ジャパンカップ宮之浦結果

シマノさんのHPにアップされてました。
例年、宮之浦大会はリヴァーレメンバーが数名予選突破していたのですが、今年はたかっちが惜しかったものの、パッとしませんでしたね。(残念)

来年また頑張りましょう。
私もなんとか予選突破できたので、秋のセミファイナルまで課題を持って釣りに取り組まないと・・・!

まずは、来週は連休を取って福江の黄島でイシダイ釣りツアーに行ってきます。(関係ないっ)

その後はマルキューカップ宮之浦に参戦するので、宮之浦に一度は下見に行く予定です。

7月はイシダイと大村湾のチヌ釣りです。
8月は何しよう?年々夜釣りは億劫になってきますね。波止場でアジゴ釣りかな?
こうして夏場の暑い時期でも、釣りからは離れることがありません。

釣りは面白すぎて飽きないのです。
スポンサーサイト


昨日は、釣春秋(6月20日発売)のキザクラPRグラビア取材で上五島へ行ってきました。
前日の大荒れの天気で出港できるか心配でしたが、出港時はなんとか回復したので風裏での釣りでした。

潮が動かずエサ盗りのアブッテカモが多くて苦労しましたが、良い潮を狙えた時はバタバタと良型グレが竿を曲げてくれました。
潮は大事ですね。

写真と場所は釣春秋でご覧ください。
【タックル】
ロッド:シマノ極翔磯1-53
リール:BB-X テクニウムMg C3000DXG
道 糸:シマノリミテッドプロ 1.5号
ハリス:キザクラ ハリスト 1.25~1.5号
ウ キ:キザクラ Dear G00号
ハ リ:ささめ針 送り呑ませ5号、グレスリム4~5号
【マキエ】
オキアミ生3角、アミ半角
遠投フカセTR、V9徳用、爆寄せグレ、パン粉2キロ、アミノX遠投
【ツケエ】
スーパーハード(M)漬け、ムキミ、V9(L)、シャキ生(M)

以上でした。
競技時間は6時間ですが、マキエはきっちりと撒ききりました。
アブッテカモの活性が以外にも低くて、クロのアタリも渋めでしたので、ハリスを1,25号に落としてやるとクチブトがサイズアップしてコンスタントに釣れてくれました。
25-5-25JP宮ノ浦7

ジャパンカップ磯の九州予選大会は、宮之浦で最後となりました。
今大会は晴天ベタナギに恵まれ、釣り人側にとっては最高のコンディションですが、果たしてグレちゃんのご機嫌は如何なものでしょう?

今年の私はくじ運が最悪で、優先権が無いばかりか2番船の瀬上がりも最後という状況が続いています。
今回はなんと、127名の参加者でクジは130番。
欠番があるとしても私はその一番最後の番号を引いてしまいました。
この時は、もう終わったなと思いました。

私が乗船する2番船は前田釣りセンターの宝栄丸です。
5年前もこの船で準優勝し、それから3大会連続で全国大会へ行ったとです。
さぁ2番船での出港です。

当然1番船が尾上やその他の好ポイントは上げているので、私達は空いている磯を探しての上礁となります。
最初に水ケ浦辺りから瀬付けが始まり、象の鼻や相場へ上礁が進んでいきます。

他船も近くに上礁させているので、私達の前の組から上がる場所を探すのにあっちウロウロ、こっちウロウロと開始時間が迫っているのに上礁出来ません。

25-5-25JP宮ノ浦5

船は頭ケ島方面へ船首を向けて小松崎へ向かいますが、ここの本命ポイントも既にほかの船が上礁させています。
その横の黒バエ向きに前の組を上礁させ↑、最後の私達はそのすぐ横のワンド近くへ↓上がりました。

ここに上がるのはもちろん初めてだし、ほかの釣り人が上がっているのも見たことがありません。
この時にはマジで90%諦めモードでした。

ところが、釣り始めは強烈な当て潮から左流れで釣りにならない状況だったので、際近くを狙ってキーパーギリギリを2,3枚ゲットしましたが、潮が横流れになり緩んでくると、30センチ前後のオナガやクチブトがポツポツ釣れてくれて、5匹のリミットメイクは2時間程で達成することが出来ました。

しかし、このサイズだと水ケ浦へ上がっているダイワグレマスターズチャンプの濱田さんには到底勝てないだろうと、必死マメタンで良型のクチブトを引きずりだそうとツケエのローテーションやハリスにガン玉を打って早めに仕掛けを深めに入れたり、マキエの投入タイミングに変化を持たせて狙っていると、愛用のDear G00号がシブシブのアタリを捕えてくれて、35センチ前後の丸々としたクチブトと入れ替えが出来るようになりました。

そして場所交代後、更にサイズアップしたクチブトを追加することが出来て、終わってみれば30~38センチのクチブトを15枚程釣ることが出来ました。
25-5-25JP宮ノ浦6

さぁ帰港、検量です。

25-5-25JP宮ノ浦4

事前情報ではかなり厳しいとのことでしたが、検量に出す人は結構いるようです。

25-5-25JP宮ノ浦3

結果発表!
チャンチャカチャーン、チャンチャンチャン、チャンチャカチャーン♪
やりました。準優勝です。
これで今年もセミファイナルへ行くことが出来ます。
今度こそは全国大会で表彰台に上がりたいとです。

25-5-25JP宮ノ浦2

ドラマはまだありました。
恒例の自転車を掛けたじゃんけん大会ですが、柴原さん相手に全員がじゃんけんをして、負けた人、あいこの人は脱落です。
じゃんけんが弱い私はもちろん1回目で負けました。
ところが、数名残ったところで柴原さんに全員が負けるという出来事が・・・!
再度全員でやり直しです。
この時ビビッと背中に電気が走りました。(イケるかもと)

それが本当になって、最後はキザクラ軍団対決となりましたが、私が一発で勝って夢の自転車をゲットすることが出来ました。
毎朝、めざましテレビのめざましじゃんけんで鍛えた甲斐がありました。(笑)

今までジャパンカップに参加して初めてのことなので、優勝したかのように嬉しくてはしゃいでしまいました。
我ながら、持ってるなと思いました。

リヴァーレのメンバーも10数名参加してましたが、今年は残念ながら私一人だけしか残れませんでした。
帰りの車中では、勝負強さの秘訣などの質問をされ、「赤の勝負パンツたい」と答えると、560ちゃんや栗坊、ジェリー君も赤の勝負パンツを買うと張り切っていました。

じゃぱねっと君には依然このことを話してましたが、彼はあずき色のパンツを買っていたので予選落ちでした。(笑)
真っ赤なパンツが幸運を呼ぶとです。

次回、大会後着替えの時にみんな赤パンツだったらウケるだろうな!

25-5-25JP宮ノ浦1
2013.05.25 かましました






JAPANCUP宮之浦大会結果です。
自転車もゲットしました。\(^o^)/
25-5-22唐津湾キス2

毎年恒例となったキス釣りに行ってきました。
Y山さんとY山さんのお友達、そして鶴ちゃんと私の4名で唐津湾へ繰り出しました。

キスは良型がほぼ入れ食いです。
鶴ちゃんは、マゴチを狙った泳がせ仕掛けもセットしています。

ところが、そのマゴチはなんと私の釣れたキスに飛びついてきたとです。
釣れたキスを巻き上げていると、根掛かりしたような重量感が・・・!
ハラハラしながらやり取りして、タモに収まったのは良型のマゴチでした。(初獲物)

25-5-22唐津湾キス

鶴ちゃんがおにぎりやから揚げ等を作ってくれて、釣れたてのキスの刺身も・・・!
もう最高にまいう~~~!

25-5-22唐津湾キス3

お昼過ぎに帰港です。
帰りはまむし温泉に立ち寄り、フィッシングKでHACさんにお裾分けして帰ってきました。

25-5-22唐津湾キス1

今週末はジャパンカップ宮之浦予選に参戦です。
クロ釣りの準備して、晩酌だぜ!!


大会案内はここをクリック

TEAM YAIBA福岡支部の懇親チヌ釣大会が開催されます。
この時期の大村湾のチヌ釣りは、二ケタ釣果も珍しくありません。
参加資格はTEAMYAIBAの会員もしくは入会希望者となっています。

参加申し込みよろしくお願いします。


今日は単独三平丸で浮瀬へ行ってきました。
目的はエギングでのミズイカ釣りと、クロ釣り少々って感じです。

午前5時過ぎに上礁し、すぐにエギング開始。
2投目で1パイ目をゲットしましたが、後が続かず・・・!

クロ釣りを始めましたが、スズメダイがわんさかいます。
これは宮之浦で開催されるジャパンカップ予選の練習にバッチリです。

遠投でコッパやスズメダイの中から28~30センチのクロを6枚ほど釣ることが出来ました。

午前11時頃、満潮時間なので浅場を狙ってエギをキャスト。
なんと3連荘でミズイカゲット。
その後はマキエも無くなり回収までお昼寝タイムでした。

ukise1.jpg

フィッシングKに立ち寄ると、Kスタッフがタイラバに行っていたらしく大漁で帰還。
写真はほんの一部です。
お裾分けを頂いて帰ってきました。

来週の水曜日はキス釣りの予定です。
キスの天ぷらも美味いですが、フライは更に絶品。
凪になって頂戴ね。
tairaba.jpg


5年ぶりにジャパンカップ磯の予選大会に参戦です。
今年はA(米水津)、D(宮之浦)大会の2会場にチャレンジです。
米水津での予選大会は初めての参加でしたが、今大会は159名もの参加者でした。

前日は南の強風、大会日の朝は大潮の満潮ということで、これだけの参加者を収容する磯があるのか?と思っていましたが、案の定、1便目が出港後渡礁は無理とのことで全船戻ってきました。(やっぱり)

結局3時間遅れの出港で、競技時間も4時間に短縮して開催されました。
事故もなく安全に大会は終えて、私の釣果も異常なしという、米水津の魚類保護、育成に貢献してまいりました。(涙)
こっちは、発泡酒と芋焼酎で節約してるのに、今回は気合入れてマキエに7000円以上も使ったのに・・・!(クロさんのいけず)

それにしても食わんやったです。
思いつくことすべてやりましたが、同礁者共々撃沈でした。
私達の船からは、40センチ級1尾を釣った方が勝ち上がりセミ進出の様でした。
「価値ある1尾」ほんとに名言ですね。

結果はご覧のとおりです。
キザクラフィールドスタッフの森さん、今年もやってます。
沖縄予選にも参戦し、昨年は牟岐大島まで単独で参加してセミ勝ち取りという熱血トーナメンター&のんべえです。(爆)
知り合いでは、冨松さん(ケンケンさん)もおめでとうございます。

みよちゃん、残念でした。
こんなところまでご主人の真似しなくても・・・(爆笑)

2013JPA-2.jpg

予選突破のむずかしさを痛感して帰ってきました。
宮之浦予選で頑張ろう!!

帰りは、米水津物産館のイワシの丸干し、城南のからあげ、別府湾SAのソフトクリームという定番コースで帰ってきました。

2013JPA-1.jpg
25-5-4黄島9

柴原さん率いるキザクラ軍団と、その仲間14名で黄島へクロ釣りです。
初日は撮影所にケンソーと上がりましたが、物凄い数のミニアジにマキエを食われるし潮も動かないのでテボ流しの水道に瀬変わりし、何とか10尾キープして翌日は黄島でもNO1の小美漁に、川島さんとケンソーと上がることが出来ました。
25-5-4黄島10

ここでは釣り始めてすぐに、型は小さめですが入れ食い状態となり、みんな次々にクロをヒットさせていきます。
25-5-4黄島8

25-5-4黄島7

25-5-4黄島6

25-5-4黄島5

途中、動画を撮影する余裕も出来て、黄島の強烈に引くクロ釣りを堪能する事が出来ました。
凪続きで潮も小さかったせいか場所ムラがかなりありましたが、これからが梅雨グレや石鯛のシーズン。
次回は石鯛釣りで行く予定です。
25-5-4黄島3
グレ郎丸君も大喜びでした。
25-5-4黄島2
105キロと150キロのマクガイヤー兄弟です。
25-5-4黄島1

動画をどうぞ!
グレ朗丸
GWもあと二日。
私は3.4日のみの休みでしたが、福江の黄島へ行ってまいりました。
帰宅は昨夜の深夜で、本日から通常通り仕事ですので、レポートは後程・・・!

まずはお知らせ
一部の間で、知る人ぞ知るボラ釣りの名手でボラ朗丸と愛称持つ彼ですが、今回の釣行はボラが寄ってきたものの、グレを爆釣させました。
今度から彼のことを「グレ朗丸」と呼んで下さい。
改名と同時にタバコ加えてヤンキー座りとグレてますが・・・(爆)

とても丁寧な言葉使いで真面目な彼ですが、今回はグレを〆まくっていました。(笑)
2013.05.01 酒宴

昨夜はデカマダイ料理をみんなで堪能しました。
鶴ちゃん営む「みなと屋」に集まっての酒宴です。

遠くは佐世保から、三平丸の拓ボン船長も駆けつけてきました。
ズミ盛君も黒鯛祭は急な仕事が入って参加できませんでしたが、金粉入りの泡盛持参での参加です。
かんぱい

鶴ちゃんのお店の料理はとても上品な味付けだし、趣向を凝らしているのでとても美味しいとです。
この写真以外にも、鯛シャブ、雑炊等も出てきてお腹いっぱいになってしまいました。
真鯛料理

マダイのあら炊きから、ハリを発見!
良くタモ入れまで耐えてくれましたね。ロッドが0.6号じゃなかったら完全に伸ばされてバラシてたかもしれません。ほんとラッキーでした。
はり

2次会は数名で中洲に行き、その後は超久しぶりの八ちゃんラーメンへ行きましたが、繁盛店だけにお客さんがいっぱいでしばらく待たされましたが、やっぱりとんこつラーメンの中で、私的にはNO1の美味さです。

釣り仲間とこうやって飲むのはとても楽しくて、ついつい飲みすぎてしまいますね。
翌日仕事の時はアルコールが残るといけないので、外に飲みに出ることは控えていますし、休み前日も釣りに行くことが多いので飲まないしで、軽い家飲みが日常化している昨今ですが、今度はイシダイを釣ってみんなで集まりたいと思います。

明日の夜から1泊2日で黄島釣行です。
イシダイ釣りを1日位やろうかなと思っていましたが、6月に企画しているので今回はクロ釣りで頑張ってきます。そいぎん!!

はっちゃん