千畳00

1年ぶりの大分県南「米水津」まで行ってきました。
午前5時出港の千代丸で目の前に沖の黒島を望む千畳という磯に上がりました。

朝マズメは栗坊のバラシとえぐちんこの35センチ位のクチブトで幕を明けましたが、なかなか後が続いてくれません。

エサ盗りはカワハギとキタマクラのみで、非常に厳しい状況でした。
釣れる時は僅かな時間にバタバタとアタってくるのですが、釣れるパターンがわかりません。
とにかく釣っていて感じたことは、クロの数が少ないのでは?ということです。
潮はいい感じだし足元からドン深でオーバーハングもあり、瀬際も沖も攻めるポイントはバッチリな磯なのですが・・・!

千畳1

米水津は毎回良い勉強をさせてくれます。
釣果の方は、それぞれが、3,4枚程度で30~38センチ程度のクロが計10枚でした。

納竿前には栗坊が「瀬際にマダイのデカイのがマキエを喰ってますよ」と言って、それを掛けたのですが、一方的に走られてバラシていました。

えぐちんこも、久々のプライベート釣行で嬉しそうでした。
流石に日頃から名手の釣りを見て、隙をついては竿出ししているだけに上達も早いものです。

千畳2


そろそろ近場のクロ釣りも終盤でしょうか?!
良型のクロを狙うなら、離島が面白い時期になってきました。
スポンサーサイト
チリ紙

昨晩は、M本所長の送別会を終えてその足で米水津の千代丸で千畳に上礁しました。
釣春秋のえぐちんこ君と栗坊と一緒にプライベート釣行です。

結果は明日にでも報告します。
とりあえず、先日紹介したトイレットペーパーを首からぶら下げる作戦は、無事成功しました。
これで3連荘の磯ウンコやってしまいました。(納竿1時間前のドラマでした。)
ラインカラー

フカセ釣りのラインカラー(道糸の色)については、人それぞれの意見が分かれる所だ。
透明色やブルー系統の道糸は、海中では目立たないのでウスバハギやフグ系統のエサ盗りに気づかれ難いというメリットがある反面、釣り人側の立場では、道糸の位置が分かりづらいし、全層釣法や全遊動釣法で狙う場合は、小さなアタリを道糸で取ることが難しくなる。

逆に、イエロー系統の道糸は、釣り人にとっては視認性も抜群だし、微妙なアタリも分かり易いメリットがある。

私の場合、後者のメリットの方を重要視している。
ウスバハギなどに悩まされるのは、年間を通しても1度有るか無いかの頻度でしかないからだ。

※最近、釣りメーカーのホームページも充実し、ユーザーからの意見等も掲示板を通して好き勝手に書き込むことが出来る環境にある。
それを見ていて、机上の空論というか、釣りを難しく捕え過ぎている様に思える。
もっと重要なことを攻略しないと釣果にありつけないケースが殆どだと言うのに・・・!

もっと、楽な気持で、楽しく、馬鹿話や釣果自慢の話題で、見ているみんなが笑い合えるような場であってほしいと思うのです。
スイベルと直結で釣果にどれほどの差が出るのかな?
それよりも、きちんとツケエが仕掛け投入時にハリに付いていますか?
1投毎にマキエと仕掛けを投入するタイミングや投入位置を考えていますか?
空バリのままいつまでも流していませんか?等々

釣りは理論よりも、実践を積み重ねて色んな状況に対処できる引き出しを増やすことが上達の近道なのです。
ガン玉

フカセ釣りには、ガン玉は欠かせないアイテムのひとつです。
完全フカセで狙っていて、ツケエだけが盗られる場合等、ハリ上に小さなガン玉を1個打つだけで本命のクロが釣れたりすることなど珍しくありません。
潮や風の強弱等を判断して、ガン玉を打ったり外したりと細かで面倒な作業をする人は、それに比例して釣果も上がると思います。
ほんの僅かな違いが釣果を大きく左右するものです。
何が正解なのかは分かりませんが、色んな状況に対策を講じて釣り方に変化を加えることが重要だと思います。

また事前準備も大事で、今日は久しぶりにガン玉ケースのガン玉を固定する両面テープを張り替えて、ヤマワのゴム張りガン玉などの口が閉じているのを、一つ一つ広げる作業をしました。
2008.01.23 希少な芋焼酎
芋焼酎

年末に大阪から帰省してきたゴワス釣法のM座さんから、「これは美味いし、高いでゴワス」と言って、トカラの海という種子島産の焼酎を頂いた。

年明けには、屋久島に家族旅行に行った、荒磯メタボ兄弟の次男坊から「これは地元の人でも6ヶ月待ちですよブー」と言って、愛子という希少な焼酎をもらった。

どちらも「おいどんが芋焼酎でゴワス」という主張がありながら、口当たりや喉越しが凄く良くて、まいう~とです。

一人で全部飲むともったいないので、我が家に遊びに来た仲間の為に少しは残しておきます。(多分・・・)

※今日の休みも二日酔い兼悪天候で釣行してません。
もう魚釣りを忘れそうな位釣りに行ってない気がします。
早く釣りに行きたいとです。
ハタ坊流

ウキ止めを付けずに、マイナス浮力のウキをゆっくりと沈めながら釣る「全層沈め釣り」は、エサ盗りも減って、総じてタナが深くなる寒グロの時期に威力を発揮してくれます。
この釣り方だと、横風や2枚潮でも抵抗が少ない軽い仕掛けで攻略可能なので、食い渋りのこの時期にはとても心強い釣り方だと言えます。
しかし、潮が緩い時などはポイントが遠くなる程、道糸の重みにウキが負けてしまい、仕掛けが手前に寄ってきてマキエとの同調が妨げられます。
また、瀬際狙いにおいてもタテに攻め辛いのが難点と言えます。

そこで、最近私がやっている釣り方が、キザクラの瀬際0号と、ステップエリア(S・A)を組み合わせたハタ坊流2段ウキ仕掛けなのです。
この 仕掛けは、鵜澤名人や山元名人の2段ウキ仕掛けと同じ様なものですが、下ウキにS・Aを使用することで、視認性も優れているし、潮受けが最高なのでユラユラと良い感じで沈んで行くのです。
この仕掛けだと、上ウキが支点になるので手前に寄ってくることも防げるし、瀬際も攻略可能だし、向かい風や横風が強くても下ウキをM・AやF・Aに変えれば悪状況にも対応出来るのです。

まだこの仕掛けを試し始めて間もないので、メリット、デメリットを完全には把握出来てませんが、年末の野崎島釣行時には効果を発揮してくれて、同礁した他の2名とは倍の釣果を上げることが出来ました。

これからの時期は、エサ盗りも減って産卵を控えたクロの食い渋りが顕著となりますので、この仕掛けがどれほど威力を発揮してくれるか楽しみです。
JR全日空ホテル

1日目は、伊万里温泉と伊万里ちゃんぽんに寄ってから、ホテルにチェックインしたのが午後4時前でした。
チェックイン後、嫁さんは一人でハウステンボス内へお土産を買いに行ったので、私はスカイラウンジで、このホテルに勤務する原いつろう君とコーヒーを飲んで釣り談義でした。
彼はこのホテルの副支配人で、色々と気を遣ってもらいとても贅沢させてもらいました。
夕飯は、ホテル内の和食処「雲海」の豪華会席料理に、私の胃袋は破裂寸前でした。
夜景

部屋からは、ライトアップされたハウステンボス内で上がる花火も見えました。
チヌがウヨウヨしている大村湾も見渡せました。
景色

翌朝、チェックアウトして、武雄経由で北方温泉に向かいました。
この温泉は昨年末にオープンしたそうです。
建物等も綺麗で、泉質も最高に良かったのですが、脱衣所は暖房が効きすぎていて、風呂上りは汗が引かずに大変でした。
それに湯船に入る所に爺さん連中がたむろしているので、入りにくいし、露天風呂の入り口が分かり辛いし、店員のおばちゃんが脱衣所頻繁にウロウロしてウザイし・・・!
なんだかなぁ?あまりいい気分ではありませんでした。
でも、泉質はホントに良かったですよ。

北方温泉


伊万里温泉、ホテル内の天然温泉「琴の湯」夜と朝2回。北方温泉と2日で4回も入浴すると
さすがに疲れました。
でも奥方殿は久しぶりにのんびりできたと満足したようです。
これで、今年1年気持良く釣りに送り出してくれると思います。
結婚して17年目を迎えました。
今回は14年ぶりに嫁さんと2人で1泊2日の旅に出掛けてきました。
私が釣りから帰って来たら車庫まで降りてきてくれて、荷物を持って上がってくれるし、釣った魚はさばいて料理してくれるし、クーラーやバッカン、手袋やタオル等も綺麗に洗ってくれる女房に感謝の意を込めて、ハウステンボスJR全日空ホテルのスイートルームに招待したのです。
と言っても、招待してくれたのは私では無くて、リヴァーレの仲間でもあるH君なのですが・・・(汗)

そんなこんな?で温泉とグルメ三昧の2日間でした。
まずは伊万里編です。
白磁の湯

佐賀県伊万里にある伊万里温泉 白磁乃湯は泉質も柔らかいし、とってもお勧めです。
平日でも多くのお年寄りの憩いの場となっているので、土日は相当混雑するのではないでしょうか。
佐世保などの釣行帰りに立ち寄ると良いと思います。

伊万里ちゃんぽん

伊万里ちゃんぽん(井出ちゃんぽん)は、特製ちゃんぽんが人気ですが、私は普通のちゃんぽんに、おろしニンニクを入れて食べる方が好きです。
フィッシングKのしんちゃんによると、ここはカツ丼がまいう~ですよとのことだったので、今回は、ちゃんぽんとカツ丼を頼みました。
私はあまり食べれないのですが、嫁さんは痩せているのに大食いなので助かります。
カツ丼はちょっと甘めで味付けも濃い目でしたが、マジでまいう~でした。

伊万里の鳥

そしてなんと言っても、伊万里ではこの「ドライブイン鳥」が私の一押しとです。
このお店はとても有名ですが、安くて、美味くて文句のつけようがありません。
私のお勧めは、地鳥、ネック、ハラミです。
鳥が好きなら是非、一度食べてみて下さい。
64祭

釣り仲間と呑む酒は最高に楽しいものです。
昨夜は浦島太郎釣クラブの例会でしたが、ナベさんこと渡辺昌幸氏(主宰)は小島よしおのマネをして裸で登場しましたが・・・!
64歳という年齢でこんなことにチャレンジする姿が拍手ものですね。

それにしても、引き締まった身体やタフさは尊敬とです。

今年も楽しい釣りクラブでみんなと遊びましょう・・・!


正月休みが明けて、すぐに3連休の方々も多かったことでしょう。
私はこの3連休もお仕事でした。

特にブログを更新するネタもありません。
明日の夜は浦島太郎釣クラブの新年例会で、翌日から1泊2日で写真のホテル(ハウステンボス)に行くので、今週の釣りはお休みです。

来週の火曜日も翌週の火曜日も呑み会の予定が入ってます。
21日は上五島の小値賀沖磯の予定ですが、週間天気予報が芳しくありません。
寒グロ本番だと言うのに・・・(トホホ)
磯うんこ

磯でうんこする場合、ポケットティッシュだと、いちいち広げてお尻を拭くのは面倒だし
綺麗に拭けずに私の知り合いの阿○隆○さんは、拭き損なって手についてしまい、臭くて
大変だったと言っていました。

そこで、水にも溶けるし日頃使い慣れたトイレットペーパーの出番となるのです。
これにヒモを通して首からぶら下げると野外では大活躍するとです。
尾上北西角

激流渦巻く尾上島の北西の角に、KENSO君と上礁しましたが、大潮で潮が渦巻いているし、どうにもこうにも手がつけられる状況ではありませんでした。
おまけに、冷水塊の影響だと思いますが、潮は底まで透き通っているし・・・!
北東の角に瀬代わりして潮止まり前に足の裏とコッパが2尾釣れただけで、撃沈してしまいました。(悲)

前日は、キロ級が入れ食いしたらしいです。
もっと、もっと精進あるのみですね。

ちなみに自己記録は、今年2度の釣行で磯うんこも2回連荘でしました。
ここ数年、磯でうんこしたことはあまりなかったのになぁ・・・!