2012.04.30 GW3日目

朝6時起床して、博多駅に向かい、兵庫県まで日帰り出張です。
新幹線みずほに乗り込んで、座席に座るとシートベルトを探していた自分がいました。
 
休みまで、あと2日間頑張ります。
 
天候はあまりよくありませんが、明後日は五島に決定です
5月20日発売の釣春秋、キザクラのPR取材です。
太いクロが、くっです
 
 
スポンサーサイト
2012.04.29 GW2日目
昨日からGWの連休に入った方も多いのでしょうね。

私は昨日も今日も明日も仕事です。
明日は兵庫県の西宮市まで早朝から日帰り出張です。

GW期間の休みは2日~4日までの3日間。
2日は宮之浦か五島です。
その夜は丸銀さんに宿泊して仲間と宴会。(これが楽しい)
3日は近場の岸壁からエギングです。
4日はたかっちの結婚披露宴に佐賀まで行ってきます。
なんだか慌ただしい日が続きます。

膝の調子も徐々に良くなってきてるので、ボチボチと運動再開です。
でも、走ったりすると違和感があるので、まずは膝周りの筋トレからでしょうか。

24-4-26大村湾5

SHIN君が会長を務める「チームくっです」の例会を大村湾で行いました。
チームくっですの入会条件は、SHIN君と一緒に釣行したら自動的(半強制的)に入会となります。

そのうち「くっです」シールが作られるみたいです。(同行した人は無理やり貼られます)

今回は、イスズミ、バリ、サンノジが大好物で、ハイサイおじさんこと片足ハンターのお弟子さんと、おなじみジャッキーチェンにクリソツのいっちゃんとくっです会長の4人です。

大村湾のことなら、いっちゃんにお任せです。

今日の絶好調男、片足ハンターのお弟子さんが一人で10枚近いメイタを食わせていました。

24-4-26大村湾6

SHIN君はこの日1番の良型チヌを、Dear Gを使った全層沈め釣りで仕留めました。

24-4-26大村湾4

私は合計3枚の釣果でしたが、小型ばかりで欲求不満です。

IMG_20120426_122328.jpg

24-4-26大村湾3

いっちゃんも2枚のチヌ様を仕留めてました。
2枚目はドラマがあったらしいのです。
そのドラマとは、いっちゃんのブログで紹介されるそうですのでお楽しみに・・・!
ただし、更新時期は未定です。
週2,3回の釣行回数を誇るいっちゃんなので、更新がたまっているそうです。

この写真を撮っている最中も、後ろでヒットさせていました。

24-4-26大村湾2

今日はハイサイおじさん大活躍!
今度、イスズミを釣ったら調理して栗坊に食べてもらうそうです。(マジ)
その模様は動画で撮りたいです。

24-4-26大村湾1

そんなこんなで全員安打で「チームくっです」の第1回例会が終了しました。
2012.04.25 飲み過ぎ

昨夜は多くの釣り仲間と、浦島太郎で盛り上がりました

今朝はお決まりの二日酔いとです

本当に釣り仲間は最高ですね!
釣り人はキャラが濃いですが、人情味溢れる人ばかりです。

明日は休みを取ってますので、チームくっですの仲間と大村湾に繰り出します
2012.04.22 読んでね。
釣春秋4月2
釣春秋4月1

今月発売号の「釣春秋」と「イカ人」に登場してますと・・・!
釣春秋はヤイバフィールドスタッフ実釣会のグラビアページと、特集ページ「チヌ釣りの奥の手」。
イカ人は沖磯エギングの魅力について執筆しております。

釣り雑誌を読むと頭に入ります。
ネットで情報を収集するよりも、雑誌を読むことはイメージ力や記憶力も格段にアップしますし、上達するにはかなりの近道だと思います。
だから、買って読んで下さい。

今、私たちがこうやって磯釣りを安全に楽しめるようになったのは、釣り雑誌社の方々のおかげであるし、色んな釣り場を開拓して、釣りに人生を捧げてくれている大先輩の方々が居られるからこそなのです。

釣りメーカーの磯釣り部門の縮小や撤退が最近では目立ってきています。
こんな楽しい遊びを奪われるようなことがあっては絶対にいけません。

その為にも、一人でも多くの釣り人が釣り場に足を運び、釣り人を増やす努力が必要なんです。

磯釣りをいつまでも楽しめるように・・・!


今朝起きたら風も治まり良い天気でした。
黒鯛祭が中止になったので仕事に行きましたが、50名ほどの売り上げがこの天気で没になった拓ボン船長の悲しみが痛いほど伝わってきます。

来年はリヴァーレ創立10周年です。
皆さんの協力の元、何か大きな花火を打ち上げますか?
それとも仲間内だけで祝いますか?


KIZAKURATVにちょこっとだけですが、54センチのクロを釣った時の映像がアップされています。
ここ数年出木杉君な私。

先日大分で行われたシマノジャパンカップ黒鯛全国大会は、悪天候で若干のルール変更があったようですが、優勝は小松選手、2位が藤原選手、3位が村岡選手だそうです。
広島勢は強いですね。

来年は九州に栄冠を・・・!
黒鯛祭り大会中止1



悪天候のため、22日に予定していた、黒鯛祭は中止となりました。
 
せっかく都合つけて下さった参加者の方々には大変申し訳ありません。
 
超荒れ模様のみたいなので、早めに決断させて頂きました。


メンズ

昨夜はツッチー課長の呼びかけで、福岡在住のヤイバフィールドスタッフが集まって企画会議を行いました。

色々な意見交換の中、誰もが気軽に参加できるイベント等を今後行って参ります。


写真はラーメンマンことアンドレ君。
麺が本当に大好きなようです。

一次会の居酒屋さんを出て向かった先はやっぱりラーメン屋さんでした。
この日は控えめに替え玉2杯でした。
2012.04.18 バッチリ

米水津でささめ針のPR取材でした
 
釣果はチヌもクロもデカイのが釣れました。
 
5月10日発売の釣りサーチに掲載されます
24JP黒鯛1

 たくさんの祝福を頂きましてありがとうございます。
今大会は絶好の釣り日和に恵まれましたが、本来この日はリヴァーレの黒鯛祭開催の日でした。ジャパンカップクロダイが延期になったので、黒鯛祭は22日にスライドとなったわけですが、なんだか22日の予報が怪しい感じです。
頼んますよ、高木ブー様!!

今大会は延期になった為に、参加者75名と定員をかなり割り込んでしまっていました。
よって、決勝戦に行けるのは3名となりました。

順位の取り方は、沖磯、湾内から上位各1名と沖磯と湾内の2位の重量が大きい方が3位という割り振りです。

私の抽選番号は24番で幸和丸(沖磯)となりました。
同船者12名の中には、HACさんやキザクラ、ヤイバのテスター仲間の原君もいます。
まずはこの中から1番にならないことには権利がありません。
私達が上礁したのは片島でしたが、事前情報によるとバリが多くてチヌは厳しいとのことでした。

24JP黒鯛4


1番目にHACさん達がタコ足へ上がり、原君達がワンド。
その次が私の番でしたが、今までに1度しか上礁したことがない三角となりました。
かなり不安な気持ちでしたが、競技開始まで1時間以上もあったので高い所から攻めるポイントをいくつか想定しながら、あらかじめセットしてきたディアジー00号の全層仕掛けを、黒魂スイッチ0.5号の半遊動仕掛けにやり直しました。

24JP黒鯛5

マキエはオキアミ2角半と、マルキューのチヌパワーダッシュ、チヌの道、チヌグルメ、ムギパワー白、ヌカ、押し麦1キロを準備しています。
ツケエは自家製加工オキアミとダンゴ、船丸L、くわせ練りエサ・チヌと半ボイルです。

釣り始めは足元の張り出し根の際からやりますが、チャリコやベラが釣れる程度です。
しばらくすると片島名物のバリがヒットするようになりました。
沖の中層~底層を攻めてみてもバリ。
足元もバリ。
さぁどうすればよいの?
仕掛けを全層沈めに変更してジワジワとタナを探っていっても、潮が一定しないし当ててくるので、再び半遊動に変更です。
ツケエをローテーションし、ダンゴエサを海水で柔らかくして装着しても無反応。
オキアミのムキミ等装着方法を変えても結果が出ません。

午前10時、場所交代の時間です。
ここまでは互いにノーヒットでしたが、交代後すぐに対戦者が1枚目のチヌを釣りました。
あいちゃ~~やられた~~~と思いましたが、今が地合いかもと私も集中して狙いますがそのうちバリも釣れなくなりました。
ツケエを触っても冷たい状態で上がってきます。

その後しばらくして、対戦者が再びチヌを取りこみました。
これは40センチ後半はある良型です。
困った・・・!

沈黙の時間が過ぎていきます。
このまま釣り負けてボーズで終わってしまうのか・・・!

残り1時間を切った時、状況は変わらないので気持ちは切れてしまいました。
せめて1尾でも釣りたかった・・・!
とは言え、仕掛けの打ち返しとマキエを撒く手は休めません。(しつこい)

残り30分になった時、ウキに微妙なアタリがあり、ツケエも盗られたり、かじられた様な後が残る様になってきました。
そこで、とあるツケエを小さく針に装着してウキが僅かにシモッた瞬間に合わせてみると、ギュイーンとロッドが弧を描きました。
よっしゃ、やったぜと思いましたが、悲しいかな正体はバリでした。
犯人はこいつだったのか・・・?
生体反応が無かった状況だったので、もう一度同じ釣り方で同ポイントを攻めてみました。
仕掛けが馴染んでしばらくすると、またまたウキが少しシモりました。
そのまま待ってみると、今度はジワジワと速度を増しながら入っていきます。
またバリかと思いながらも合わせると、ギャンとロッドがひん曲がります。
なかなか強烈な引きでロッドを叩くので、またバリかと思いましたが、横走りしないのでなんか本命っぽい感じです。
慎重に間合いを詰めて、やがて海面近くに浮いてきた時、ギラッと輝くその魚体は紛れもないチヌではないですか。
タモに入れて引き上げると、ズッシリとして40センチ後半はありそうな良型でした。

とりあえず、ボーズを免れて良かったと安堵する気持ちがありましたが、時計を見るとまだ20分ちょっと残されています。
ライブキーパーに急いで水を入れてチヌをキープし、再び仕掛けを投入するとまたまた同じパターンでチヌがヒットです。
なんとか2枚釣れて、対戦者と同じ匹数となりました。
まだ時間は残されています。
急いで仕掛けを入れて3枚目もゲット。

まだ時間はあります。
そして4枚目をゲットすることにも成功です。
残り時間5分となりました。
あと1匹でリミット達成です。
仕掛けが馴染んでしばらくすると、ウキが微妙なアタリを伝えてくれます。
心の中で「よしっ、いけっ、いけっ」と叫びながら、落ち着いて合わせのタイミングを見計らいます。
時計とウキを交互に見ながら、「来いよ、来いよ」とつぶやきますが、無情にもタイムアップとなってしまいました。

しかし、ラスト30分に4連ちゃんで良型チヌを仕留めることが出来て、我ながら神がかり的なシーンだと思いました。

ラスト30分前にふとしたひらめきを実行して、それが今回のヒットパターンに見事にハマって、逆転サヨナラ満塁ホームランって感じの結末でした。
こんな経験は私の釣り人生で初めてのことです。

そのひらめきとは?
私と会話した人達には全て披露しましたが、ここでは伏せておきましょう。
お祝いの宴に参加してくれた人達のお土産に・・・!

24JP黒鯛3


検量の結果、6500グラム台で3位入賞。
来年行われる全国大会に出場出来ます。

24JP黒鯛2


これからはもっとチヌ釣りに行って、引き出しを増やしていかないといけませんね。
その前に、秋のジャパンカップグレセミファイナル突破が今年の最大の課題ですが・・・!
鶴見の海神様、今後ともよろしくお願い致します。

某管理人にならなくて良かった。
合掌!

4月24日天神の浦島太郎で、お祝いの宴を仲間が開催してくれるそうです。
参加資格は私の自慢話を聞きたい方だそうです。
お申込みはフィッシングKのしんちゃん(092-832-5771)か浦島太郎(092-781-7387)18時以降にお電話で・・・!

【タックル】
ロッド:鱗海SP RB 0号5.3m
リール:BB-X テクニウムMg C3000DXG
道 糸:キザクラ黒魂フロートラインDX 1.5号
ハリス:ブラックストリーム 1.25号
ウ キ:キザクラ 黒魂スイッチ 0.5号
ハ リ:ささめ針 ヤイバ 軽量チヌ2号、グレスリム7号


やりましたバイ


※帰宅して片づけしてビール飲んだら眠くてたまりませんので、レポートはしばしお待ちを・・・!

今回は私の釣り人生最大のドラマが起きました。

明後日の夜から米水津のクロ釣りですので、明日更新できなければ今週末頃になります。
2012.04.15 片島の三角

競技開始まで、まだ1時間あります。
私達が乗った船は、片島一帯に瀬上がりしました。

私は三角は2回目の上礁となります。
果たしてチヌ様は微笑んでくれるのでしょうか?
2012.04.14 戦闘開始!
ゲン担ぎ

大事な大会の予選に挑む時、ゲン担ぎは欠かせません。
まずはかつ丼ですが、肩ロース(勝ったロース)を必ず揚げてもらいます。

そして、「バニラの実」でケーキ。(景気づけ)です。

あとは、勝負パンツ(赤)と仏様に手を合わせ、岡山神社の気の鈴を鳴らして2礼2拍手1礼。

これで勝負の儀式は終わりです。

なんとか仕事も峠を越したので、帰宅後にようやく戦闘モードに気持ちを切り替えることが出来そうです。

ゲン担ぎ1

夕飯前にオキアミとダンゴを急いで加工しました。
ハタ坊流特製ツケエの完成です。

チヌの群れがいてくれたら、高確率でデカいのが食ってきてくれると思います。

さぁ、風呂入って深夜出発です。

特製