昨日は休日出勤の代休を取って、今シーズン3度目のキス釣りに行ってきました。

NENKINブラザーズのY山船長と世界一さん、もうすぐNENKINブラザーズに仲間入りするE藤さんの4人で唐津湾に繰り出しました。


今日は絶好調の私でした。

ほぼ1投毎に釣ることが出来て大満足でした。


IMG_6125.jpg


毎回釣ったばかりのキスを船上でY山さんが刺身にしてくれます。

これが超絶品で、甘くてコリコリした食感でバリウマなんです。

新生姜とネギがベストマッチして、Y山さん特製のごま醤油がとにかく旨いとです。


IMG_6123.jpg


お昼には納竿して帰宅し、夜はキスの天ぷらやフライを堪能。

今シーズンはこれが最後のキス釣りでしょう。

また来年が楽しみですね。


スポンサーサイト


出発当日に、しっかりと里桜ちゃんパワーを吸収して、鳥栖で健策君と森田さんに拾ってもらって鶴見へ向かいました。


今大会の優勝者がM-1カップグレの全国大会の出場権がもらえて、2~5位が宮ノ浦で開催されるセミファイナルへ出ることが出来ます。

その枠を目指して27名の選手が3名1組のトーナメント形式での対戦を行います。


私の番号は9番。

マルキューの大会だけに縁起が良いかなと思っていましたが、試合では1匹のコッパグロさえ釣ることが出来ませんでした。

結局、1R目に中山さんが釣った価値ある1尾で勝敗が決まりました。


IMG_6096.jpg


上がったのは白崎4番でした。

数回上がったことがある磯でしたが、攻略できず・・・!

キタマクラやアジゴに手を焼いて、活性が低いクロには出会えずでした。

居残りで昼まで釣りましたが、35センチのクロが1尾という結果で、米水津も鶴見もどうしたのか絶不調続きです。


IMG_6095.jpg


帰宅後は簡単に片づけして風呂に入り、日頃は食べないポテチで夕日を眺めながら、一人残念会してました。

たった1尾のクロで泣いたり笑ったり・・・!

負けたことの悔しさよりも、たった1尾のクロを釣りきれない自分の未熟さを反省ですね。

対戦中は冷静に思う通りの攻めをしたつもりですが、振り返ると、もっとこうしておれば・・・

と思うものです。


最近は不眠不休の釣りは堪えるお年頃になりました。

今日の仕事は辛かった。(朝から会議3連荘)


IMG_6098.jpg



IMG_6038.jpg


五島列島の中でも屈指のオナガ釣り場のひとつ、上五島の白瀬灯台に仲間を募って行ってきました。

メンバーは総勢12名。

(悠々自適クラブのY山さん、世界一さん、E藤さん、片島会の古山夫妻とそのお友達、中原釣具の女性アングラーAさん、銀鱗巧の梅ちゃん、そしてRIVALEの仲間、やなちゃん、原中君と世界一さんのお友達Tさん。)




渡船は丸銀釣りセンターさんのマリンアスリート(久幸船長)にお世話になりました。

予報は雨ですが、波はスーパーベタナギで約1時間で到着です。


IMG_6040 (2)


白瀬灯台一帯の磯群はいつ見ても胸が高鳴りますね。


IMG_6037.jpg


やなちゃん、原中ペアは小白瀬のハナレへ、私と梅ちゃんは四畳半。

その他のペアは、4番、東のカド、トウフ、デベソと好ポイントに陣取ることが出来ました。

夜明けまで雨に耐えながら辛かったですが、夜が明けて釣り始めるとすぐにオナガの強烈なアタリが襲ってきました。


IMG_6052.jpg


まずは45センチ級です。

このサイズがバキュンバキュンヒットしてきます。


IMG_6047.jpg


少し仕掛けが入ると、デカバンのクチブトです。

梅ちゃんのは50センチを軽く超えていました。

この他にもオナガの数釣りを堪能していました。


IMG_6050.jpg


となりのやなちゃんペアも、朝まずめは調子が悪かったですが、昼近くになると50センチ超のオナガラッシュに沸いています。


IMG_6035.jpg


50センチ超のオナガを手に満面の笑みですね。


IMG_6041 (2)


原中君も最大52センチを頭にオナガを数釣り!


IMG_6042 (2)


古山夫妻も磯は別居してましたが、良型ばかりをクーラー満タンで楽しんでくれたようです。


IMG_6045.jpg


そして、私の釣果です。

狙いはオナガ1本だったので、終始ウキを浮かせた半遊動で浅ダナ狙いでした。

30リットルのクーラーに入る分だけキープです。(全部45センチ前後)

50センチは超えていると思われるオナガには3回切られました。(泣)


IMG_6043 (2)


オナガは脂がのっていてまいう~でした。

数年ぶりの白瀬でしたが、グッドタイミングでしたね。

ほぼ全員が良型オナガを仕留めていました。

回収の時のクーラーが重すぎて腰が痛いですよ。


これからしばらくは、熾烈な場所取り合戦が展開される白瀬灯台!!

また来年チャレンジしたいと思います。



今年もやってきましたねぇ!

なかなか全国舞台に戻れませんが、今年もその晴れ舞台を目指して参戦です。

20日のB大会は抽選漏れしていたのですが、運よくキャンセル待ちからの繰り上がりで2日間のトライが出来るようになりました。

米水津の状況は、超最悪らしく、サバゴやアジゴが湾内にはわんさかとのことです。


IMG_6013.jpg


私が引いた番号は、いつもの3ケタ台。

2番船の長伸丸で小貝バエに上礁しました。

天気は最高でしたが、ウネリが大きくて釣りにくい状況でした。


IMG_6012.jpg


頑張って、頑張って、なんとか3匹キープ。

でも、小型ばかりなので期待は出来ません。

同船者には、全国大会常連の古畑君、大津友君等の強者ばかりなので、期待せずに検量所へ!


IMG_6014.jpg


みんなサバゴに手を焼き、低活性のクロは規定サイズギリギリを釣るのがやっとの状態。

運よく今年も1発目で決めることが出来ました。

釣りは何が起こるか分かりませんね。


IMG_6018.jpg


翌日は抽選番号39番と若番です。(こんなもんやね)

上礁したのは、沖の黒島の「東のサラシ」という特級ポイントです。

思いっきりクロ釣りを楽しめるかなと思っていましたが、なんと魚1匹握ることなく撃沈!

ツケエは残りっぱなしで、こんなに愛がない海はあまり経験したことがありませんでした。


IMG_6023.jpg


朝日が綺麗ですね。

結果です。

五郎丸君、おめでとう!!


IMG_6024.jpg


宮ノ浦大会は他の仲間も頑張って勝ち上がってきてくださいね。

一緒にセミファイナルに行きましょう。



5月10日、予定していた佐世保沖磯のアオリイカとクロを狙っての釣行は南西風11mの天候で断念。

それでも釣りには行きたいので、福島の秀吉丸さんで港を出てすぐの「たぬき」という島に渡してもらい、チヌとアジを狙いました。


アジは1投目から20センチ前後が釣れましたが、数匹釣ったところでコッパグロがツケエが底層へ届く前に邪魔をするのでアタリが途絶えてしまいました。


そこで、コレッサの5Bにウキを変えて半遊動仕掛けにし、仕掛けが馴染んでからマキエをウキにかぶせる釣り方で狙っていると、仕掛けが馴染んでしばらくするとウキがモヨモヨ~ンと沈んでいきました。

合わせを入れるとズッシリとした重みで根掛かりかと思わせるほどです。

ロッドを絞ってみると、グッグッーと生体反応が伝わってきて底走りするではありませんか。

その走りを、鱗海RB0号のロッドとキザクラの強力ハリス、ハリストMG1.25号、ヤイバチヌケイムラ2号のハリがしっかりと受け止めてくれて、52センチのチヌがタモに納まってくれました。(嬉)


IMG_5956.jpg


これでチヌは満足です。

再びアジに狙いを変えて、オキアミのツケエで狙います。

20センチ前後ながら、コンスタントに釣れてくれて18匹をキープ。

熊ちゃんはこんな良型も仕留めていました。


私にもタモ入れサイズのアジがヒットしたのですが、タモ入れ寸前に口切れでバラシ。

めっちゃ悔しいし・・・!


IMG_5947 (2)


その日の夕飯の食卓には、アジのフライ!


IMG_5957 (2)


そして、たっぷりの新生姜とネギに絡めた刺身で、普段飲まない日本酒で酔い酔いモードとなりました。

アジは脂ノリノリで最高にまいう~でした。


IMG_5958.jpg


釣りってどうしてこんなに楽しくて飽きないのでしょうね。

帰ってくるなり、すぐに釣りに行きたくなるとです。


来週末からはクロ釣りのメジャートーナメント予選大会が始まります。

まずはジャパンカップ米水津予選です。

今年もセミへ行けるよう頑張りたいと思います。

それが終わるとイシダイ釣りにも行きたいですね。

一年中オフシーズンが無い私とです。