支えてくれる奥様には頭が下がる思いですね。
我が家も同じやんと思いながら聞いていました。(私の場合、頂点は極めてないけど・・・)

自分も長女や次女が産まれる前日に釣りに行ってました。
長女の時なんかは、深夜に陣痛がきていたに関わらず、少しでも私を寝させてあげようと、ギリギリまで我慢していました。(笑)

2次会は大先輩の浜田 正さんから誘われ、入江君と橋本君と居酒屋さんに行きました。
翌朝3時半には起床して米水津で大会ですが、超二日酔いでフラフラでした。

IMG_1025.jpg

ファイヤーカップには80名ほどの参加者が集まっています。
抽選の結果、私はなんと池永名人と一緒に瀬上がりすることになりました。(喜)

世界大会や日韓親善トーナメント等で何度か後ろから釣りを見せてもらったことがありますが、とにかく凄いお方です。(言わなくても分かりますよね)

釣果は互いに2尾づつしか釣れませんでしたが、私の全層沈め釣りは池永名人の1000釣法を参考にさせてもらっている部分が多く、瀬際狙いの釣り方等、しっかり勉強させてもらいました。

IMG_1026.jpg

IMG_1027.jpg

さぁ、今年もチヌやグレのメーカー大会予選にチャレンジです。
次回釣行予定は2月5日です。
2014.01.22 寒いですね。
釣春秋の最新号が発売されています。
TEAM RIVALEの仲間も頑張って執筆してます。
私もハリやハリスの交換するタイミング等について、特集コーナーで解説してますのでよろしくお願いします。

2月は寒グロ最盛期ですね。
水温低下で数は釣れませんが、デップリした良型の地グロが微笑んでくれる好シーズンです。
渋いアタリを試行錯誤しながら仕留めた時の達成感は何とも言えないものがあります。



寒い時期に特に欠かせないのがヒップガード(尻当て)ですね。
防寒の役割も担ってくれるし、冷たい岩の上に座る時なんかもウェアをガードしてくれるし、クッション性も良いので、欠かせないアイテムですね。

キザクラから新たに発売されたヒップガードは、お尻の部分が他のよりも厚めでクッション性が良くて付け心地もGOOD!
早く釣りに行き鯛です。

IMG_1012.jpg
私が水曜日に釣行することが周知されているようで、木曜日はアクセス数も伸びています。
ほんとにありがとうございます。
皆様にいち早く、情報が提供できるように頑張っています。

しかーし、寒グロシーズン本番となる2月、3月は仕事が繁忙期を迎えるため、なかなか思うように休みが取れません。
先日の水曜日は仕事してました。
釣果報告をお楽しみにされていた皆様、申し訳ありませんでした。
来週の水曜日も釣行予定はありません。

現在の予定は
1月26日 米水津(ファイアーカップ)前夜は田中修司氏の祝勝会
2月 5日 五島か宮ノ浦か米水津(天候次第)
2月18.19日 福江 黄島
2月26日 最後のクロ釣り予定
こんな感じです。
3月からはチヌ釣り節約釣行です。

頑張って予定をまんぐって、釣りに行ける様頑張ります。




そこんとこヨロシク!!

沖黒

予報では雨でしたが、降水量が0mmということでたいして降らないだろうと思い、えぐちんこと米水津へ行ってきました。
午前3時、10数名の釣り人を乗せて「えびす丸」は沖黒島方面へ向かいました。
他船はお客さんが少ないようで出港していない様です。

私とえぐちんこは、船長の勧めでウドバナへ上礁。
昨年もえぐちんことはここに上がって、爆釣を堪能したことを思い出します。
予報では北風で波もないとのことでしたが、意外とウネリがあるのでこのまま大きくならなければ良いなと思いながら夜明けを待ちました。

明るくなって釣り開始です。
まだ潮が下げているので、下の段に降りて釣り始めます。
釣り始めてしばらくすると、35センチ前後のクロがヒットしだしました。

活性は高いようでアタリは明快です。

マキエとズラしてやや深めを狙ってサイズアップを狙っていると、えぐちんこが強烈なアタリを捕えて40センチオーバーをゲットです。
その後も同サイズ、45センチクラスと良型ばかりを連荘でヒットさせていきます。
なんでやろ?と聞いてみると、ツケエを工夫していました。
多分、この界隈をホームグランドにしている人には思いつかないかもしれません。
いわゆる逆の発想ってやつなんですよね。
※おしえろよっ?と声が聞こえてきそうですが、これは彼の引き出しからなので、私の引き出しに仕舞っておきます。すみません
ちなみに彼の仕掛けは、キザクラのDear G 0シブを使った全層仕掛けでした。
私はDear G 0号の半遊動で狙ってみました。

単独で釣りに行くとこんな勉強はなかなか出来ませんよね。
私はいろんな人と一緒に釣りをするのが大好きです。
こうやって色んな技や工夫を吸収することが出来るから・・・!

002_201401090916301b5.jpg

私も同じように狙ってみると、一発でヒットしたではありませんか。
久しぶりにロッドがなかなか起き上らない良型です。

IMG_0971.jpg

タモに入ったのは、47センチ程の納得のサイズでした。

IMG_0972.jpg

午前9時過ぎ、この時点でライブキーパーの中は酸欠しそうなクロで埋まっていたので、一旦竿を置いてキチンと神経締めカマしてクーラーに収めます。
今日の持ち帰りは10匹と決めているので、ノルマは達成です。
この調子だと、上げ潮に変わるともっと釣れるのかなと思っていたら、ウネリが次第に大きくなってきて、なかなか仕掛けが安定してくれません。
そこで、Dear G 0号の仕掛けから、4BのD.SUSMacroとディンプルMacroのセットに替えてみると、これまた一発で40センチクラスをゲットしました。
その後も数匹のクロをゲットした所で、ウネリが足元近くまで這い上がってくるようになったので、昼には緊急回収となりました。

004_20140109091111174.jpg

006.jpg

早めの回収でしたが、二人とも満足な釣果だったのでご機嫌です。

IMG_0966.jpg

帰りはいつものように、米水津物産館でイワシの丸干しとカタクチイワシのメザシを購入し、時間が早いので、やよいの湯に入ってサッパリ。
そして、ここの道の駅にあるから揚げ屋さんで、ハーブ鳥のモモから揚げを食べました。
ここのから揚げは浜っ子ママさんのおススメだったのですが、まじでバリウマでした。
時間に余裕があれば、○南や○瀬よりもうまいので行ってみる価値ありです。

このころには土砂降りの雨となっていました。
高速は別府から湯布院間が通行止めとなり、回り道しての帰路でした。
明けましておめでとうございます。

今年の初釣りは、リヴァーレの栗坊、えっち老、おしたん、それに浦島太郎釣クラブのボラ朗丸くんと行ってきました。
フィッシングKに集合すると、スタッフのK柳君から年末のクロのお礼ですと、海の男守を頂きました。
彼はとても気が利く好青年で、みんなの人気者です。


五島直行便ならこの船でしょう。
久幸船長操るマリンエキスプレス丸銀にお世話になります。
予報では波高1mとベタナギの予報です。
おそらく上五島は他の渡船でいっぱいでしょう。

どこに行くのかなと思っていたら、嵯峨ノ島へ走ってみるとのことです。
万一、そこが無理でも椛島方面が第2候補として確保できます。

おそらく、上五島に行っていっぱいで良い所に上がれない事を考慮した久幸船長の判断でしょう。
これが釣らせる船長とみんなから信頼される由縁なのです。

IMG_0953.jpg

よくよく考えてみたら、私は嵯峨ノ島は初めてです。
私はえっち朗君とおしたんと足場が非常に良い磯に上がりました。

朝からの上げ潮では、当て潮で釣り難い状況ながらも、ポツポツと35~40センチクラスのクロが釣れましたが、下げ潮に入ってからは、フラフラだし水温が下がったのかクロの活性も無くなってしまい釣れなくなってしまいました。

IMG_0947.jpg

クロらしき反応でツケエが盗られたりウキをゆっくり引き込んだりするのですが、全層、半遊動等いろいろと仕掛けを変えて狙ってみても、思うようにヒットしてくれません。
こんな食い渋りは久しぶりの体験です。
潮が動けば仕掛けも張れて、アタリが出るのでしょうが・・・!

そんなこんなで四苦八苦しながら15時過ぎに納竿です。

IMG_0951.jpg

なんと嵯峨ノ島で12匹(35~43センチ)という貧果になりました。(涙)
私達グループは同じような釣果でしたが、釣れている人たちはクーラー山盛りでした。(羨)

IMG_0952.jpg

それでも絶好の釣り日和に恵まれて2014年の釣り始めはとても満足です。

今年も釣り仲間と色んな釣りを楽しみながらも、参加出来る大会には全力で挑みたいと思います。
仕事も釣りも全力で突っ走りますので、今年もよろしくお願い申し上げます。