浦中渡船00

外海は大シケなので、風裏となる湾内のチヌ釣りへ・・・!
今回は、近場のチヌ釣りの大ベテランの田中翔竿さんとフィッシングKのしんちゃん、栗坊の4人で
翔竿さんのお勧めで、北九十九島へ行ってまいりました。
浦中渡船1

4人並んで午前7時~午後3時まで一生懸命にチヌを狙いましたが、ツケエはいつまでも原型のままです。
結局、一度もチヌらしきアタリが無いばかりか、ベラ等のエサ盗りすら釣れません。
磯の雰囲気は最高で、チヌに関しても好実績らしいのですが・・・!
みんなそろって完全ズーボ!
このことを「しんちゃん」と言います。
一人だけ釣れないことを「輝ちゃん」と言います。
浦中渡船2

近場の釣りは厳しいとです。
浦中渡船3

スポンサーサイト
剣

先週の宇治群島遠征から1週間が経とうとしています。
今度の水曜日は、寒グロの締めくくりで五島を予定していましたが、予報では大荒れ模様なので、北九十九島のチヌ釣りに変更しました。

私はクロ、チヌ、石鯛、ミズイカ、アジゴ釣りと季節に応じて、離島、近郊問わず色んな釣りをします。
とにかく釣りが好きで好きでたまらないし、暇さえあれば頭の中は釣りのことでいっぱいなのです。
でも、あれやこれやと同時に色んな魚を狙うようなことはしません。
それは、相手も命がけでエサを食ってくるのですから、こちらとしても狙った本命魚に対して一生懸命に試行錯誤して対峙することが釣道だと思うし、それが自分の釣技向上へと導いてくれると思っているからです。
釣ったと釣れたとは価値観が大きく違います。
狙ったターゲットを仕留める為に試行錯誤し、それを仕留めた時の達成感に私は満足します。

釣りは人それぞれの価値観が有り、自己満足の世界なので本人が満足すればそれで良いと思うのですが・・・!

私にとってのチヌ釣りは、ウキでアタリを取る楽しみがあります。
湖のような海面に、棒ウキを浮かべて狙うチヌ釣りが大好きです。


72のイグロー

(宇治群島での私の釣果72ℓのイグロー)

石鯛は磯臭くてまずかった。
尾長は身がコリコリして食感は良かったけど、脂も乗ってないし、いまいち。
地グロは今が旬だけに甘みがあって美味かったとです。

私が今まで釣って食べた地グロでは、大分県南が最高に美味くて、2位は五島ですね。
玄界灘の壱岐や呼子辺りのクロは少々臭みがあるように感じます。

どんな魚でも美味いのが五島です。
今年のGWもエギングで五島イカ釣り行脚に行く予定。
宇治全景top


ワカナ瀬 ワカナ瀬より南側を望む 宇治全景1

黒瀬? 雀島 南のハナレ

まずは宇治群島の雰囲気をご覧下さい。
(小さい画像はクリックすると大きく表示されます。)

最初に上礁したのは、雀島のワカナ瀬。
ここはその名のとおりワカナ(尾長)の実績が高いA級ポイントだそうです。
日中釣りでは、45センチの尾長を頭に2ケタ以上釣れて、足元に見える大型の尾長に瞬殺すされること3回。(道糸2.5号、ハリス3号)
太くすると喰いません。

この調子で夜になればきっと太仕掛けでも喰ってくるぞと期待いっぱいでしたが、予報とは裏腹に午後からは強風となり、南側の磯に瀬変わりするはめに・・・!
夜釣りでは40センチ級のクチブトと石鯛が釣れただけでした。
朝からはクチブト(35~40センチ級)がバタバタと釣れました。

さすがに南の島だけに、私には日頃馴染みの無い魚や蛇が釣れました。

尾長尻尾なし 石垣フグ 海蛇?

デカバン尾長はヒットしませんでしたが、日中釣りの良型尾長が見えているのになかなかツケエを喰ってくれない状況に四苦八苦しながらの釣りは最高に面白かったです。
普段の五島などの釣りとは全く違った釣り方だったので、これもまた勉強になりました。
実釣に関しての記事は来月末発売の釣春秋にて・・・!

来年もまた離島遠征したいなぁ!積立貯金しようかな・・・!
釣果
第三海交

鹿児島県阿久根港より出港する「第三海交」で宇治群島に初挑戦してきました。
宇治群島の荒磯群はまさに絶景そのものでした。
鮫島

遠景は鮫島。
ここは夜になると大型の尾長がドッカンドッカンとアタってくる桃源郷。
海馬君とケンスケが小鮫に上礁していました。
出水の鶴

帰りには鶴の飛来地で有名な出水に立ち寄りました。
何故かみんなは、ナベさんの後姿を見て「なべ鶴っなべ鶴」って言ってました。

その後はみんなで食事して帰りました。
相変わらず注文の品の頭に「大盛り」を追加して頼む海馬君とです。
ちなみにカツカレーの大盛りを「こげん食べきらん」と言った5分後に完食していました。
大食いマン


釣行記は後日、アップして行きます。
私は大型こそ釣れませんでしたが、日中で20数枚をゲットしました。
20080217114039
宇治群島の遠征準備は、食料を除いて完了しました。
船中3時間は私にとっては非常に辛いとです。

特に船酔いする訳ではないけど、公共の乗り物等の中
でもあまり眠ることが出来ないし・・・!

とにかく横になって船室の中でじっとしてるのが苦痛なんです。

そこで、アネロンと耳栓の登場となるのです。

これで船の中では熟睡間違い無し。

耳栓を購入して気付いたのですが、日頃仲間のイビキに悩まさ

れている私が、この耳栓をして寝れば良いのだと・・・!

これからはライフジャケットのポケットの中には欠かせない一品とです。


男女群島1回行くなら五島へ2回行った方が・・・!
五島に1回行くなら平戸や大分県南へ2回行った方が・・・!
これは釣行経費のことだが、私は回数多く釣りがやりたい派なのです。
なので、離島遠征は殆ど行った事が無く、男女群島は1度だけ、南西諸島は未経験とです。

来年は娘が高校受験を控えているので、もしかすると離島に釣行できるチャンスは今年を逃してしまうと無いかもしれないと思い、2月19,20日で男女群島や草垣群島と肩を並べる絶海の孤島、宇治群島へ夢のデカバン尾長を求めて行ってきます。

果たしてどんなドラマが待っているのか?
同行する海馬君(大食漢)がどんだけの食料を持参するのか?
輝ちゃんはやっぱり輝ちゃんなのか?
ナベさんはリヤカー杯の沢山の荷物と道具を持ってきてあれもこれも狙うのだろうか?
行きの道中から楽しみです。
ujiguntou.gif

仕掛けセット

以前紹介した、ハタ坊流2段ウキ仕掛けの上ウキにキザクラの新製品D-SUSを付けてみました。(写真右)
これは小粒で上潮の影響を最小限に抑えてくれそうなので、下ウキをゆっくりと沈ませながら狙うにはベストでしょう。

重たい仕掛けの半遊動仕掛けや2段ウキ仕掛けは、セットする際道糸にウキやクッション、オモリ等何度も通さないといけません。
ご覧の様に、事前にセットして釣り場に持って行けば、道糸をワッカに通して下から押し上げるだけで一発でセット完了とです。

2段ウキ仕掛けの方はシモリ玉が入っていないので、爪楊枝を上ウキのトップに差し込んで固定しておけば外れることもありません。

私は常に0,5号や1号の重たい仕掛けをこの様にセットして、チャック付きのビニール袋に入れてライフジャケットのポケットに入れています。
鷹島幸風

本日も外海は波高3mです。
とにかく今年の冬は北部九州の海上はシケ続きとです。

来週、再来週と離島遠征の予定なので、今日はチヌ釣り名手のヌーチー坂本ちゃんと鷹島の千畳にチヌ釣りに行ってまいりました。
坂本ちゃんは、千畳のハナレとの水道側に釣り座を取り、私はワンドの方に入って釣り始めました。
まずは0,5号ウキの半遊動仕掛けで竿3本位の底ダナを狙いますが、ツケエはいつまでたっても原型のままです。

釣り始めて30分も経たない内に、坂本ちゃんは1枚目のチヌ(33センチ)をゲットしました。
春夏秋冬、チヌだけをターゲットに近郊の釣り場に釣行を重ねるだけに流石です。

鷹島千畳1

私の釣り座は、当て潮が右に行ったり左に行ったりで一定してくれず、狙いどころが絞れません。
バリバリ難しいとです。
なんとか重量感がある1尾が来たのですが、針はずれでバラシ・・・!
その後は良型のキスが2匹釣れただけで撃沈輝ちゃんでした。
最後の30分は、KzEVOにバランサーをたっぷり貼って、ドカンと底まで沈めて置き竿で狙う「必殺投げ釣り風!全層沈め置き竿釣法」をしましたが、ピクリともしません。

正午納竿
坂本ちゃんは計3枚を釣り、私は輝ちゃんという無惨な結果でした。
3月からはチヌ釣りに燃えるぜ!!

鷹島千畳2
ワクド

今年に入ってたったの3回しか釣りに行ってません。
今や五島は寒グロシーズン真っ盛りで40センチ級の良型がバカスカ釣れているのに・・・!
今年は寒い日が続いているので、3月に入ると水温低下でクロは厳しくなると思われます。

今月は12日にチーヌ坂本ちゃんと仮屋湾か伊万里湾の寒チヌ釣りに行ってきます。
そして、19.20日はデカ尾長狙いで宇治群島初挑戦。
27日は、しんちゃんと寒グロ狙いで五島の予定。(同行者募集中)

果たして天候は味方してくれるのでしょうか?

(写真は仮屋湾のワクド瀬)
20080208111151
禁酒生活は丸3日で終わりにし、昨晩は軽く飲みました。体調も悪くないし、アルコール依存性でも無いことが実証されたので良いとです。今は大分に向かうソニックの中です。日帰り出張です。
黒鯛祭り

本日、水曜日はお仕事で釣りには行ってません。
先週の木曜日から来週の月曜日までは休みなしでお仕事です。
ついでに、特に理由はないのですが1週間禁酒生活に挑戦中で、禁酒3日目に突入です。
丸2日酒を抜いたのは4年ぶりかな?!
果たして1週間続くのでしょうか???


チヌ釣り大会

さて、今年もあと1ヶ月ちょっとでチヌの季節となります。
昨年は、70名の参加者で盛り上がった「黒鯛祭り」は、今年は定員40名として実行委員長を2007年グレ釣り王者のチャンプ「ばたやん」に任せて開催します。
期日は4月27日。ばたやんの企画力に期待しましょう。

2008年クロ釣り王者決定戦

今年もリヴァーレメンバー限定でのクロ釣り王者決定戦を5月~開催します。
今回、1回戦は計3試合を戦い、勝点と占有率により上位8名が2回戦へ進出します。
トーナメント形式の釣りに慣れることは勿論、日頃一緒に釣行する機会が少ないメンバーとも親睦を図れるということで、抽選会での呑み会から盛り上がることでしょう。

只今3.4名の新規会員募集中です。