21イカ行脚3
今年は過去二回と比べれれば一番良い感じでした。
5人で30パイ程のミズイカをゲット。

大型は出ませんでしたが、食べ頃サイズがコンスタントにヒットしていました。

イカ果

21イカ行脚1

21イカ行脚6

やっぱり五島と言えば、新鮮な魚介類と五島うどんです。
2日間ともお昼は五島うどんを食べました。

夕食はのゴンママ手製の料理を頂き、五島灘の飲み比べ!
黒の方が好きでした。

後につづく・・・!
21イカ行脚9


スポンサーサイト
ヤイババッグ

今年も五島列島イカ釣り行脚に行って来ます。
明日早朝、佐世保港からフェリー美咲に乗り込んで有川港でゴン隊長と合流。
それからは中通島の波止や岸壁などをランガンです。
お昼はいつもの五島うどんを食って、夕マズメは超ゲキ厚ポイントに案内してくれるらしい。

昨日は会社の近所のタックルベリーでお買い得のエギングロッドを見つけたので即買いしてしまいました。

今回のメンバーはクマクマ、ケンケン、はたはた、ボヤッキー(イカ釣り用のニックネーム)です。

状況は例年通り悪いみたいですが、五島の海の幸と自然を満喫してきます。
ヤイバ新製品

ヤイバXブランドのバッカンは以前からありましたが、この度水汲みバケツ、杓立て、エサバケットが仲間入りしました。
機能的には正直「残念」という感想ですが、ヤイバXのロゴがカッコイイので我慢してください。


今日は休みを取って、レッドクリフⅡを嫁さんと観にいってきました。
ラストまで飽きることなく凄く良かったです。
絶対お勧めです。
パート1を先日見て、初めて三国志って何なのか興味を持って調べて観に行きました。

この週末は大荒れの天候で渡船屋さんや釣具屋さんは大打撃でしたね。
佐世保のチヌもびっくりして50センチ以上は五島まで逃げてくれたら良いかも・・・(爆)

29、30日はゴン隊長の所にイカ釣り行脚です。
予報ではベタナギみたいなので、今回は気合入れてしゃくり倒します。

写真の女性は私の奥さんです。(嘘)
っていうかめっちゃ綺麗ですよね。

遅ればせながら、先日TVでレッドクリフを見ました。
凄く迫力があって、面白かったです。

そのパート2が今上映されてますので、明後日観に行ってきます。

それにしてもこんなに美人でカッコイイ奥さんが居たら、毎日ストッキングを洗濯してやるとに・・・!(爆)
4月22日三平TOP

ホントは前回の釣行で乗っ込みチヌは終わりの予定でしたが、台湾や沖縄に行く予定が諸事情で中止となったので予定変更となりました。
昨日、22日は真ちゃんも休みだと言うので、そんじゃ行って見ましょうか?と言うわけで、私を含む5名で三平丸へ行ってきました。

海況は西寄りの風が強くて波も2,5mということで、出港は午前6時と明るくなってからです。
上礁場所が限られますが、私と真ちゃんは白瀬灯台のコンクリ横の所へ上がり、その他のメンバーはガニ瀬本島と2番に向かいました。
本命ポイントはまだ潮が満ちていて2人では釣り難いので、私は裏側のまだ竿出ししたことが無いポイントでやってみることにしました。

4月22日三平6

そのポイントでは2枚の40センチクラスを釣りましたが、真ちゃんの釣り座ではなんと50センチ級が2枚も仕留められていました。

潮も引いてきたので真ちゃんと並んで釣っていると、チヌが連荘でヒットしてきました。
40~最大47センチのチヌを数えるのも面倒だったので正確ではありませんが、恐らく納竿までに20枚程は釣ってはリリースの繰り返しでした。
ツケエですが、午前中はネリエが有効でしたが午後からはオキアミ生の針先をムキミにした付け方で渋いアタリを取ることが出来ました。

4月22日三平3
アタリは結構渋くて全層釣法で狙っていても、わずかにラインを引っ張るだけでツケエを離したりで、ラインを弾いていくアタリなどありません。
今シーズンのここのチヌはこんなアタリが多くて、全層沈め釣りの練習には非常に役に立ってくれました。

この日はガニ瀬周りでも50センチオーバーが4枚出ていました。
白瀬灯台は新たなる乗っ込みの群れが入ってきているようで、腹パンのチヌが入れ食い状態です。
今回のチヌダービーは、これからがめまぐるしく順位が入れ替わる気配濃厚です。
皆様のご検討お祈り申し上げます。
今シーズンは51枚のチヌを釣りました。
クロ釣りでもこれ位釣れて欲しいとです。
これで私の乗っ込みチヌ釣りは本当に終了です。
今回は数は釣れましたが、50センチオーバーの更新サイズが釣れなかったので何だかボーズな気分です。

4月22日三平1

4月22日三平2

月末は、五島列島イカ釣り行脚です。
GWは仕事して、明けからはクロ釣り開始です。
早くクロ釣りがしたい・・・!
H21年4月22日三平1

喉が痛くて、鼻が詰まって、体調はスーパー最悪でした。
味もしないし、臭いもしません。

でも釣りに行って一晩寝たら少し回復してきました。
今から出社して、途中病院に行って、夕方からお通夜に参列しますので、昨日のレポートはその後にアップします。

※三平丸チヌダービーの更新サイズは出ませんでした。(ご安心下さい。)
チヌは20枚程の爆釣でした。
週末ここに行かれる方は最新情報をアップしますのでお楽しみに・・・!アップは月曜日に・・・(嘘爆)
釣れるかな?
先日のデカミズイカは、バター醤油で焼いたり、天ぷらうどんにしたり、お好み焼きにたっぷり入れたりして食べましたが、さすがにデカいだけにまだ余っています。
でも毎日食べても飽きないので、早く補充しないと・・・(爆)

チヌ釣りも前回で終わりの予定でしたが、台湾、沖縄遠征がダブルで中止となったので、明日は本当に最終戦で三平丸に行ってきます。
どうしてチヌ釣りに三平丸に通っているのかは、現在暫定2位となっている三平丸のチヌダービーの為なんです。チヌダービー順位表
少しでもサイズアップして上位入賞を目指してきます。

ちょっとシケ気味なのでエギングは厳しいかな?


それにしても喉は痛いし鼻水は出るし体調は最悪ですが、潮風が私にとっては最高の良薬なので頑張ってきます。

(協賛各社のホームページに申込み方法等が掲載されています。)

ご覧の釣りメーカー各社が協賛して行われる様ですが、とても面白そうな大会ですね。
早速、宮ノ浦大会にエントリーしました。


大会での楽しみは表彰台に上がり名誉を得ることもですが、やっぱり豪華な賞品を手にしたいものですよね。
一体どんなイベント性があるのか、豪華賞品とはどんなものなのか、これからの釣り業界発展の為のひとつの試みとも言えるでしょうね。

単に名誉を求めるだけのトーナメント大会に陰りが出てきた今、注目したいと思います。

そういえば、これは????と疑問だった某賞金制の大会ってどうなったのでしょうか?
51.4cmチヌ

そろそろ乗っ込みチヌも終盤戦です。
今年は海水温の上昇が遅れているのか、例年だと今頃はバリやアブッテカモが活発なのですが、バリは時折釣れてもアブッテカモの姿が見当たらないのです。(特に片島周り)
昨日は、リヴァーレメンバーの濱ちゃんと一緒に、一発デカバンを期待して片島の西の鼻に上礁しました。
朝マズメに40センチ位のチヌを2枚釣りましたが、その後はどこに仕掛けを投げても本皮ハギの猛攻です。
午後から天気が崩れてくる予報だったので、納竿は午後2時の予定にしていましたが、雨も降ってこないし、この釣果では・・・・とお昼の見回りでガニ瀬本島東へ瀬変りして、夕マズメまで粘ることにしました。

とりあえず、チヌを狙いますが1時間経過しても釣れません。
マキエも夕方までの量を準備してきてないので、横風が強いのが嫌ですがエギングすることにしました。
昨年の黒鯛祭りではここで2キロのミズイカをゲットしたので、その時のことを濱ちゃんに話しながらキャストすること3投目。
昨年と同じポイントへエギをキャストし、「去年はここに投げたら一発できたんよ」と風で横にフケているラインの反対方向にそのスラッグを利用してシャッシャッとしゃくり、フリーフォールで落とし込んでいると、スッーとラインが一直線に・・・!
合わせるとズッシリと根掛かりしたような感触でしたが、途端に沖へ向かって走りだしました。
ドラグを強めに締めていましたが、ジー・ジーと鳴って出て行きます。
走りが止まった所で、ゆっくりと巻き取りに掛かると、50m位沖でイカが浮きました。
後は寄せてからタモ入れするだけで楽勝です。
記念撮影をして、イカは締めてクーラーへ仕舞いました。(帰港後の検量で2,5キロ)

これで嫌な予感がしていたのが吹っ飛んでしまいました。
後は50センチオーバーのチヌをゲットするだけです。
午後2時、なんだか怪しいエサの盗られ方をしました。
もしかしてチヌ?
オキアミの頭を取って、針先の所をムキミにして狙うとこれが正解でした。
帰港後の検量では51.4センチでした。(今月は呼子とここで計4枚目の50センチアップです。)もう、ハタいた後のようで、お腹はぺっちゃんこのスマートなチヌでした。

濱ちゃんエギング中

その後も2枚のチヌをゲットしましたが、サイズアップには至らず。
濱ちゃんは、ラスト1投でチヌを仕留めて、「輝ちゃんにならんで良かった~」と喜んでいました。
今シーズンのチヌ釣りは、殆どがキザクラの黒魂シリーズでの釣果でした。
チヌもクロも遠投で狙う全層沈め釣りでは抜群の威力を発揮してくれるとです。


濱田チヌ

2.5キロのイカ1

昨年2キロのミズイカを釣った同じ場所で、今日もやってしまいました。
強めに締めていたドラグがジーと出て行きました。

帰港後に検量すると2.5キロでした。
勿論、記録更新とです。

3投目で昨年と同じポイントで釣れました。

チヌは5枚。
50センチオーバーも釣れました。
チヌ編は明日・・・!
昨夜のTEAM RIVALE例会はまたまた盛り上がりました。

内容盛りだくさんで、為になる話、面白話、5月からスタートするクロ釣り王者決定戦の1回戦抽選会等。
今回から3名もしくは2名で1ブロックとし、リーグ戦の横取り方式で12名が2回戦に進めるというルールです。2試合づつ戦うので、運だけでは勝ち上がることが難しくなるかもしれません。
対戦表等はそのうち、リヴァーレのホームページにアップされると思います。

先日鱗海カップ大分大会で優勝したカラテカ君に優勝コメントを発表してもらいました。
内容的にはあまり参考にならなかったとです。(爆)
ただ、春の祭典!チヌ釣りはイカが!?の時に、しんちゃんと同礁したらしく、その時にしんちゃんが練り餌でチヌを連発するのを見て、今回は・・・・と話し出したので、そうか練り餌で良型チヌが釣れたのかとみんなが納得しようとしていると、「オキアミのみで通しました。」という落ちで、みんなからブーイング。
とっても変なヤツですが、全国大会に出場出来るので羨ましいとです。
カラテカの瘠せ

そして、同日に行われていた鱗海カップ広島大会で準優勝したじゃけんの~原田さんの発表は、みんな真剣に聞き入ってました。
瀬戸内のチヌ釣りはマキエの量ときたら半端ではありません。
親の敵みたいに皆が撒く中、原田さんは少量のマキエを確実に同調させることで1位と僅か100グラム差という成績だったそうです。

「カラテカは自慢話やけど、原田さんは肥満話やん。」と口悪NO2君がヤジを飛ばしていました。

肥満児

それからもうひとり、韓国人からも韓国語で話しかけられる大内さんは、GFG(がまかつファングループ)のチヌ釣り予選大会で勝ち抜けて、九州大会への出場権を獲得したそうです。
是非、九州大会でも勝ち抜けて全国大会へ進んで欲しいものですね。
おおぶんちょん

そんなこんなで私がリヴァーレで求めていることは、みんなが楽しく語り合い、釣行してくれることなのです。そして、みんなが経験してきたことを分け合えることが出来、仲間として切磋琢磨していって欲しいということを第一に考えています。
使用するタックルのメーカーは自由ですし、他の釣りクラブに所属していても大丈夫。

わざわざ佐世保や佐賀からも福岡まで来て例会に参加して楽しんでくれるし、大会等に関しても出席率が非常に高くてドタキャンする人もいないこのチームは、我ながらとても素晴らしいと思っています。

さて、今年のエントリーは26名。
それぞれがクジを引き対戦者が決まりました。
5月以降の梅雨グレシーズンから熱き戦いがスタートします。

今年は例年以上に各種大会で気合を入れて頑張るぞ!!
対戦091

5月にはダイワグレマスターズの決勝大会へ軍曹こと久保川君が出場します。
頑張って好成績を残してきてくれることを期待しましょう。
対戦092

※明日、三平丸のチヌ釣りに行って来ます。
これで今シーズンの乗っこみチヌ釣りは終わりです。

20090414132154
20090414132151
今夜はリヴァーレの例会なので、明日は釣りには行きません。
5月から始まるクロ釣り王者の1回戦抽選会をメインに鱗海大分大会で優勝したカラテカや広島大会で準優勝した原田さんのコメントに対するみんなのヤジが楽しみです。

それにしてもリヴァーレ軍団は運が強い。