泡盛
最近は泡盛にシークァーサーを入れた水割りがマイブームです。
かなりマイウ~です。

私の会社では、出勤前と出勤後にアルコールチェッカーが義務付けられています。
もし、出社後に反応が少しでも出ようものなら謹慎処分もしくはクビになってしまいます。
軽い酒気帯び程度でも絶対に許されないのは当然の事ですが、ここまで厳しくなると翌日が仕事の時には怖くて外に飲みに行くことが出来なくなります。

休前日は釣りに行くことが多いので、外に飲みに出る機会は殆ど無くなり、もっぱら家呑みとなってしまいます。

でも、来週の休みは釣りの予定が無いのでプチ飲み会を薬院の宝雲亭さんで行います。
一応名目は、ジャパンカップ米水津予選参加者の祝勝会OR残念会と私のマルキューグレ決勝とジャパンカップセミの壮行会ですが、企画、参加者募集、会場予約まで私がやっています。(爆)

明日は月末ですね。
上半期は仕事も順調でしたが、果たして下半期はどうなることでしょう?
釣りばっかり行ってと思われるでしょうが、仕事あっての釣りなので一生懸命に頑張っているとです。

秋を感じさせるキンモクセイの香りは良いですね。
スポンサーサイト
9-28ホゲ00

秋磯シーズン第1発目の五島釣行でした。
時期的にも五島へクロ釣りに行く人が少なくて、キャプテン久幸君もどこに行こうか思案の末、ホゲ島の高台で様子をみてみることにしました。

9-28ホゲ2

エサ盗りは良型のカワハギ位で、イサキがポツポツとヒットして来ますがクロの反応が全くありません。
潮色も悪くて、魚の活性が非常に低い状況みたいです。

最初はDear Gの0シブで上層から竿1本ちょとまでを探っていましたが、バランサーを足してもっと深いタナを狙うことにすると、竿2本ほど入った所でようやく35センチ程のクロをゲットすることが出来ました。

その後はカワハギやイサキを追加しながらも、この日最大となる45センチ弱のクロもゲットすることが出来て、深ダナ攻略にも威力を発揮してくれました。

9-28ホゲ1

その後もクロの活性は低いながらも、イサキがコンスタントにアタってきてキザクラの従業員の方々のお土産はいっぱい釣れました。

午後2時回収。

前回の大村湾に引き続いて短時間での取材終了なんてなかなかありませんが、これもDear Gのお陰でしょう。


9-28ホゲ3

いよいよ五島の青物やクロが私達を楽しませてくれるシーズンになりましたね。

この日の取材内容は、10月20日頃発売の釣春秋グラビアページをご覧下さい。

【タックル】
ロッド:ファイアブラッドクォーターマスター
リール:BB-X テクニウムMg C3000DXG
道 糸:アクアダインBB-X1.75号
ハリス:ハイパーガイヤ1.7号
ウ キ:キザクラ Dear G 0シブ(バランサーで調整)
ハ リ:ささめ針 ヤイバグレスリム5~7号
【マキエ】
オキアミ生4角
V9、遠投フカセTR
【ツケエ】
オキアミ生、くわせオキアミスーパーハードM


明日は五島

今晩から釣春秋12月号(10月20日発売)の取材で五島です。
前回のDear GのPRはチヌ釣りでしたが、今回はクロです。

五島とはいえクロ釣りには時期早々ですが、良型クロを仕留める為に頑張ってきます。

昨夜は午後10時には就寝!
今朝は通常より早く仕事の予定が入っていたので、午前6時に起床してコメントを返信して出勤でした。
さすがに今日は足腰が痛くて辛かったです。

9-25マルキュー1

9-25マルキュー4

セミファイナルは予選を勝ち上がってきた47名の参加者で行われました。
1回戦は2名対戦(1ヶ所だけ3名対戦の2人勝ち上がり)です。
その対戦に勝ち上がった24名が3名1組で代表決定戦を行い、各パートから勝者1名が決勝大会に進めます。
既定サイズは23センチ以上のグレ9匹までの総重量です。

私のゼッケン番号は30番。
対戦者は釣春秋にも投稿している長崎の丸本君でした。

釣り場は志々岐崎2のハエのハナレです。
初めて上礁する磯でしたが、満潮前で足元がバシャバシャ洗われていましたが、ベタナギなので無事にやり過ごすことが出来ました。
ばってんが、低い磯は好かんバイ!!

朝マズメに上げ潮ということもあり、1投目で25センチオーバーのクロをキープし、23センチクラスはコンスタントに釣れますが、なかなかサイズアップすることが出来ません。
そこで、大バリムキミ2個掛け釣法で狙っていると、27~30センチ程の良型を数枚ゲットすることが出来て、結果は互いに9匹のリミットを揃えましたが、400グラム程私が上回っていました。

9-25マルキュー3

2試合目の代表決定戦は3のハエを使いました。
ここではマキエの調整が硬すぎて、杓離れが悪くて狙ったポイントへ思ったように投入できません。
海水で再調整すれば良いのですが、水を入れすぎて軟らかくなりすぎると最悪だし、久しぶりのトーナメントなので時間を無駄にしたくない気持が先行してしまい、反省材料のひとつとなりました。

上層にはコッパグロがパシャパシャと波紋を作っています。
潮も行ってないので狙いどころも定まらず、同じポイントを攻め続けるとコッパばかりになるので、投入ポイントを数投毎に変え、良型が浮いてくるタイミングを見計らいながら攻めていると、23センチ前後のレギュラーサイズの中から、28センチクラス数枚を仕留めることが出来て、8枚のキーパーでしたが9枚揃えていた人に300グラム程上回ることが出来て、決勝大会の切符を手にすることが出来ました。

9-25マルキュー2

今回使用したウキは、Dear G(0シブ)1個だけでした。
私の場合は、仕掛け交換等結構マメに手を入れることが多かったのですが、このウキを使用するようになって、よほどのタフコンディション時や深ダナをダイレクトに攻める様な状況以外では、仕掛け交換することが無くなりました。
トーナメント中に仕掛け交換するのはとても勇気がいるものです。
普段の釣りにおいても、時合いを仕掛け交換等で逃したくありませんよね。
本当に良いウキに仕上がったと思います。

10月9日のモニタリング実釣会もまだ空きがあるようですので、是非参加してこのウキを使った感想をお聞かせ下さい。

次はジャパンカップセミファイナルです。
頑張りますよ~~~~!
応援よろしくお願いします。

2011.09.25 伊万里梨
伊万里梨

マルキューカップの更新、コメントへの返信はしばしお待ち下さい。

午後7時に帰宅して、後片付けが終わって晩酌するともうヘトヘトです。
久しぶりにトーナメント戦を6時間もやったので本当に疲れました。

明後日、火曜日の深夜出発して、再び宮ノ浦から五島へクロ釣り取材の予定です。

帰宅途中、伊万里梨を買ってきましたがジューシーでまいう~です。

さて、風呂入って寝ます。
2011.09.25 決勝進出

マルキューゴールデンカップセミファイナルで勝ち抜けました。
決勝大会進出です。


シマノジャパンカップ磯セミファイナルのガイドブックが送られてきました。
今年は1試合が2時間(1時間ハーフ)と短縮されているようですね。

九州予選大会は、10月1.2日の米水津2大会で終了です。
リヴァーレメンバーも多数参加するようなので、是非勝ち抜いて一緒に行きましょう。

多くの人達が目標としているセミファイナルは勿論、ファイナルステージに進むことはとても狭き門です。

何とか今年も勝ち抜いて、ファイナルステージの大宝へ行きたい・・・!

その前に、今晩から宮ノ浦のマルキューゴールデンカップセミファイナルへ行ってきます。
宮ノ浦の状況も分からないし、練習釣行も出来ないままでしたが何とかなるでしょう。

じゃぱねっとさんがプライベート釣行で同行してくれるので、往復300キロの道程を一人旅しなくて良かった。

それじゃ、頑張って行って来ます。(まずは仕事に)

土日祭日が休みの人が羨ましい今日この頃です。
 
今朝からブログがきちんと表示されません。
なんでやろ?
 
会社の冷蔵庫にマイペットボトルを置いているのですが、断りもなく誰かが勝手に飲んでいるので、キャップに毒と書いていても、効果がありません。
頭にきたので、おしっこて書いてみました。
 
今のところ、無事の様です。
-以下キザクラのおまつさんよりのご案内です-
(キザクラ掲示板より転載)


来月発売予定の「Dear G -親愛なるグレ達へ-」
発売に先立ち興味のある方に使って頂こうか・・・なと。

10月9日(日)に
Dear G のプロデューサー 波多江さんをお招きして
モニタリング実釣会を開催したいと思います。
定員は10名程度です(そんなにたくさんウキが準備できないから・・)
集合場所は呼子・名護屋港 (時間は追ってお知らせします)
マリンペガサスにて、加唐・松島へ・・・

参加者には
Dear G を当日お渡しします。
波多江さんの説明を聞いて実際に使って頂いて
帰港後に使った感想を簡単にレポートして頂ける方に限ります。

興味のある方
参加希望の方
ご質問のある方は
info@kz-kizakura.com までご連絡下さい。

まだ誰も使ってないウキを使えるチャンスです。
希望者多数の場合は先着順となります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日はとても涼しい風が吹いていました。
いよいよ秋磯開幕ですね。

磯釣りの予定が早くもドンドン詰まってきました。
今シーズンはどんなドラマが待っていてくれるのでしょう?
とても楽しみですね。

9月25日はマルキューゴールデンカップグレのセミファイナル
10月22日はジャパンカップ磯セミファイナルという大事な大会も控えております。

きっと、Dear Gが私に笑顔をもたらしてくれると信じて頑張ります。
Dear g1
釣春秋11月号が店頭に並んでいましたので、ようやくここでもお披露目です。
私プロデュースのウキ「ディア ジー」です。(発売はもう少し待って下さい)

写真はプロトタイプなので、カラーリングは若干異なりますが、形状とネーミングは決まりです。
重量は10グラム前後(号数で異なる)となっています。

ウキを浮かせた状態で狙う全層釣法や半遊動仕掛けにおいても、ウキが明確にアタリを知らせてくれるので、ウキでアタリを取るのが好きな方にもバッチリ。

全層沈め釣りでは、仕掛けが馴染んでジワジワとゆっくりウキが沈んでいってくれるので、狭い層でしかクロがエサを拾ってくれない様な食い渋り時においても、クロのタナでツケエが漂う時間が長く演出できます。

中・遠投距離を、上層~竿1本半位までのタナを狙うのに最も適しているこのウキは、梅雨~初冬のクロ釣りに抜群の威力を発揮してくれる為、トーナメントシーンにも活躍してくれるウキに仕上がりました。

A・M・R(アーマー)製法の特徴を生かし、浮力もバラつきなく、号数通りのシビアなものになってます。

ビギナー~上級者まで非常に使いやすいと思います。

また、キザクラのニューグローブも、軟らかくて手にピッタリとフィットしてくれ気持良い感触です。
こちらもオススメです。



沖縄付近で停滞している台風は、来週に掛けて九州にやってきそうな予報ですね。

これじゃ来週の水曜日に予定している宮ノ浦は無理。
25日のマルキューセミファイナルも微妙な感じになってきましたねぇ!

沖縄はたまったもんじゃないですね。
かなりの長時間に渡って大荒れじゃないですか・・・!

ここ数年自然災害は、度を越していますよね。
このままじゃ日本沈没ですバイ。

あげ足ばっかりとって、子供のけんかみたいなことばっかりやってる政治に神様が怒ってるのかな?
小佐々_20100914_020
じゃじゃ~ん!
今回の釣果(4人分)ですが、51センチ2匹、50センチ1匹、38~47センチ4匹でした。
渡船を使用しない、何の変哲も無い波止(護岸)でこれだけ釣れたら爆釣ですよね。

小佐々_20100914_011

私の釣り座は浅くて遠投しても竿1本足らずの水深での竿出しでした。
ウキは勿論、ニューフロートのプロトタイプです。
釣り始めて3投目でラインがスッーと走って、47センチのチヌをゲットです。
ここのチヌは水深が浅いのも手伝ってとてもパワフルです。(楽しい)

小佐々_20100914_002

その後、すぐにテトラで釣っていたツルマさんが、45センチ級2枚を連続ゲットした後に51センチの大型を仕留めました。
なんかここってデカバンチヌの宝庫ですね。
他の釣り人は誰もいないし・・・!

小佐々_20100914_008

しばらくして私にもヒットです。
これはめっちゃ重量感があり、引きも強いです。
タモに納めたのは51センチのチヌで、今シーズン最後のチヌ釣りを良いサイズで締めくくることが出来ました。
その後小メイタを追加。

小佐々_20100914_009

小佐々_20100914_012

日も完全に昇り、まったりタイムがしばらく続いてましたが、「なんかさっきからアタリがあっです。バッテンなかなか乗ってこんです。」と言っていたSHIN君が大当たりを捕らえました。

これも50センチの良型です。
「おぉバビッタですよ」と意味不明の言葉で叫んでいました。

小佐々_20100914_013

こうなると、焦るのはいっちゃん。
いっちゃんは、自分の釣りより人がヒットさせている時に写真を撮って回るので、チャンスタイムには竿じゃなくカメラを握っているのです。

そんないっちゃんも、粘りに粘ってようやくヒットです。

小佐々_20100914_003

サイズはちょっと小ぶりですが、昼前の釣れない時間帯でのヒットはさすがです。
これで全員安打!
この釣り場って凄いですよねぇ!

正午納竿。

小佐々_20100914_014

こんな釣り場に案内してくれた、いっちゃんに感謝です。
今シーズンのチヌ釣りは終了です。
また来年ののっこみ時期によろしくお願いします。