23-2-23-03.jpg
タイトル「帰港中」のスレッドを消したら、きちんと表示されるようになりました。
コメントを頂いた、Y・Nさん、えっち朗君、N村Aさん消えてしまい申し訳ございませんでした。

そんなわけで再レポートですが、釣れなかったので内容的には薄いのでご勘弁を!!

23-2-23-01.jpg

2月23日、午前5時出港の玄海になんと26名も乗船。
クロは名島の乗瀬や金城等が好調とのことですが、私は上イズミの東側に一人で上礁しました。
西側に3名降りていますが、東側は私一人で貸切です。

23-2-23-04.jpg

まずは船付けで竿出ししましたが、フグの猛攻でどうしようもありません。
そこで北向きに移動すると、良型のイサキが連荘でアタッてきますがクロはヒットしてくれません。
お土産的にはウマズラやイサキは最高なのですが・・・!

下げ潮に入ると水温が下がったようで、イサキのアタリも無くなりました。
釣り座を何箇所も移動したり、仕掛けも全層釣法で狙ったり、2B~1号の半遊動仕掛けで沖の深ダナを攻めてみましたが、全く反応がありません。

クロ狙いは諦めて、潮目の深ダナでマダイを狙うと2度の大当たりが来ましたが、なんと1.8号道糸がパツンと簡単に切れてしまいます。
ほとんど魚も掛けてないし、新品を巻いてきたばかりなのに何でやねん???

回収1時間前に、竿2本以上のタナでシブシブのアタリでヒットしてきたのは足の裏サイズの尾長でした。
触ってみると、冷蔵庫から取り出したばかりのような冷たさです。
後で船長から聞いたのですが、水温は12度台とのことでした。
さすがにクロを釣るには厳しい水温です。

23-2-23-02.jpg

これにて今期の寒グロ釣りは終了です。
3月からはチヌ釣りモードに突入です。

スポンサーサイト
2011.02.25 不調
昨日からブログの表示がおかしいとです。
「帰港中」の記事のコメントが表示されません。
きっと闇の世界の巨大な組織の仕業でしょう。

どうしたら良いのか分からないのでどうしようもありません。
このままの状態が続けば引越しですね。

それにしてもこのブログも長く続いています。
それもこれも皆様がいつも覗いてくれるからです。
本当にありがとうございます。
飽きっぽい私ですが、釣りとブログと家庭だけは長続きしています。(笑)


今度の日曜日はリヴァーレのクロ釣り王者の予選大会が五島で開催!
私はどうしても仕事の調整がつかないので行けません。

3月一杯は仕事も忙しいので、ゆっくり休む暇はなさそうです。
唯一の定休日は釣りに行ってその他の日は仕事。
釣行翌日ゆっくり寝て、温泉にでも行って癒したいですね。
2011.02.23 うまかバイ!
イサキたい!

釣り場が近いと良いですねぇ!
午後4時回収でしたが、午後9時前には片付けと入浴も終えて晩酌です。

イサキを焼き切りにして、たっぷりの生姜とネギで食べたら最高にまいう~です。
この時期なのに、イサキは脂が乗って良い感じ!!

ウマズラは勿論、肝和えです。
我家は醤油じゃなくてポン酢で食します。
玄海

2月は2日に行った米水津のみで、明日は超久しぶりの釣りです。
本当は日曜日のリヴァーレクロ釣り王者五島予選を寒グロラスト釣行にする予定だったのですが、例年2月は仕事もラストスパートをかけないといけないし、年度末を向かえて忙しい日々が続いておりあえなく断念です。

そんなわけで、明日はベタナギの予報だし単独なので壱岐に決定。

寒グロ釣りを満喫できれば最高です。!!
2011.02.20 チヌ針!
チヌ針

チヌ針については9種類を持参しています。
針の号数はグレ釣りの様に小針を使うことは少なく、色んなサイズは不要なので結果的に半分の9種類となっています。

軸の太さについては、グレ針同様に細軸で違和感を与えにくい物を使っています。
特に底付近や底を這わせて釣るような時には、底潮の動きの変化等でツケエが動くことで誘い効果を期待している為、軽量チヌの2号を基本に使用しています。
細軸の欠点は針が伸びてしまうことですが、この針は強度も刺さり具合も優れているので、安心して使用することが出来ます。

これからの乗っこみ時期、私が良く通う佐世保沖磯のガニ瀬や片島一帯の釣り場は、上層から中層の流れの中で食ってくるケースが多いものです。
そのような時には、中軸のヤイバチヌや閃刀チヌを多用しています。
ツケエに練り餌を使用する場合は、フトコロが広めの閃刀チヌはおススメです。

フカセ釣りはほんの些細なことに気付き、対処することで釣果に違いが生じてくるものです。
何が正解で何が不正解なのかという答えが無いし、自分の考えが正しいとも断言できません。
本当に奥が深くて魅力溢れる遊びだと思います。

※3月9日に予定されている三平丸のチヌ釣り講習会においては、以下の様なことを説明しようかなと思っています。
①上礁後、同礁者よりも先に釣る方法!
②朝一の狙い目!
③練り餌を使用した全層釣法!
④乗っこみ最盛期に効果抜群のツケエ!
その他のご質問にも、包み隠さず何でもお答えさせて頂きます。
平日で休めない方もこの日は病欠ということで、是非ご参加下さい。
2011.02.17 グレ針!
グレバリ

私がフカセ釣りのアイテムで一番拘るのがハリと道糸です。
道糸は色んな種類を使ってみましたが、これだ!と納得いく物とは未だに出会うことが出来ません。
視認性や水切れが良く、巻きグセが少なく適度に張りがあり、スプール馴染みが良くて・・・プツッと切れない!無理か?!

ハリについては、YAIBA-Xシリーズを使用していますが、グレ針だけでも種類が豊富なだけに、自分なりに選別していく必要が出てきます。

私の場合、離島は五島がほとんどで、それ以外は平戸や大分県南がメーンフィールドとなるので、30~50センチ位までのクロを想定している為に、それに合わせたハリを写真の様に持参しています。
速潮や尾長が出るような場所では、軸が太めのサイト尾長ミドルを使用しますが、軸太の針は食いが悪い様な気がするので、殆ど使うことがありません。
基本的には、送り呑ませやグレスリムをメインに、食い渋り時には軸細の閃烈グレライトや渋グレを使用しています。

寒グロの時期は、深ダナ狙いでも軸太ハリは使用せず、ハリ上20~50センチ位の所にガン玉を打つことでカバーしています。
釣れない時には、ハリをサイズダウンしたり、種類を変えるだけでも効果が現われるものです。
釣り場によっても、大分県南等、クロが上下の動きをあまりしない所では渋グレの様な形状が食い込みが良いのですが、西九州ではすっぽ抜けたりするので、やや軸が長めの送り呑ませや閃烈グレの方が掛かりが良い様に思います。

ハリのローテーションは感覚的な部分も多々あるので、色んな状況下で使い分けてみて、効果の違いを実感することが大事ですね。

次回はチヌ針編です。


昨夜は中洲の鷹勝でふぐ料理をたらふくご馳走になり、その後はいい匂いを嗅いできました。(爆)
そんなわけで、今日はゆっくり起床して洗車してワックスを掛けました。
午後からはスポーツクラブでトレーニングです。

この車も14年選手やったかな?
もうかなりボロボロですが、この車は釣りは勿論、仕事でも大変活躍してくれているので買い換える気持になれないんですよね。買うお金も無いし・・・!
でも寿命が近いしどうしよう?悩むとです。

さて、今から再び天神まで出て呑み事です。
今日は水炊き長野を予約しています。
その後の中洲はあるのだろうか?(ちょっと期待)

黒鯛祭の一般参加募集告知も、誰も申込みがありませんね。
この大会は面白企画もあり、豪華賞品もありで楽しい大会なのに・・・残念!!
現在30名程埋まっています。
黒鯛祭りチラシ

TEAM RIVALEの毎年恒例となった佐世保沖磯を舞台にした黒鯛祭を今年も開催します。

一般参加の方も10名程度の枠がございますので、参加希望の方は、コメント欄のSecret(非公開)にチェックを入れて名前、連絡先等をお知らせ下さい。

なお、定員になり次第締め切りますのでご了承下さい。
JP黒鯛

今年は相浦一帯で開催されます。
釣り場は片島やガニ瀬も使うみたいですので、いっちょ気合入れて挑むことにします。
3月からはマルキューゴールデンカップチヌの写真審査も始まりますので、気合一杯でチヌ釣りに励みます。

明日の午後から大寒波到来で大荒れ模様ですね。
せっかくの3連休が台無しの方も多いでしょう。

寒グロシーズンも水温低下で食い渋りも目立つようですが、この時期に釣れたクロは脂ノリノリで超マイウ~なんですよね。

釣りに行きたいぜぃ!!
チヌ釣り講習会

寒グロシーズンが終わると、佐世保沖磯は春チヌのシーズン開幕ですね。
今年はジャパンカップ黒鯛選手権の予選も佐世保沖磯一帯で開催されるようです。
今年は記録更新となる大型チヌが微笑んでくれるのか楽しみです。

さて本題です。

佐世保沖磯の瀬渡船「三平丸」主催でチヌ釣り実釣講習会が行われます。

期日
3月 9日  講師 波多江義孝(私)
3月13日  講師 金澤名人
募集人員は10~15名程度だそうです。

申込み、詳細等のお問い合わせは
三平丸 090-8225-1517まで


2011.02.08 中村中さん

ミュージシャンの中村中さんも来店されたと言う、同姓同名の石鯛釣り師の中村中さんが経営される「宝雲亭」へ行ってきました。
餃子がメーンのお店で薬院大通近くで経営されてます。
とってもまいうーな餃子で、腹一杯食べても食べたりない位美味しさ満点です。
石鯛釣りのことならなんでも詳しく教えてくれると思います。

それ以外のことも、とっても楽しい時間を過ごせる所です。
是非、行ってみて下さい。
波多江似顔絵

釣行後の帰宅途中には釣りに行きたくなる私ですが、さすがに仕事と家庭を守っての釣りですので月に3,4回の釣行が関の山なのです。

特に年度末を迎える2,3月は売上げ達成の為に、寝る間も惜しむほど働いていません。(爆)
てか、頑張って売上げ達成しないと半年毎の給料査定に響くとです。
ほんと息を抜くひと時は、釣りに行ってる時の一瞬なのです。

昨年のジャパンカップファイナルが終わると、その直後から目標は今年のセミファイナルへ向かっています。
釣りで一番大事なのは、技術的なことを磨くこともそうですが、釣勘を磨くことが特に大事だと思っています。
それには、数多く釣行しないといけません。
でも、金銭的な事等障害が多いのが現実ですね。

毎日釣りしたいとは思いませんが、せめて月に5,6回行けたらどんなに幸せか・・・!

今月は今週、来週とも呑み会で釣りはOFF!
27日はなんとか仕事の都合を付けて、リヴァーレの五島予選へ参加しようと思っていますが・・・!

3月に入ったらチヌ釣りモードへと移行します。
クロ釣り師の多くはチヌ釣りを敬遠するようですが、私は釣勘を養う為にもフカセ釣りにオフシーズンは作りたくありませんので、好んでチヌ釣りにも出かけます。

3月は佐世保と鷹島通いが始まります。

4月は次女の私立高校入学です。
学費を払っていけるのだろうか?
頑張って仕事して稼ぎます。