FC2ブログ
20071107205245.jpg

今年最後のメジャー大会は、ダイワグレマスターズ宮ノ浦大会に参戦。
抽選で多くの人が落選するほどの人気の大会です。
20071107205256.jpg

私の抽選番号は74番でニュー丸宮丸でした。(写真はマリンエキスプレス)
向かった先は志々伎方面で、私は3ノハエに上礁。(この時点で終わったと思った。)

優勝候補は2のハエのハナレだろうか?
とにかく、与えられた場所で一生懸命に頑張るしかないのですが・・・!
志々伎一帯のこの時期は、コッパグレが無茶苦茶多くて海面近くで手前も沖も潮の中もバチャバチャやっているのが特徴です。
20071107205309.jpg

ここでサイズアップを図る為には、とにかく手返し多くして狙うポイントを変えながら、良型が喰いあがってくる時合いを逃さないことでしょうか。
この日、私の釣り方はウキ下1ヒロ半の完全固定仕掛け。
ツケエは、オキアミ生、ボイル、自家製ムキミでした。
殆ど1投毎にコッパグレがヒットしてきます。
その中から、なんとか25センチ以上のキーパーを10枚ほど釣りましたが、コッパグレを含めると100匹位釣ったかもしれません。
競技時間終了まで諦めずに、少しでもサイズアップをと頑張りました。
でも結果は、5尾検量で1500グラムちょっとで、渡船1位になれずに落選。(19位)
また来年頑張ろうっと。
ブロック大会進出者の皆さんは、頑張って来て下さい。

今年のメーカ主催トーナメント大会は終わりました。
来週はリヴァーレのクロ釣り王者決定戦2回戦をHACさんと五島で戦います。

メジャー制覇の道程は遠すぎる・・・!
20071107205322.jpg
20071106132532
昨晩は浦島太郎釣クラブの例会でした。
釣り仲間との酒宴は楽しくて時間が経つのが早く感じます。
主宰のなべさんもご機嫌で、赤霧を提供してくれました。
初めて飲みましたが、黒霧より軽くてさっぱりしていて、まいう~!
明日はグレマス宮ノ浦予選です。赤霧パワーで予選突破目指して頑張ってきます。lagann
海エビ

最近は、スーパーや魚屋さんにも適当な大きさの海エビ(芝エビ)が無くて、ツケエにするムキミが不足気味。
市販品で山常エビの中エビというのが釣具店に売ってあるが、大きすぎてなかなか適当な物が無いのです。

今日は近所のスーパーに2パックだけですが、何とか使えそうな大きさのエビが売っていたので買ってきてムキミを作りました。
それでも大きすぎるので、ハサミで調度良い大きさに切ったり頭を取って殻を剥く作業はかなり面倒くさいとです。

このムキミはクロ釣りには抜群の効果を発揮してくれる。
エサ盗り対策というより、食い渋り時の食わせエサとして、またオキアミでは小型が多い時等、ムキミを使用すると良型のクロが食ってきたりと、今まで何度も良い思いをしたことがあるエサなのです。

大会等でツケエの規制が無い場合は、オキアミ生、ボイル、加工オキアミとこのムキミは必ず持参しています。

ムキミには化学調味料を適量ふりかけて混ぜ合わせ、チャック付きのビニール袋に小分けして冷凍しています。
ムキミ
H19キザクラ講習(TOP)

キザクラでは、日本全国各地の釣り場で、全層釣法講習会を開催しています。
10月31日は、平戸宮ノ浦にて「宮ノ浦攻略法」というテーマで、柴原啓二氏、森昭一氏、川島重喜氏、私の4名のテスターが講師役として参加してきました。
H19キザクラ講習5

当日は好天釣日和に恵まれて、尾上島を中心に講習会を実施。
私はZENSOH-TVの取材を兼ねて、4名一般参加の人達と尾上西に上礁しました。
カメラが回っている時には、良型クロは釣れなかったけど、カメラが去った後にはコンスタントにヒットしてきて、なんだかなぁ?と言った感じ。
H19キザクラ講習3

なんだかんだでそこそこの釣果が出ました。
水温の下がり初めで、クロの活性もあまり高くない状況ですが、今後に期待が持てるのではないでしょうか。
H19キザクラ講習2

森さんは良型を数釣っておられました。
宮ノ浦のクロは上昇中ですね。
H19キザクラ講習4