チヌ釣りもひと段落しましたが、10月第1週からは、M-1とジャパンカップのセミファイナルが控えています。

練習も大事だけど、たまには豪快に息抜きも必要・・・!

てなわけで、今年一度もやってない底物釣りに行ってきました。

単独釣行なのでどこに行こうか迷いましたが、天気予報と潮、自宅から近いところを考慮し、壱岐へと決定。


中原釣具へ渡船とエサの予約を入れ、午前5時出港の玄海へ乗り込みました。

この日は平日なのに、20名程の釣り人が来られていました。


上礁場所は船長任せです。

まずは上イズミ、下イズミへと上礁が進んでいき、次行きますよとのことで、名島のノリ瀬に他の底物師さん2名と同礁させてもらいました。


今回持参したエサはガンガゼ70個。

底物釣りでは初めて上礁しましたが、磯の形状等から中遠投ポイントだろうと思い、Mr.Ishidaiの爆釣ゴムテンビンをセットした捨てオモリ仕掛けで釣り開始です。


カウンター20m程に着底させて、少しづつ手前に引いてポイントを探っていると、17でアタリが出ました。そのまま待っていると次第にアタリが大きくなりギュイーンと走ってくれました。

そして、1キロちょっとのイシガキが宙を舞いました。

活性の高さはバッチリです。

急いで打ち返して、2時間ほどで5枚をゲット。


IMG_6789.jpg


そして潮返しの午前9時過ぎ、重々しいアタリで合わせると重量感たっぷり。

ゴクンゴクンと首を振る引きは、もしかしてホンイシか?と巻き上げます。


やがて海面を割ったのは七縞模様鮮やかのメスのイシダイでした。

針掛かりを確認し、ブリ上げたのは実寸61センチ。(嬉)

めっちゃ嬉しい1尾でした。


IMG_6791.jpg


もう今日はこれで満足。

しかし回収まで5時間以上も残っています。


フェイスブックにアップしたり、たくさんの祝福コメントに返信したりしながら、のんびりとしていましたが、エサも時間もたっぷりあるので、再び釣り始めると、下げ潮に入ったからなのか、アタリがほとんどありません。


しばらくすると、仕掛けが着底する前にアタリがありガゼが盗られたので、再びチャンスかと仕掛けを再投入すると、着底と同時にギューンと来ました。


今度の重量感は半端ないぞと一生懸命巻き上げます。

ところが、途中から沖に向かって走り出すし、なんか引きが違います。


なんとイシダイ釣りで初めてマダイを釣りました。

75センチのデカバンでしたが、これも抜きあげました。(笑)


その後はドキッとするアタリも無く納竿。

さて、釣った後の処分をどうしよう?

イシダイやマダイはデカすぎて我が家では捌けないし、こんなに食べることは不可能!


イシガキで十分なので、マダイは出港地の近くに住んでいるリヴァーレの仲間に岐志港まで取りに来てもらい、イシダイとイシガキは、鶴ちゃんに電話して、まんぷく屋大名店に持ち込みました。


IMG_6866.jpg


IMG_6874.jpg


釣行翌日の昨夜、家族で頂いてきました。

沢山の品数を準備してくれていたのですが、食べるのに必死で写真は殆ど撮っていませんでした。

特に脂ノリノリのイシガキは最高!!


IMG_6879.jpg


これからのシーズンが釣り物も豊富で味も良くなりますね。

秋磯が年間でも一番楽しい時期です。

さぁ、みなさん!

どんどん釣り場に出かけて日頃のストレスを発散しましょう!!

スポンサーサイト


真夏の超暑い時期の釣行でした。

GINRINTVがアップされています。


今年は激暑の中、良く釣りに行きました。(笑)



今年のセミファイナルに残っている大会の一つ、M-1チヌへ参戦してきました。

各予選上位者とMFG枠、マルキュー推薦枠の計31名で行われました。

抽選で4ブロックに分かれ2名1組でのトーナメント戦です。

全国大会には各ブロックの1位の人が権利を与えられます。

そこにたどり着くには3回勝たないといけません。


IMG_6772.jpg


こんな大会を開催するには、協力してくれる渡船や大会運営スタッフの方々の尽力なしには成立いたしません。

参加する私たち選手は釣りだけに没頭できますが、裏ではスタッフの方々が大変な思いでサポートしてくれているのです。


IMG_6770.jpg


1回戦はトギレの鼻でした。

潮が速くてポイントが絞りずらい状況が続き両者キープなし。

じゃんけんやくじ運が無い私は負けを覚悟していましたが、なんと勝ってしまいました。(苦笑)

申し訳ない気持ちで渡船に乗り込み2回戦の網干場へ上礁です。


ここはチヌの反応も良くて、イメージ通りの釣りが出来て勝たせてもらいました。

この時期まだまだ暑くて大変でしたが、3試合目の決勝に進出です。

場所はトギレのハナレでした。


ここでは釣り開始早々に私がチヌを釣って先行です。

しかしその後のチヌが互いににヒットしてくれません。

釣り座交代して、終了15分位前に私が1尾追加することが出来てなんとか勝つことが出来ました。


IMG_6775.jpg


IMG_6774.jpg


順位表の画像が荒くて綺麗に見えませんね。ごめんなさい。。。

練習に一緒に行った銀鱗巧の梅ちゃんも勝ち上がっていて最高な結果となりました。


IMG_6776.jpg


来年5月に全国大会が広島県の宮島一帯で開催されます。

遠いけど練習に行かないといけませんね。


そして、今度の日曜日はJC黒鯛徳山大会です。

その後は10月1日がM-1カップグレのセミファイナル(宮ノ浦)。

9日にJCカップグレセミファイナル(鶴見)に参戦です。

頑張って良い結果を残したい気持ちでいっぱいです。



今年は例年になくチヌ釣り頑張っている自分とです。

夏チヌって、引きが強くて数もそこそこ釣れるので、とにかく面白いとですよ。

30日水曜日は、銀鱗巧のSHIN会長と梅ちゃんと大分県鶴見まで行ってきました。

SHIN君は磯に渡れないので、鶴見半島の波止で単独釣行。

私と梅ちゃんは速見丸さんで湾内の磯に渡してもらいました。


鶴見湾内のチヌ釣りはおそらく初めての私。

この時期、どんな釣りになるのだろう?と不安ながらも、梅ちゃんのハイテンションパワーに圧倒され釣り開始です。

ところが不安とは裏腹に、元気が良いチヌが早々にヒットです。


IMG_6713.jpg


足元近くに来ても、引きが強いのでなかなか玉網に入ってくれません。


IMG_6717.jpg


私の1尾目は50センチ弱でしたが、2尾目のチヌは54センチを少し超えていました。

なんか凄いやん?!


IMG_6723.jpg


瀬替わりしたのは、竹ケ島というところです。

ここもチヌの魚影が濃いらしいです。

梅ちゃんとヒットパターンやツケエ等を情報交換しながら数匹のチヌをゲット。

IMG_6720.jpg


朝晩涼しくなったとはいえ、日中の暑さは半端ではありません。

正午過ぎに納竿です。


今回もクロ釣りとはまた違ったチヌ釣りの面白さを再認識させられた釣行でした。

そろそろクロ釣りもやりたくなりましたが、9月中旬まではチヌ。

その後はクロ釣り。

イシダイも1度は行くつもりです。

どんな釣りも奥深くて面白くて、ほんとに釣りは辞められません。

釣りにはオフシーズンはないとです。(笑)


お盆も明けた16日は、三平丸で湾内のチヌ釣りでした。

一緒に行くメンバーが9名に増えたので、どうせならと「どんぐりカップチヌ」を開催です。(笑)

2尾の重量での勝負です。


夜明けから正午までの釣りでしたが、途中はスコールのような雨でクールダウンすることも出来て、皆さん無事に笑顔で帰港です。


優勝は52センチを頭に5匹も良型を仕留めていたクボッチでした。

いつもお見事な釣果ですね。


IMG_6642.jpg


2位は私と栗坊と上礁した平江さんでした。

2尾の良型チヌやキビレ、メイタを引き出されていました。


IMG_6635.jpg


3位は黒田さん。

いつも安定した釣果でお見事です。


IMG_6641.jpg


4位は谷川さん。

クボッチと同礁されていました。


IMG_6645.jpg


その以外のメンバーも、型には恵まれませんでしたが、全員がチヌを仕留めていました。


今回私は、今話題のPEラインを使ったふかせ釣りに挑戦しました。

PEラインのふかせ釣りは、その昔インターラインロッドが流行ったころに使った記憶がありますが、技術的に劣っていたこともあるとは思いますが、正直使いこなせるようなものではありませんでした。


ところが最近は、ロッドの穂先がらみも軽減され、ライン性能も格段に良くなっているためか、外ガイドロッドにPEラインという組み合わせが武器になってきているのです。


使用してみると、0号のロッドでも軽く振り込むだけでビューンと飛んでくれるので、ツケエが外れることも少なく、小さなエサ盗りのアタリも敏感に取ることができます。

PEラインがダマになるトラブルもなく、ガイド絡みも無くノンストレスで使うことが出来ました。


IMG_6631.jpg


デメリットはサスペンド系とは言え、やっぱりPEラインなので、上潮にラインが流されてしまうことです。今回も上潮が滑っていたので、ウキが着水した後に穂先を海中に突っ込んでラインを下の潮に嚙ませようとしましたが、なかなかナイロンの様にはうまくいきませんでした。

遠投性は抜群だし、微風で素直な潮の時にはかなり効果的かもしれないですね。

まだ一度しか使用していませんので、また次回の釣りでも試してみようと思います。


とりあえず、型は出せませんでしたがチヌ(メイタ)は4匹ほど釣ることができました。

エサ盗りのコッパグロやフグが多くて苦労しました。(泣)

コーンや大きく付けたダンゴも引っ張っていく始末でした。


IMG_6637.jpg


栗坊も方が出せませんでしたが、良型のアジを数匹釣っていました。(羨ましい)


IMG_6634.jpg


帰りはドライブイン鳥でお昼ご飯です。

私は行きの半分と帰りのここまでの道のりを運転したので、ご褒美に飲んでいいよと許可を頂き、至福のひと時でした。(笑)

次回も夏チヌの予定です。(チヌ釣りは9月中旬まで続きます。)


IMG_6649(1).jpg