五島よりも、デカバングレが大爆釣でした。
 
今から帰ります。
スポンサーサイト

おはよーござんす。
今日はヤイバ新製品の取材です。
 
間もなく夜明けです。
準備開始して頑張ります。
【第4試合目 対戦者:桑野選手】
懇親会ではアルコールは控えめにして、五島の海の幸を堪能して熟睡することが出来ましたが、外は北西の爆風が吹き荒れて凄いことになっています。
2日目も福江一帯の磯での試合です。
今日の2試合が運命の分かれ道です。
冷静に海との会話を心がけて対戦に挑むことにします。
 
優先権は対戦者にあり、本命ポイントの先端角部分に入られました。
私はワンド寄りのポイントからのスタートです。
開始後すぐに対戦者が足の裏クラスのキーパーをゲット。
私もすぐに同サイズを釣り、これは釣り合いになるのかなと思っていたら、その後はピタリとアタリが途絶えてしまいました。
これは五島で釣れない時の良くあるパターンなのです。
 
案の定、それからは仕掛けを遠投してゆっくりと探っていってもハマフエフキが連発してくる始末でクロが口を使ってくれません。
そのまま時間が過ぎていき、前半残り数分となった所で対戦者が30センチ程のクロをゲットしました。
 
場所交代後に期待が持てるぞと思っていたら、なんと状況が一変しています。
まったく居なかったエサ盗りが足元に湧いています。
これはクロの活性も上がったかもしれないと思い、足元にエサ盗り用のマキエをたっぷり撒いてから沖目を狙っていると、なんと沖には豆アジが湧いているではありませんか。
こんなことは想定内ってわけで、Lサイズのボイルを取り出してグレバリの7号に装着してトライです。
 
ところが、どこに仕掛けを投げてもすぐに豆アジがツケエを盗ってしまいます。
足元にも豆アジが湧いています。
しばらくマキエを撒くのを止めてみても、豆アジは消えてくれません。
対戦者の方はエサ盗りも居ないみたいで、キーパーサイズを1尾追加したようです。
そのまま状況変わらず試合終了です。
結果、私268グラム、桑野選手1,175グラムで2敗目を喫してしまいました。
どこの磯もエサ盗りに悩まされることが無かった今大会ですが、どうしてこの時だけ邪魔してくれるんだよ~~~~完敗!
 
【第5試合目 対戦者:梅屋選手】
せめて勝ち越しをと集中力を切らさずに最後の試合に挑みました。
開始5分も経たないうちに、対戦者はキーパーを2尾ゲット。
私はコッパを2匹リリース。
その後はツケエすら盗られません。
またまた最悪なパターンです。
後半はハリス1,2号に落として勝負に出ましたが、底まで探っていっても無反応です。
 
終了10分前に沖に潮目が出来たので狙ってみると、強烈なアタリを捕らえましたがすぐにラインブレイクでした。
引き方から多分マダイの様でした。
これにて終了です。
最初の5分間で決着がついていました。
結果:私0、梅屋選手1,449グラム。
 
今年もまた2勝3敗の負け越しです。
3年連続全国大会に出場できたことは凄く幸運で貴重なことだと思いますが、負けたらやっぱり悔しい気持しか残らないですよねぇ。
それに、九州各地の予選で惜しくも敗退していった選手、私を応援してくれた方々に申し訳ない気持でいっぱいです。
 
今回自分が犯したミスを除いては、釣り方や狙い方については自分的にとても納得しています。振り返ってみても、あの時こうしておれば・・・、あそこを狙っていたら・・・といった反省材料はあまりありません。
 
特にDear Gに関しては、今回の様なタフコンディション時においても、狙ったポイントを外さずに、しっかりと潮をつかんでくれたし小さなアタリも捕らえてくれました。
試合時間が前後半合わせて100分と短いだけに、仕掛け交換等を行うのは非常に勇気がいるものです。
それを行わなくて良かったはとても貴重でした。
それに、効率的な新たなる仕掛けも発見したし・・・!
決勝戦は2年ぶりに平和選手の釣りを見ることが出来ましたが、基本動作にまったく無駄がなく、ますますパワーアップしていました。
上位入賞者の年間釣行回数は恐らく100~200日程度。
私はせいぜい40回程度。
技術で勝ることは不可能なので、運と潮を味方につけるしか勝ち目はありませんが、また来年もこのステージに行ける様「一釣懸命」に頑張ります。     
おわり。
 
ハタ坊


【3試合目 対戦者:友松選手】
 
友松選手はジャパンカップチャンピオン経験者でもり、全国区のトップトーナメンターとして有名ですよね。
果たしてどんな試合になるのでしょうか?
審判には橋本名人が付いてくれました。
 
私達が上礁した左側には他の組が上がったので、優先権がある私は左側の釣り座に入り、本命ポイントと思われる右側を後半に攻めるようにしました。
釣り始めると左手前に潮が当たってきます。
フグ系のエサ盗りが居るのでしょう、1投目はハリが盗られました。
先打ちマキエを多めに撒いて沖目を狙いますが、開始15分程経過してもクロの反応がありません。
対戦者も遠投で狙っているようですがまだクロはヒットしていません。
しばらくすると、潮が左流れになり幾分釣り易くなってきました。
風も一層強くなってきたので、ハリスにガン玉6号を打って狙うと、竿1本程のタナでようやくクロがヒットしました。
これはかなりの重量感です。
ハリスは1,5号ですが、極翔がしっかりと引きを吸収してくれてバラすこともなく、タモに納まったのは50センチ程のビッグなクチブトでした。
 
それからは、同じ攻め方で30~40センチクラスがコンスタントにヒットしてきます。
一方、対戦者のポイントは風がモロに横から吹き付けて釣り難そうです。
前半は、私が7.8枚程キープし、対戦者が1枚のキープで場所交代となりました。
ここから対戦者の怒涛の反撃が始まるのかとハラハラしていましたが、後で聞くとパターンを見つけるのに時間が掛かったとのことで、開始15分位から竿が曲がり始めました。
 
私の釣り座は強風で仕掛けが上潮に流されるので、出来るだけ仕掛けに抵抗を与えないように糸フケを多めに出してマキエの沈んでいく方向に仕掛けが流れるように意識していると、なんとか4,5枚の良型クロを追加することが出来ました。
対戦者も残り20分を切った位から、良型が入れ食い状態です。
 
さすが予備的な釣り場とはいえ、ここは五島の福江島です。
夕マズメの怒涛の良型ラッシュは凄かった。
 
結果は私が8,320グラム、友松選手が6,232グラム。
なんとか初日は2勝1敗で2日目に望みを繋ぐことが出来ました。
 
これって波に乗るパターンかもと思ったのですが、そうは問屋が降ろしません。
2日目は完全に運からも見離されてしまいました。
つづく・・・!
 
 
誕生プレゼント

今日は嫁さんの誕生日です。

ここ数年は特にプレゼントもしませんでしたが、今日は会社帰りに花屋さんに寄ってみました。

どれにしようか迷いながらも、これが良いかなと・・・!

帰宅して嫁に渡すと、それはそれは大変喜んでくれました。

マキエは家庭にも大事とです。

明日明後日は久しぶりの好天気みたいですね。
これが先週だったら良かったのに・・・!

釣行される方の好釣果をお祈り申し上げます。

ようやくDear Gの出荷が始まったみたいです。
まだまだご注文頂いている分の一部だそうですが、手にされた方の爆釣を期待しています。

※テンプレートの表示に不具合が生じていて、記事がひとつ削除されてしまいました。
コメント頂いた延岡のキザクラファンさん、クロコさん、消えてしまって申し訳ございません。
決してわざとではありませんので・・・!
【2試合目 対戦者:小比賀選手】
今度の磯は大きなウネリがドドーンと磯に這い上がっており、足場も悪くて私は怖くて怖くて・・・!
 
コンタクトをして偏光グラスを掛けると距離感が変わるので、海面から足場まで一層高く感じて余計怖くてたまりません。
目が悪いとホント不自由で、ガン玉の割れ目を探すのも大変です。
 
釣り座優先権を持つ私は、先端部分の岩に残っていたマキエが渇いている所を釣り座としました。
開始後すぐにキーパーサイズを2枚ゲットしましたが、なかなか後が続きません。
風も強く足場も悪いので、立っているも辛くて穂先にラインが絡んだりとイライラしてきます。
そんな時、強風で大事な湯川杓を海に飛ばされてしまいガックリ。
予備の杓を手にして釣り始めるも、今度は予想外の大ウネリが来てマキエバッカン全てを波に持って行かれてしまいました。   
終わった・・・!
 
どうして、こんな大事な時に限ってアクシデントに襲われるのだろう?
ここまで一生懸命に上がってきたのに・・・!
こんな結末って有り?もう泣きたくなってきました。
もうトーナメントとか出るの辞めようとこの時は本気で思いました。
まだ開始から15分しか経っていません。
 
どうしよう?
とりあえず、少しばかりの予備の配合エサとツケエ用のオキアミを背後に準備していたので、水汲みバケツにそれを混ぜ合せてチビチビマキエで釣り再開です。
しかしクロを追加することが出来ずに場所交代となりました。
対戦者も2,3尾程キープしているようなので引き離されるのは時間の問題でしょう。
 
後半20分を過ぎた頃、対戦者は良型のクロをタモ入れしました。
この時はさすがに敗戦を覚悟しましたが、もう少し深ダナを探ってみようと何故かひらめいたので、ウキストッパーの下にG6を打ち、ハリ上40センチ辺りにG7を打ってみました。すると、その仕掛けにキーパーサイズのクロが食ってきたのです。
しかし後が続きません。
仕掛けが入り過ぎるとハマフエフキがヒットしてきます。
そこで、もっと沖へ遠投して入れ込んで行くと、これに40センチ近いクロがヒットしてくれたのです。
その後は互いに追加できないままタイムアップです。
結果は私が2,578グラム、小比賀選手1,817グラムとなり、まさに地獄から這い上がった気分でした。
 
 
今回のジャパンカップは開催を危ぶまれる程の大荒れの天気でしたが、流石に懐が深い五島列島。開催場所を福江に変更して無事に終了することが出来ました。
初日は多くの選手が数、型とも揃えてジャパンカップ史上、最高釣果を叩きだしたとのことでした。

それでは、負け越した私の対戦レポートですが、振り返れば反省点も多く、ここに記していくことでみなさんの参考になればと思い、気持ちは重いですが数回に分けてアップしていこうと思います。

対戦場所、重量等結果はすでにシマノホームページにアップされていますので、そちらを参照下さい。

【1試合目 対戦者:近藤選手】
過去2大会いずれも1試合目に悔しい負け方をしていたので、今回は力いっぱい集中して挑むことにしました。

背後からの強風に海に落ちそうになる状況の中、ここでは1投目から25~30センチクラスのクロがヒットしてきて、まさに1投1尾の釣り合戦となりました。
私はDear Gの00号を完全フカセとし、マキエの先打ち、後打ち等とタイミングをズラしながらサイズアップを図る釣り方で、オナガの25~28センチが数釣れる中、35センチクラスのクチブトを数枚追加して場所交代となりました。
この時点では、多分私がリードしていたと思います。

交代後も浅ダナでは25センチ級のキーパサイズが湧いている状況です。
このサイズに照準を絞るべきか、それとも少し下の層を狙ってサイズアップを狙うべきか迷います。
対戦者はアタリウキを付けて、浅ダナのキーパーサイズの数釣り勝負でハイペースでキーパーサイズを釣りあげています。
時折タモ入れサイズも交じっているようなので、かなり追い上げられた様でした。

私もコンスタントにキープしていき、終了5分前に良いサイズのクロが来ましたが、あまりに数釣れる状況なのでやり取りも雑になって、足元まで寄せて強引に引き寄せようとしたところで、ハリスが瀬に触れてしまいバラシてしまいました。
この時はまだ私が勝っているだろうと気にしていませんでしたが、後で大きく後悔することに・・・!
そして、終了のホイッスルの少し前に再度私にタモ入れサイズが釣れて1試合目を終えて、検量の為帰港しました。

対戦者は私の予想以上に釣っておられました。(11,637グラム)
そして私は10,830グラムとコールされました。その差807グラムで敗退です。

ところが・・・活かしバッカンに入れていた水くみバケツの中に1尾隠れていたのです。
慌てて出そうとしましたが、コールされた後なので無効です。
サイズ的には25センチクラスだったので、300グラム弱って所でしょう。
それでも500グラム程負けています。
こうなると、終了5分前にバラしたクロが悔やまれます。
日頃は絶対にこの様なミスはしないのに、なんでこんな大事な時に?????
犬のうんこ踏んずけた心境になってしまいました。
これもプレッシャーと言うものなのでしょうか?
かなりショックでしたが、気持ちを切り替えて第2試合目に挑むことにします。
2試合目もとんでもないハプニング&ドラマが待っていました。

今大会は下記のような仕掛けを基本としました。
ウキはこの1個を全試合使用。
変更したのはハリスの号数と、ガン玉の打ち分けのみで十分通用しました。
タフコンディションでも問題なく使えるウキとなっています。

仕掛け図1


入賞者

検量風景

seiwa.jpg

小里名人

チャンプ平和名人

毎年日本各地で行われるシマノジャパンカップ磯の予選大会は、2000名を超えるグレ釣り師が頂点を目指して参加しています。
その中からセミファイナルを経てファイナルに参加できるのは24名というとても狭き門となっています。

ファイナリストになれば渡船代やエサは勿論のこと、会場までの交通費、宿泊費、食事、背中にはファイナリストと名前入りのリミテッドプロのライジャケその他記念品等が支給され、色んな面において選手が試合に集中出来るように、シマノスタッフの方々が全面的にサポートしてくれます。
そんな素晴らしい舞台に行けるだけでも幸せだし、スタッフの方々には感謝の気持でいっぱいです。

おまけに日本各地の名手が集まるわけですから勉強にもなるし、決勝戦ともなればハイレベルな釣技を目の前で見ることが出来るので、自分にとってそれは最高のご褒美と思っています。

でも、やっぱり負けると悔しいですよね。
初日はなんとか勝ち越しましたが、肝心の2日目に連敗して今年も2勝3敗の負け越しで、正直かなり凹んでいます。
まだまだ、技量が足りない証拠なのでしょう。
釣りは自然相手で勝敗は運的要素も強いとは思いますが、そこで言い訳を考えてもプラスにはならないので、これからひとつひとつ宿題をこなしていくことにします。
今年はマルキューGCグレファイナルにも参加することが出来て、とても良い勉強も出来たし、今年の私は今までよりも更に経験値がアップして、スライムからメタルスライムへと進化したと思います。

来年こそはきっと・・・!
とりあえず、祝勝会にグランドホテルを予約してたのでキャンセルしなきゃ!!(嘘爆)

大会の詳細レポートは、シマノホームページに後日アップされると思いますので、そちらをご覧下さい。

※初日の懇親会では、シマノインストラクターで石鯛釣りの橋本名人が、この日の為にワンチャンスを狙って仕留めてこられた、5キロ超の石鯛を姿造りで差し入れてくれました。狙って釣ってこられることも凄いですが、脂が乗って最高にマイウ~でした。

こんな夢舞台を一緒に目指したい方は、どうぞリヴァーレへ!!
応援コメントを頂いた、HACさん、延岡のキザクラファンさん、マルさん、かまちゃん、おまつさん、キタさん、それに携帯へ応援メールを頂いたリヴァーレの仲間のみなさん、ありがとうございました。

皆さんの気持に少しでも応えたくて、一釣懸命頑張りましたが・・・!

初日は3試合計20キロほど釣って、体中痛くてたまりませんでした。
2日目は一転して、殆ど釣れません。
なかなか釣りは思った通りにはいきません。(涙)

心身共々疲れ果てました。

今日から3日間会社休んだので、頑張って仕事します。
でも、明後日は宮ノ浦に行きますけど・・・!

大会レポートはそのうち!!

写真は殆どありませんのであしからず・・・!

しばらくは釣りを楽しみたいと思います。


優勝は平和選手、準優勝は友松選手、3位藤原選手
2011.11.20 決勝戦は?

平和vs友松です。
おいドンは、負け越しでごわす。
2011.11.19 順位表

2勝1敗で、明日に望みを託します。

少しでも良い成績が残せるように。