年末084

いやいやめっちゃ釣れました。
それも良型ばかり・・・!

狙い通りヒラマサゲット。
ミズイカはケンソー君に2キロオーバーが、私や海馬君、栗坊には、50センチ近いクロも釣れて正に大爆釣でした。
情報では五島の名礁でボーズだった人も居たそうで不安だったのですが、結果はこんな感じで良かったとです。

風が強くて釣り難い状況でしたが、狙ったポイントに的確に投入できるアドバンスグレを配合した集魚剤や黒魂が大活躍してくれました。

年末083

とっても良い竿納釣行となりました。
来年も良い釣りが出来ますように・・・!

そして、このブログをご覧頂いた皆様が健康と好釣果に恵まれますように・・・!

今年はこれが最後の更新となります。
来年はとても厳しい年となりそうですが、気持ちは前向きに頑張ってまいりましょう。

私の釣りをサポートして頂いている、キザクラさん、ささめ針さん、ヒロキューさんが繁盛してくれることは勿論、釣り業界全体が盛り上がってくれるように、頑張って皆様も釣行して下さい。
娯楽費は全て魚釣りに使いましょう。(笑)

年末082

年末081

年末087

年末086

年末085
では、良いお年をお迎え下さい。
来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト


昨日から正月休みに入りましたが、私の父が他界した後に母親と長年生活を供にしていた方が亡くなられて、今日はお葬式やら自宅の大掃除やらで疲れたとです。

間もなく(23時)に栗坊が我が家に迎えに来て、それから連君を迎えに行ってフィッシングKで皆と合流して宮ノ浦へ向かいます。

今年の竿納釣行は、昨年と同様丸銀釣りセンターのマリンエキスプレスで五島です。
朝マズメのみ、上カゴ仕掛けでヒラマサを狙ってみようと思います。
焼き切り
クロの刺身と皮をあぶって氷水で締めた物を刺身醤油やポン酢で食すのは定番ですが、自家製のジャポネソース(和風ステーキソース)で食べるとめっちゃマイウ~とです。
初めて食べた家族全員がビックリしていました。

肉料理以外にもこんな合うとはビックリ仰天・・・!
仰天と言えば・・・明日が取材らしいです。

主人公の輝ちゃん一家が明日の夜は我が家に食事会にやってきます。
このジャポネソースのタレで刺身を食べてもらおう!!

ジャポネソース

20年ハナレ1

久々(約半年ぶり)に佐世保の三平丸に行ってきました。
拓ボン船長は、オデコに縫い目を入れたらブッチャーに似てるとです。(爆)

午前11時の便で私と濱ちゃん、栗坊は片島のハナレへ上がりました。
北西風が強くて、上げ潮のポイントは正面風と波しぶきを浴びるので背風となるポイントで竿出しました。
釣り始めたのは正午前、時間帯を考えても釣れないだろうなと思っていたら、なんとなんとすぐに足の裏交じりで35センチ級前後のクロがコンスタントにヒットしてくるではありませんか!
20年ハナレ3
濱っちゃんにも・・・!
20年ハナレ7
栗坊は頑張って30センチ前後を6枚ゲット。
今回の栗坊の外道魚を食すコーナーはサンノジに引き続き「イズスミ」に決定しました。
2,3日後にアップされると思いますのでお楽しみに・・・!

20年ハナレ6

佐世保沖には春チヌを釣りに行くことが多いのですが、この時期のクロも侮れません。
久しぶりにお会いしたK澤名人は、46.5センチを頭に良型を数釣っておられました。
また行こうっと!!
あっ、そうそう、「原油高騰で渡船代を上げたから、1月からは当然下げますよ」と男前の拓ボン船長が言ってました。流石、男やね!!

20年ハナレ5
20081223095410
さて?どこに行ってるでしょう?
この写真をご存知の方も多いはずです。何故にイカリングなんでしょうね!
勿論、ここを通過して釣に行ってます。
2008.12.21 釣春秋2月号
ヤイバ椛島PR

今月発売の釣春秋巻頭グラビアに、ヤイバ-Xの実釣PRが掲載されています。
私がフカセ釣りで最も拘るのがハリです。
軸の太さや長さ、懐の広さ等々、釣り場や潮、時期によっても効果的なハリが若干違ってくるようです。

私がホームグランドとする北部九州は、クロが上下動して活発に食ってくるケースが多いので短軸の渋グレなどはすっぽ抜けが多いように感じますし、クチブトと尾長が混在しているので呑まれてチモト切れということも・・・!
逆に大分県南や宮崎北部などの潮の動きが悪く、クチブト主体の釣り場では違和感無くじっくり吸い込んでくれる渋グレが有効的な場合が多いようです。

この新製品「閃烈グレ」は、軸がやや長いので針結びも楽だし、食い渋りの時等はライト(細軸)を使用することで違和感無く食わせることが出来ます。
どこの釣り場でもオールマイティーに使えるハリだと言えるでしょう。


※P90.91にあの伝説の男「輝ちゃん」の鼻の穴にハリが入った記事が掲載されています。
世界仰天ニュースの取材も決定したそうで、オンエアーは来年2月頃を予定されているそうです。
こんなことで我がリヴァーレの名が全国に放送されるのも複雑な気分ですが、輝ちゃんはもっと複雑でしょうねぇ!(笑)

2009デルタポイント

針先の鋭さで釣り人の人気を集めるヤイバシリーズに新製品が加わります。
針先を三角錐にしたデルタポイントを採用し、刺さりの良さに磨きをかけました。
そしてバタフライヘッドという溝を耳に作ることでチモト切れ等も軽減できるというものです。
製品名は「閃烈グレ」で、軸の太さがライト、ミドル、ヘビーと3種類あり、状況によって使い分けられるのが良いですね。

形状は、日頃私や多くのテスターが愛用しているグレ送り呑ませと似ているので、これからの寒グロシーズンには欠かせない物となりそうです。

その他にも、渋グレのヘビー(軸太)や、やや軸細の尾長用のハリ等々、年明け2月頃から店頭に並ぶことでしょう。是非、使ってみてください。

ご近所さん
クリスマスが近づくと、ご覧の電飾が私の住む町内名物となるとです。
写真は、私の自宅のすぐ近所にある某会社の社長さん宅らしいのですが、とにかく綺麗な電飾で相当お金が掛かっているとです。

毎年派手になっているようで、最近では町内外から見物にくる人も居るらしい。

昨日水曜日の休みは二日酔いで釣行していません。
次回釣行予定は、凪に恵まれれば23日に松島、加唐島を狙っています。
竿納めは29日に五島です。
王者1

今年5月から予選を始め、準決勝に残ってきた6名で2008年クロ釣り王者の座を競いました。
宮ノ浦の丸銀釣りセンターには今大会の参加者23名が集合しました。
準決勝に残った6名以外のメンバーは、負組の部として5尾総重量で豪華賞品を目指します。
リヴァーレの大会はいつも絶好の釣り日和となるのですが、この日は海上は暴風大シケで風裏の磯は埋まっていて、大変厳しい状況でした。

私は3名で水ヶ浦辺りの磯に上がりましたが、ウネリが這い上がってきて身動きするのも大変でした。
オマケに2尾のキーパーサイズのクロが入った活かしバッカンも波にさらわれてしまいトホホな気分。
その後2尾追加し、5尾目はまたまた大波に・・・!
結局検量に出せたのは2尾だけで、負組優勝ならず・・・!

午前11時全員を回収して、高島の松ヶ崎を舞台に決勝戦の始まりです。

決勝に残ってきたのは大内さん。
大好物はラード!
王者2
そして、若手の田中君。
大好物は彼女のTバック姿。(爆)
王者3
病み上がりで体調不十分ながらベテランの藤木さん。
大好物は早朝に食べるカップラーメン。
王者4

予想ではコッパの中からキーパーを何枚獲れるかと思っていましたが、始まってしばらくたってもコッパすら釣れず、エサ盗りの活性も殆どありません。
最初のクロは2ラウンド目に藤木さんが釣り上げました。
そしてしばらくして、本命ポイントで田中君が良型を2枚ゲットして最終ラウンドに突入です。

藤木さんが本命ポイントに入り追撃開始かと思われましたが、悲しいかな潮が止まってしまい、1尾を追加しただけで競技終了となりました。
王者5

大内さんはノーフィッシュ。藤木さんと田中君が2尾づつでしたが、検量の結果田中君が栄冠を勝ち取りました。
彼はキザクラのレッツを使用した全層釣法で終始攻めていました。
まだ20台の若手ですが、釣行回数も多いしメーカー主催のトーナメント大会でも全国大会に出場経験を持つ実力者です。
リヴァーレの若手メンバーの中ではNO1の腕前と言っても良いでしょう。
他のメンバーも彼くらいの情熱でクロ釣りに励んで欲しいとです。

王者6

王者7
負組の部では3尾のキーパーを釣っていた超ベテランのナベさんが悪天候を克服して優勝に輝きました。おめでとうございます。
王者8
今年度のリヴァーレイベントはこれで全て終了となりました。
メンバーの皆さん本当にお疲れさんでした。

来年度も楽しい企画を練っていきます。
新規メンバーも募集しますので、北部九州在住で釣技向上を目指す方はどうぞお気軽に・・・!
20081213190911.jpg

長崎市内の江山楼で行われた柴原啓二さんの祝勝会です。
福岡からHACさんと海馬君と一緒に向かいました。
この会は、南潮会が主催し、釣り業界のお偉いさんやらメーカーさん等40数名が列席していました。

優勝カップ

柴原さんの優勝カップを持った姿を多くの人達がデジカメで撮影していましたが、何故か私と横浜から参加された神保さんが隣に割り込んでガッツポーズ。(邪魔やったかな?)
でもこのショットにも多くの人達がシャッターボタンを押していました。(爆)

私がお世話になっている、釣春秋やキザクラ、ヒロキューの大先輩の柴原さんの栄冠は、私にとっても凄く嬉しかったです。
言動、振る舞い等フィールドテスターという看板を背負う者の鏡的な存在の素晴らしいお方とです。
今日はたっぷり飲んで盛り上がりたかったのですが・・・!

乱入

この後は宮ノ浦まで3時間以上移動して、TEAM RIVALEのクロ釣り王者決定戦及び忘年釣り大会を行うので、HACさんは運転手なので一滴も飲まず。
私も主宰兼会長という立場なので、ビールを軽く飲んでいたのですが、そこには悪魔がいました。

ビールの一気飲みを何杯もし、酔っ払って「やられた~」を連呼している口悪NO2の海馬君は、すぐに人に振ることを大好物としています。
地獄の閻魔様より怖い某釣雑誌社の社長と盃を交わすと潰されることを知っている私は、適当に逃げていたのに、コイツは知らずに立ち向かい、「やられた~」を連呼しているのです。
それだけならまだ良いのに、「ここに居ますよ~」と私の所に閻魔様を連れて来たのです。
そして、コップを渡されイッキ飲みです。
「胃袋が無いけん飲めんですよ」と言ってもそんなの関係ありません。
5,6パイのビールを一気に飲まされてしまいました。
でもビールではあまり私は酔わないので大丈夫。

さて、宴も終わって宮ノ浦へ大移動です。
私は助手席でHACさんが退屈しないように会話に務めます。
ところが、後ろではグースカ大イビキ。
しばらくすると「しょんべんしたい」とご覧の有様です。
宮ノ浦まで3回ほどおしっこタイムでした。

私は一睡もせず、宮ノ浦に到着して仮眠しようにもなかなか寝付けずにメンバーが揃ったところで大会の運営です。

大会の模様はまた後で・・・!
酔っ払い
2008.12.13 長崎外遊

今日は午後から長崎市内の江山楼で行われる、シマノジャパンカップ覇者「柴原啓二」さんの祝勝会へ参加してきます。
とっても紳士的な柴原さんの優勝はとても嬉しかったです。
「フィールドテスターとはこうあるべきだ」との見本的な存在の方です。

昼過ぎまで仕事して、夕方から長崎市内へ出発。
祝勝会が終わり次第、日曜日はTEAM RIVALEの今年最後の大会へ宮ノ浦まで3時間半の移動です。
負組の部優勝狙って頑張ってきます。

中洲の写真は私には似合わんとです。(笑)

昨夜はHACさんと某釣り糸メーカー勤務で釣り業界御大ご子息(M方さん)と中洲のPPへ・・・!
M方さんは初対面でしたが、お父さんにそっくり釣法でした。(爆)
彼曰く「波多江さんてイメージと違ってました・・・」
私のイメージ?「真面目で純粋可憐な好青年と思ってました。」(その通りやん)

話は変わって

14日日曜日は、宮ノ浦でチームリヴァーレのクロ釣り王者決定戦の準決勝、決勝が行われます。
予選を勝ち上がってきたベスト6(藤木、阿部、大内、田中、平井、桐山)がトーナメント戦で今年の王者を目指します。
この舞台に立てなかったことは残念ですが、決勝戦は精一杯応援したいと思っています。

負け組のメンバーも5匹重量で豪華賞品が掛かっています。
今年最後のリヴァーレのイベントなので天候と釣果に恵まれることを祈ります。

来年は新たにメンバーが加わります。
今年のダイワグレマスターズ宮ノ浦予選で優勝し、ブロック大会でも勝ち上がり、来年開催される決勝大会へ進出が決定した31歳という若き釣り人です。
一緒にブロック大会に行った海馬君は、またしても「勝たせ屋本舗」となってしまいました。(一緒に戦った訳ではありません)
彼と同行すると、相方が高確率で入賞するとです。

来年もクロ釣り王者決定戦以外にも、メンバーの皆さんが楽しんでくれる企画を練っています。
メーカー枠に囚われず、釣技向上と釣りを楽しむチームとして結成したチームリヴァーレも6年目に突入するとです。